72回 浅間ミーティング (@プレジデントリゾート軽井沢)

f0200399_6404283.jpg

長くて暑い夏が終わったなあ、と実感する秋。
そして秋のアサマです。
ラッキーなのは土日の二日間とも、アサマらしからぬ好天に恵まれたこと。
小噴煙とともに浅間山が見守ってくれます。
f0200399_6425650.jpg

f0200399_6442028.jpg

オートバイは約180台が集まりました。

コンクールのテーマは、「スピリット・オブ・二気筒」。
ミーティング初参加の女子部員はCB450K1。そうです、これも二気筒。
f0200399_647250.jpg

ツーリングといえば、コロナタンクバッグか、US ARMY振り分けバッグ。
これ以外は、あり得ないですね。
金曜日、大阪を出て信州を目指します。
f0200399_6474870.jpg

米原辺りからしとしと、合羽は道中着たままです。
諏訪湖で抜けるような青空に会いますが、白樺湖前でまたまた合羽。忙しい。
f0200399_6503419.jpg

f0200399_651215.jpg
f0200399_6513613.jpg

ビーナスラインから見下ろす白樺湖は、霧のフィルターを通して幻想的。
布タレも、変な角度もついてなくてツマンナイですが、旭風防はルックス、空気整流性能ともども世界最高峰ですね★
ほりぐちさんに見つかったら、間髪いれず炙られそうです…

f0200399_6542629.jpg

野郎だけでは行かない、おいしいジャムを買える沢屋。
女子部員は限定品を買いこんでいました。
だんだん暗くなってきましたが、宿はすぐそこです。

f0200399_656252.jpg

やさしいオーナー、おいしい料理に加えて、オートバイ乗りのよだれが止まらないペンションでお世話になりました。

SILVERSTONE。

翌日が、ミーティング一日目。
f0200399_658966.jpg

浅間山にオハヨーと吠えます。
f0200399_6591482.jpg

クラブの記念館がある浅間園で用事をこなしてから、会場に向かいます。
軽井沢からのR146、峰の茶屋までの快適なルートはコーナーと一緒にパノラマが回転する感じ。

会場ではすでに設営が始まっていますので、自分はそちらを手伝います。
女子部員は、周囲にしっかりと冷やかされながら、浅間の高原散歩へ。
(道案内が多すぎて困ったかも)
嬬恋村の通称キャベツロードで青虫クンになったそうです。
f0200399_735100.jpg


土曜夜は前夜祭です。
前回に続き、地元のオヤジバンドと女性歌手がライブ、そしてキャンプファイヤが盛り上げてくれます。会場のひとコマx2。
f0200399_744450.jpg
f0200399_745660.jpg

ワインを延々と継ぎ足してくださったマダムS、カニ、黒作り、コブジメをふるまってくださった富山支部のみなさま、ごちそうさまでした。

日曜当日も晴天、晴天。
ミーティングはみんなで作るもの。ですから誰にでもお手伝いをお願いします。
本部売店の売り子となった女子部員。
これで売上が↑してればいいですね。
f0200399_774886.jpg


スケジュールどおり、コンクールが始まって、オーナー自慢の二気筒マシンが紹介された後、会場を回ります。

シルバーピジョンにホンダCB125、トライアンフT120R… 二気筒であればOK。

f0200399_785699.jpg

静かな二気筒たち、ミュンヘナー。
f0200399_794412.jpg

サイドカーつき二気筒。ホテルの女性スタッフにパッセンジャーをお願いして…
f0200399_7103340.jpg

GL500カスタムも、もちろん二気筒。

f0200399_7113570.jpg

女子部員のCBも、一年違いのCB450 EXPOとともに前へ前へ。
f0200399_7115241.jpg

そして、周回。写真ではわかりませんが、メッチャ笑っています。
しかし、一周目最終コーナーで外側にはらんで、二周目は勘弁してもらいます。
なにせ、じゃりじゃりの下り斜面。

コンクールの結果は…

午後二時の解散も予定どおり。
事務局の私達とともにホテルの皆さんも見送りに出てくださって、200台近くいたオートバイが家路を目指します。会場に静けさが戻り、反省会のあと、仲間内のねぎらいで後夜祭へ。
f0200399_7173637.jpg

六合村の道の駅隣接のお宿、「花まめ」です。
温泉と料理をいただいて、ミーティングの余韻とともにこれから500キロ、大阪を目指します。
カワカミさんも、すっかりアサマと後夜祭の定番メンバーです。
f0200399_7192891.jpg


長かったですね、この記事…

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2011-10-08 07:34 | イベント | Comments(9)
Commented by 女子部員 at 2011-10-08 09:34 x
天気予報では雨で心配していましたが、ほとんど降られることもなく、むしろどんどん天気が良くなっていって、とても楽しいミーティング&ツーリングでした☆
往復1,000キロ越えの長丁場、450のヨン様、年を全く感じさせないタフな走りをしてくれましたし。
会場には本でしか見たこないようなバイクが目の前に並んでまして、ほぅっと眺めておりました。
中沖さんのルマンも拝見出来てうれしかったです。
シルバーストーンのオーナー様、アサマミーティングの会員の方々、特濃でしたけど優しい方ばかりでした。
楽しませて頂きましたし、お世話になりましたm(_ _)m



Commented by ACTS142 at 2011-10-08 21:13 x
おお! KR500! あさまでミーティングお疲れさまでした。んで、例の用●員はアサマの草創期の1桁メンバーなんですね(タレコミ〜)
Commented by DG at 2011-10-08 22:16 x
秋のアサマは最高に気持ち良さそうやね! そやけど女子部員はドップリと旧車の世界に浸かってますな~ もう後戻り(21世紀)には戻れんぞ!
Commented by TOKU at 2011-10-10 18:28 x
★ カオリン女子部員: 長旅お疲れさんでした~。さすが世界のホンダ、元気な走りでしたなぁ。乗り始めて半年、かなりわかり合えてきましたよね。

アサマの仲間に加わってもらい、ありがとう。これからもミーティングを愉しみつつクラブを支えていったてね!

★ ACTS142さま: タレコミありがとうございます。すごいですね、以前そのことを聞いた時は鳥肌立ちました! で、先日タックインさんにお邪魔した時、ご本人じきじきから会員証(当時モノ)を頂戴しました。クラブの第一歩、記念碑的な資料です。浅間記念館に来春から展示されます。

★ DG: そーですね、まわりは皆、旧車にドップリ。経済的貢献は小さいですが、旧いモノを使い続けるのはエコですよね。面白い人も多すぎるほどいますし。
Commented by ACTS142 at 2011-10-11 01:31 x
おお!すでにコンタクトに成功されてましたか! 髪が残ってるので貴重ですね。ついでにタックインでガサ入れするとライダースクラブ刊のアサマの写真集(鉄ここの原型)の見本誌(校正用/1978)が埋もれております、ハイ。
Commented by TOKU at 2011-10-11 12:17 x
ACTS142さま: 写真付きなら尚良し、なのですが…。

そして、あの写真集ですネ、原富治雄カメラマンの。巻末のクレジットにお名前が出てて、これも感激です。
Commented by ATGET-STYLE at 2011-10-12 21:40
カオリン女子部員さま 
もーカンペキです  風防も振り分けバックも赤のフルフェイス
漁師のようなカッパ イカしてます(注)キタキツネの旗はNG  
   
 
Commented by TOKU at 2011-10-13 12:56 x
ATGET-STYLE さま: このセンスが分かる人も減っちゃいましたね。オブソリらしく、21世紀に乗り遅れてるだけかもしれませんが…

カオリン! 北の大地からATGETさまのコメントいただきやぞ~。漁師カッパほめてもらってるぞ~。コメント返し、よろしゅう。
Commented by 女子部員 at 2011-10-13 21:01 x
ATGET-STYLEさま
お褒めのお言葉、あ、ありがとうございます^^
長靴+ヤッケのようなカッパ=漁港のおかあさんですね。
赤ヘルで深層の乙女心を表現してみました。






<< BSA GOLD STAR S... 古き二輪を愛でる会2011 >>