2015.05.31 D.O.R.C デッド・オア・ライド・クラッシクス (女子部員編)

Dead or Ride Classics。物騒なネーミング(笑)
勝手な解釈ですが、LOCの西日本出前エベント。。。でよろしいんでしょうか?
f0200399_21523121.jpg

昨日までアンパンマンがまたがっていたレーサー。 いつ見てもフライング乗りでした♫
え? 良く見えない? 
f0200399_21525010.jpg

CB125SにRSCフルキットをぶち込んだ昭和なレーサー。
水色のダサいカラーリングは、真の性能をぼやつかせ、見る者がついつい侮ってしまいますが、各部を見るにつけその凄さったら。
16,000RPMスケールの回転計は、12時方向が13,500RPM!
手練れたライダーでさえ、真価を発揮させるのはエラい難しそうです。

そんなスペシャルレーサーを絹部員に乗せようというTJ師匠。
f0200399_21531110.jpg

車検後の記念撮影。
クランクを破壊したCB500レーサーも5年ぶりに日の目を見ることになりましたよ!


こちらはウワサのCB450レーサー!
すばらしいです。 速さにも驚きました。
f0200399_21574152.jpg



ライダースミーティング後の記念撮影。
f0200399_215984.jpg

予報が外れて、エエ天気になってよかったな~



車検のヒトコマ、フタコマ。
f0200399_2203556.jpg

お色直しとなったMatchless G50にレンズを向けると、オーナーのKさんが、「そこのゼッケン1と同じフレームに入れないでね!」とひと言。 すみません、しっかり入っております(__)

その①番
f0200399_2222560.jpg

C200の車検時間が他よりも長く感じたのは、自分だけでしょうか?
外見を裏切る速さ! レースをするために生まれたのではないでしょうに、レースさせられて、その前にはオジサンたちにアチコチ検品されて。。。



オブソリテント。
f0200399_2242394.jpg

この日は強風で、このショットでもすでに輪郭がひしゃげかけているのがわかりますね。
節々が曲がってはいけない方向に折れてきました(まるでフラットトラックでコケた自分のヒザのように)ので、テントごとブッ飛んではいけないと、早々と撤収することに。 終了まで炎天下の一日。


♯128 はっしゃんセンパイのSL250に見守られるDBD34は、T中さんとともにサーキットデビュー。
f0200399_2283043.jpg

ガラスは全部テーピング、ゆえにタコメーターも見えず(笑)


工場長がIさんの1929年Sun Beamを詳しくチェック。
f0200399_22105167.jpg

f0200399_2211872.jpg

自分も話を聞きながら各部に見入っておりました、唸ります。 唸らされます。
f0200399_22121560.jpg

どこ見てもコーフンします。
昭和4年から、ようこそ!
そしてIさんが鞭を入れると、これがまた素晴らしい! 例えるにSpeedというよりはVelocity。


じつは、完熟走行枠は始まっているんですが、絹ちゃんは記念撮影中(笑)
f0200399_22142194.jpg

オトキチさんから借用したというバギー玉井のレザースーツがドンピシャ。
峰不二子を髣髴とさせるサービスショットもあるのですが、イケズな筆者、ここまでで止めます(笑)

そのとき、乗車予定のCB125Sはというと、TJ師匠たちの手で入念に準備中(^^)
f0200399_22172186.jpg

敢えて申しませんが、部品いろいろナマ着替え。。。
キャブとかポイントとか。。。


コース上ではマルコウ工場長がラビットをブッチ!
f0200399_22183733.jpg



作業風景も撮らなアカンし、走行写真もおさえとかないと、ということでアチコチ走り回っております。
パドックからコースが猫の額のようにすぐそこで良かったです!


さて、いよいよ吹け上がりも本調子。 師匠が試運転したのち、いよいよ正ライダーが。
三角木馬に近い、横幅10センチのシートにぐいぐいとお邪魔します~
f0200399_22211576.jpg

ヨシャー!
と思うたのも束の間。
f0200399_22214465.jpg

そりゃ、難しいッスよね!
自分でも、この125を走らせる自信はありません!(と自信満々に申します)
師匠、DG総監督(独特の腹話術でピーキーなレーサーのアクセルワークを熱血指導)らの判断で、ここは勇気ある撤退!



10分後。
f0200399_2225653.jpg

フツーにルンルン」な絹ちゃん♡


これでコースも安心!
f0200399_22261536.jpg

f0200399_22262514.jpg

数周後には、黒服赤ゼッケンの護衛を従えて戻ってきましたヨ!
f0200399_22271697.jpg



初めのセッションこそ逃したものの、走れることを立派に証明したのでした。
もう、このトリコロールのレーサー服は借りパクするしかなさそう(笑)
CBXともカラーコーディネートばっちり。 CBXも借りパクか!


華麗なるサーキットデビュー。 彼女を取り巻くカメラ小僧の数、走ってる時も走ってない時も、ハンパなかったです~

(後半オッサン編につづく)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-06-01 22:42 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(4)
Commented by DG at 2015-06-02 17:24 x
TOKUさん   イベントが増え 毎週続くオブソリレポの投書 いつも有難うゴザイマス!  特に今回はライダーサポートに取材活動と休む暇無い感じでご苦労さまでした。 

今週末の 【社長フラトラ初参戦記】 はワタクシが同行し、しっかり取材して参ります。 

そやけどスペアマシンのCBXは250㏄とはいえ 当時モノのバリバリMS-2レーサーです! パワーバンドの狭いマシンを上手に乗っていた絹部員は将来性有りですね! 

サービスショットを非公開にしたのは正解です! あんなもん皆に見せたら 他のクラブから絶対に引き抜きに来るでしょう(笑)。





Commented by tigerworks at 2015-06-02 18:05
みんな楽しそうですね良いことだなあ

絹ちゃんのライディング様になってますねえ

犬虎
Commented by kitanoisuto at 2015-06-03 04:58
いつも思いますが、クラッシックのロードレースやっていらっしゃる方々って、皆さん紳士で優しい方が多くて参加しやすいです〜  

DORC、参加しやすい。
Commented by TOKU at 2015-06-05 12:14 x
★DGリーダー: 情況転じてテンヤワンヤの6、7月となってしまうようですが、みんな復活を祈ってますので、ココロ折れたらアカンよ! 軽トラだけは厚かましく借りに行くからヨロシク頼みます~

★犬虎どの: もうバッチリ楽しかったよ! いつか自分も走りたいで。

★お殿様: お気に召して、何より。。。  でなければ誰かが切腹やからね (笑)
<< 2015.05.31 D.O.... D.O.R.C デッドアライド... >>