カテゴリ:未分類( 55 )

2017.06.18 Legend of Classic Round.2 笑心(?)のロードレーサー②


前回の続き。

 とにかくロードレースの朝は慌ただしい。受付を済ませてトランスポンダ取り付け・装具チェック・競技車両の車検を朝イチで済まさなければならない。これが大変。誰かヘルパーが居たらとても楽なのです。ワイヤリングの箇所で細かく指導・注意を受ける。エンジン下部がややオイリーだが自分が修理した場所ではなかった!?
f0200399_08001532.jpg
車検後の一コマ。今回も朝から友人ナカツハラ君にサポートをお願いした。いつもありがとう。お中元にたこ焼きとお好み焼きの粉を送らせていただくのでご家族共々大阪の粉モンを堪能してください?
f0200399_23172324.jpg
 こちらはSANOさん。「車検通りました〜!よかったぁ〜!」…レースはこれからでっせ?(笑) 遠くから車検に並ぶDG先輩の「あ〜! しもた! (トランス)ポンダつけるん忘れてた!」との声が。とりあえずバイクにオイルが入っているので大丈夫でしょう?

 開会式が終われば直ぐに出走の時間が迫る。今回は"大きい方”のクラスが先なので、ウォームアップエリアへ。直前にプラグのチェック。確認中に人から話しかけられて話しながらやると、、、色々忘れてしまいます。場の雰囲気に飲まれてすっかりテンパっている。おかしいなあ、今迄こんなに余裕なかったっけか?
f0200399_23230970.jpg
 スターターをあてるがエンジンがかからない。おかしい。ティクラーを押すがガソリンが落ちてこない…コックオフ…呆れた知人の顔が見えた。しかしまだかからない。もしかして? …タンク外したらプラグコード全部外したままでやんの…「なにやっとんじゃい!(怒)」とDG先輩。ホンマスンマセン……何を私はこんなに慌ててるんだろうか? 昨日の練習内容すら脳内から抜け落ちていく。何をそんなに焦っているのか? あとでしっかりダメ出しくらいましょう。
f0200399_23471545.jpg
 そして出走前。今回、福井のTK夫妻がわざわざ見に来てくださった。ありがとうございます。そんなTKさんが撮影してくれた一枚。恥ずかしいとこみせらんねえな、否、さっきしっかり見られてたけど(笑)まあ今更カッコつけてもしょうがねえ。まだまだ乗り慣れないこのマシンがやっとこ自分の物になったばかりだ。当然ながら速いマシン乗ったとこで自分はなかなか速くはなれません。愛と平和を歌ってもジョン・レノンになれないのと同じで…? でも負けっぱなしも悔しいから挑戦し続けましょう。
f0200399_23561809.jpg
 走行が始まればそんな事を考える間もなくなる。じゃあそろそろとスロットル全開! 前日を思いだ・・・せ? おッ! 右足だしたらカウルがプラプラしてますやんか! あっ、、カウルピンがねえ! 下手こいた!? 必殺右足封じ? そんな技はないっ! 急いで取りに帰る? いやもうこのままいくしかないっ! 時間があまりないな? なんだかマシンの音がおかしい。なんか二気筒みたいな音になってねえか? いそいそとクールダウンしてピットに戻る。順位も全体の中盤程度に留めたので、まあ勘弁してください。。。
f0200399_00080048.jpg
 セニアAの走行時間も迫り途中DG先輩とすれ違う。「詳しい事は後ほど!」と言い残し、自分のマシンを置いてから急いでエンジンスターターを持ってピットレーンへ急ぐ。しかし着いたらなんか余裕のDG先輩。
f0200399_00111327.jpg
「一緒に撮ってくれや!」とナカツハラ君との2ショット。自分の時と違ってどエライ余裕ですやん。。。「オレもな、こんな風に余裕もってやれるまで時間かかったんやで! 昔は飯食う間もなく昼間は整備したりなんやりな……」自分が走る前なのに、浮かない顔をしてたであろう私を勇気付けてくれるDG先輩。(もちろん関西特有の厳しいイジりもあります!?) 
f0200399_00162011.jpg
 そして程なくしてエンジンスタートの合図。各車両がスタート。レーシングマシンがエンジンを一斉にかけると地鳴りがして、体の芯まで震え上がります。(自分の時はあんまりわかんねえ)TK夫妻の奥さんがね、「このスタートの時の音が体の芯まで響いて、その中で選手が高揚したり緊張したりするのを考えたら自分が泣きそうになった」と。そりゃそうです。この日のために仕事をやっつけたり家族にいい顔したり? え? 整備したり練習したり…でしょうか。これが終わった後の安心感と余韻による放心。たまらんのですよ。
f0200399_00282690.jpg
 マジですか!? #20とクラブ名が掲示板にでてまっせ! まさかの二連勝かっ!?
f0200399_00345838.jpg
 で、しっかりと1位です。タイムも19秒台? どこまで速くなるんでしょうかナニワのジョン・サーティーズは! 他エントラントの方に「お膳立てしていただいてありがとうございます〜^^」なんて余裕全開です!? 
f0200399_00482357.jpg
 で、私の方ですが排圧で2番3番のエキパイが抜けてました。通りでバラバラいうわけね〜。隣の赤いロブノースのタッキー先輩も同様の症状。んで、応急修理しようとした矢先、TRレーシングの中村さんが寄って下さった。「これ、マフラー分解したほうがいいんじゃない?」いやーあんまり時間ねえですよ。。。「手伝ってやるから、早くやってしまおう!」すんませんホンマに。んで、↑のような写真の図になるのです。同じくTRレーシングの後藤メカも手伝ってくださった。結局いつも通りお世話になってしまいます。ありがとうございます。「いいんだって、仲間なんだから」と見守る高橋シャチョー。今日の親父ギャグの内容はいつもより過激です(笑)シャチョー、私にとっては「東京のお父さん」です。
f0200399_01062188.jpg
 ナカツハラ君も朝からありがとね。お疲れさんです。午後に備えて休んで下さい。
f0200399_01100912.jpg
 そして迎えたるは決勝。本日サポートしてくれたTK夫妻とナカツハラ君と。なんとか無事にここに居られた事に心から感謝いたします。。緊張してるのを悟られたくないので変な顔してます。あー喉乾いた。近くにいた前田ヒロ氏が「飲みさしでええか?」とお茶をくださった。一気に飲み干すと「全部かいっ!」と即突っ込み。これが関西ですぜ!?
f0200399_01181116.jpg
 ほんで高橋シャチョーと。私と仲良く腕なんか組んでおります。 当方そんな趣味なんかございません!? (シャチョー、私の緊張解そうとしてくださってるんですよ)
前レースが赤旗中断。1500mあるストレートの殆どにオイル処理の石灰が撒かれているそうな? くわばらくわばら。程なくしてコース内に入るようアナウンスが聞こえる。
f0200399_01255997.jpg
 グリッドに並んで記念撮影をしまs…「エンジン始動ー!!」いや、ちょ、早くないですか? 心の準備が!? はいスタート!(右下見切れているのは群馬は桐高レーシングのK野さん)
f0200399_01401272.jpg
 今回はカウルピンもチェックしたので大丈夫。ちゃんと右足出して走ります、が、雨がパラパラと。おおい、、、こわいやんけ。怖いというかなんというか、そんな時に限って色々と回想したりするんです。たまたま運良くこのようなレーシングマシンに乗る事ができて、近所にDG先輩が居て、浮かれポンチだった自分も居るワケです。始めた頃運良く表彰台乗ってりゃ有頂天で、乗り手の技術も伴わないのにバカもおだてりゃ木に登ります。同年代の友人らが結婚したり出世したりしてるかもしれない、でも私はこれが好きで好きでたまらんのですよ。行けるとこまでやったりましょう。誰に何言われても気にしないし、もう逃げねえよ。規定周回数を終えてチェッカー。今までこんなにクーリングラップで安堵した事はあっただろうか? 本当のデビュー戦を無事終える事が出来た。
f0200399_02135083.jpg
 そしてLOCデビューを無事に終えたSANOさん。「終わってホッとしました〜! でも、楽しかったし嬉しかったです〜泣きそうです(泣)」と語ってました。その気持ちめっちゃわかりますよ。しばらく余韻にひたりましょう!
f0200399_02103634.jpg
 我々の走行が終わると雨が本降りになってきた。DG先輩大丈夫かな? ナカツハラ君もピットに居ない。風もひどくなってきたのでテントを飛ばないようにしてから慌ててグリッドへ向かう。サイティングラップを終えてもう始まるところですやん! レース後でフラフラしているがウン百メートルの距離を全力疾走した。スタートに間に合え!
f0200399_02191781.jpg
 スタート前。雨がざんざかと降りしきる。オイル処理の石灰が流れてしまいそうだぜ?
f0200399_21065795.jpg
 そして緊張のスタート!! またギアが入りにくかったのか、スタートに出遅れた! でも直ぐにトップに立つだろう?
雨脚が酷くなってきたので私とナカツハラ君はピット内の画面でレースを追う。
「なあ、DG先輩走ってなくね?」うん……「壊れた?」わからん… 心配だ。でも赤旗は出ていないからな…。
しかし、4周過ぎたあたりで赤旗中断。見えないところで転倒が続いてしまったようだ。
 程なくして回収車に載ったDG先輩が帰ってきた。
f0200399_21211762.jpg
どうしたんですか?
「コケた」
えっ! マシンを受け取ったらレバーが折れてるしステップは曲がっていた。
「はよ追いつこ〜おもてな、ころんでもた。」
怪我は?
「スリップダウンや、大丈夫。まだマシンが動いてたから拾って走ろう思たらな、とまってもた(笑)」
とまってもたて…(笑)
他のエントラントの方が心配して駆け寄る。
「ほんまな〜、人生甘ないで〜! なかなか連勝させてくれへん!あっはっはっはは!!」
「結局予選しかマトモに走れんかったわ〜!」
私、この方には一生かなわない気がします、ハイ(笑)

f0200399_21312240.jpg
 雨がまた酷くなる。低くしたテントの元で反省会。緊張のあまり止めてたタバコを吸いにSANOさんもやってきた。まあとりあえず、怪我無く終えたので良しとしましょう。
 帰りの車で心地よい余韻に浸りながら、我々は西へと帰路を急いだ。
今回私にとっても、自分で整備して準備して(手伝ってもらいながらも)、やっと本当の意味でスタートラインに立てたかな? いつもより達成感があった。おっと、明日は出張だったな。。。
「やっぱ富士はな〜、年イチやし特別なんや。ロケーションもええし、楽しいよな。でもなんか、オレあんまり走ってへんし、疲れてへんねん。夏筑波出れそうやったらでよか?」さすがです(笑)

Photo by H.Maeda T.Kondou K.Ishikawa and Others
Text by 15






 

[PR]
by clubobsolute | 2017-06-29 08:15 | Comments(6)

2017.05.28 Festival of Sideway Trophy ② ナニワのジョン・サーティーズ誕生物語

前回の続き。
(余談ですがサブタイトルを怒りのデスロードに変えようとしたが別に何に対しても怒っていなかったので取りやめました?)

DG先輩コースイン。
f0200399_18353574.jpg
緊張感がこちらにも伝わります。エンジン、ストールしないかなあ? ちゃんと帰ってくるかなあ? 余計な心配ばかりする私。
f0200399_02081592.jpg
本日の見守り隊? 野坂さんとジェイ奥村氏。そして私も。
「おぉ〜走ってる!」そりゃそうでしょうに。。。
あとは無事に帰ってきてー!!
f0200399_02135304.jpg
そんなオーディエンスの心配をヨソに激走を続けるDG先輩。さすがでございます。
f0200399_02152282.jpg
なんとか出走できてホッと一安心。この顔である。
「いやー、なかなか難しいもんやな〜!」
初乗りでこの調子なら、もっといけるんとちゃいますか!?
そして予選走行へ突入。
f0200399_02212522.jpg
前田ヒロ氏の力作より。
慣れてきているのがよくわかる。徐々に徐々にペースがあがっていく。
なんにせよノントラブルで戻ってきて欲しい。私はそれを祈るばかりでした。
そんな心配をヨソに気持ちよく周回を重ねていく!
f0200399_02240271.jpg
コーナーにインしてクリッピングに着く前だろうか? 車両の"しなり"がよくわかる。
きっと側からみるより、乗ってみたらすごいGなんだろうなあ。
そんなこんなで無事に予選終了。残すは決勝レースのみとなった。


私と前田ヒロ氏、DG先輩下車のお手伝い。その後フェアリングを外してバッテリー充電、そして給油。ちょっとピットクルーらしくなってきました?
f0200399_02263849.jpg

他、エントラントさん紹介コーナー。
TRレーシングの皆様。いつもお世話になっております。私、旧車生活を始めた20代前半の頃から入り浸っております。
高橋シャチョー、自分のギャグの面白さにずっこけちゃいましたか?
今回も沢山のヴェロセットと共に参加されておりました。
f0200399_02321705.jpg
野坂さん。前回の転倒から復帰後初レース。ツナギを新調されて意気込みを感じます。今回も表彰台は譲らない! さすがです〜。
f0200399_02341856.jpg

ohtaさん。美味しいカレーとフルーツご馳走様でした。本日はブルタコレーサーで参加。んべぇー!(サービスショット?)
f0200399_02363826.jpg
小根山さん。1年ぶりのレースという事で気合十分! しかし決勝レースは不調のためリDNS。。。残念! 昨年電装トラブルで途中リタイアした私をイジった罰ですか?(笑)
f0200399_02385385.jpg
多摩地区サイドカー部隊。Freddie dixonクラス。アキヤマレーシング秋山さんムネさんペア。今日も会場を湧かせておりました。いや、マジで勝負しておりました。
f0200399_02400516.jpg
「折角だから。。。」という事で。そして少年のように目を輝かせながら葉巻に乗るの図。嬉しさがにじみ出ております。
私も多摩に長く居たせいか未だに「魚肉の方?」と間違われる事があります?(笑)
f0200399_02430255.jpg
こちらミヤケンさん神山さん別冊ペア。残念ながら決勝はエンジントラブルでDNFとなってしまいました。ミヤケンさんはグリーヴス、マンクスと歴代稀に見るトリプルエントリーでした。
f0200399_02445214.jpg
えっっ、、何かあったようです。。。
f0200399_02460069.jpg
人数が増えてきて結束力が高くなってきましたね。PADDOX國森さんのこの3ホイーラー、スズキGN125の、あのトライアルマシン?のエンジンだそうです。
f0200399_02530280.jpg

ヴェロセットKTTで参加、山口さん。本日誕生日でした。イエイ! おめでとうございます! ガレージ遊びにいきたいですわ〜。
f0200399_03041689.jpg

東北コンビ。津軽さんと関場さん。いつもはバタバタでゆっくりお話できませんでしたが、この日はよく話せましたね! またLOCでお会いしましょう。SUGOも走りにいきたいな〜。

まだまだ紹介しきれませんが、皆さん知った顔ばかりになってきました。
こうやってウロウロ回って立ち話する時間も、イベントに参加し続けるモチベーションになりますね。(ましてや今まで一人遠征ばっかりだったし)
しかし、バイクばっか見てると走りたくなってしまうのが、よくないですね!!(笑)
ブラブラ過ごしているうちにフォーミュラクラスの決勝の時間が迫った。

f0200399_03130404.jpg
最終チェック。タイヤの空気圧もチェックする。当然の事ながら熱を帯びる事で膨張するのでタイヤはパンパンである。
f0200399_03151042.jpg

エンジン始動。コースインの笛が鳴る。私も緊張してきた。
f0200399_03160608.jpg
ピットロードに並ぶ。オーディエンスは主に二輪のエントラント。二輪から四輪に転向なんて、まさにジョン・サーティーズ! この日の為にナニワからやってまいりました!(古舘伊◯郎か私は?)













                                       
サイティングラップ一周を終えて、グリッドに並ぶ。キーオフの合図。しかし、諸事情によりエンジンは切れないのでそのまま待機させて頂いた。それでも辺りは静寂に包まれる。日常では絶対味わう事の無いような孤独感と緊張感だ。まるで自分がそこに居る様な気分! なんていい日、最高の日! 口から心臓が出そうになる、内臓が冷えて血の気が引いていく(なんのこっちゃ?)。
バグパイプの演奏、そしてエンジンスタートの合図! 1分、30秒と刻々とせまる。
グリッド点灯! そして緊張のスタートを切った!
f0200399_03281648.jpg
多分この日を待ちわびでいたのはDG先輩だけではなく関係者全員がそうだったのではないだろうか?
ストレートを駆け抜けるマシンの音が慣熟、予選とはまるで違う! そう、"イイ音"を響かせている! これは嘸かし気持ちイイだろうなあ! 本当にさっき乗ったばかりなのだろうか? マシンを自在に走らせている様にさえ見える!
f0200399_03460281.jpg
そして初走行の記念に。皆様お集まり頂きましてありがとうございます。
(ミヤケン夫妻はラッパーみたいな手をしてますね?)
f0200399_03503207.jpg
ほんまに、お疲れ様でした。サイコーですね!
f0200399_03515409.jpg
そう、午前の走行の際に手助け頂いたのは、レジェンド生沢徹氏の専属メカニックの宮坂宏氏でした。優勝請負人と呼ばれている御方、そんな方に手助け頂くなんてあな恐ろしや・・・ありがとうございます・・・恐縮です・・・
f0200399_03575128.jpg
そして閉会式。入賞された方もそうじゃない方も皆さんいい笑顔でした。お疲れ様でした。
そして、帰りはどえりゃーえげつにゃー渋滞に巻き込まれる事を誰も知らないのでした。。。
f0200399_03593928.jpg
いい二日間でしたね。我々も大阪に着いたのが午前3時。翌日? もちろん普通に仕事しましたぜ。。。楽しかった分思い切り働くのが正しいクラブマンの在り方ですよね?(笑)

Photo H.Maeda and Others
Text by 15


[PR]
by clubobsolute | 2017-06-09 04:02 | Comments(4)

2017.05.28 Festival of Sideway Trophy ① ナニワのジョン・サーティーズ誕生物語

さわやかな五月晴れが続く中、中国に出張中の不肖・私こと15は、
空き時間を利用して日本のSNSを覗き見していた。
DG先輩から「袖ヶ浦走る。サポート求む」と一通。
おや、マンクスでしょうか?「いや違う、アレや!!もう段取りは済んでいる!」
アレとはいかに??
レース前日の朝、DG先輩と今回取材とサポートで同行する前田ヒロ氏、そして不肖・私
の三人でDG先輩のトランポに乗り込む。
無論、アレはトランポでは運べないので、大阪某所で積載車をレンタル。三人横並びで関東を目指す。
前田ヒロ氏「僕、こんな大きいの運転したことないっすわ〜」
と、いう事で
f0200399_18083807.jpg
神戸の一番星桃次郎、誕生である。
「あーミラーが遠いー!」「車幅が広くてこわいー!」なんて言いながら、気づけば淡々と運転をこなすセンスは流石でございます。途中の事故渋滞もパスし、途中見事な富士山を尻目に、一路、目指すは関東。そういやアレってなんですのん?
f0200399_18142387.jpg
Formula Ford racer ALEXIS MK.14
神奈川県某所で保管されているものの引き取りでございます。
そう、実はDG先輩、今回FoSTにて初乗り・初レースなのでした。
最初に聞いた時、いきなり大丈夫なんすか?と驚きと心配の半々。
デビュー早すぎないですか!? やるといったらやる! 有言実行の男ですね。
実は以前3月のFEVHOTSの際に現車確認を済ませていたのでありました。

f0200399_18200566.jpg
積み込みも要領がわからず探り探り。車両も無事に載り、袖ヶ浦フォレストレースウェイを目指す。
f0200399_18235125.jpg
会場では一般走行が行われている最中、裏方では前日準備を行っている。ひょんな事からお手伝いをする事になり、看板やテント等の準備を行った。久々に会う古巣関東の方々と冗談かましてキャッキャウフフしながら準備していたら「喋っとらんと手ぇ動かさんかい!」とDG現場監督から叱咤(笑)あ、当方そんな怖いチームではありませんのでご心配なさらず(笑)
f0200399_18294878.jpg
祭りの準備は完了。一路平安。あとは明日を待つのみとなった。
宿へ行く前に車両を下ろして、バッテリー充電と前オーナー・ジェイ奥村氏のレクチャー。前夜祭の始まりである。宿までの道中、前田ヒロ氏に「お前飲み過ぎんなよ!(怒)」と釘を刺されたので、私は水をたくさん飲んで行く事にした。
※飲み会の写真は割愛とさせていただきます

そして翌朝。
f0200399_18411516.jpg
早めにサーキットにインしたオブソリクルー。一番目の仕事はタイヤ交換である。
保管用タイヤから新品タイヤに素早く交換。こちらも初めての仕事。
F1だったら、これレース中に行うんでしょ? すげー。。。二輪でエントリーされる野坂さんご兄弟にもお手伝い頂きましたぜ。ありがとうございます。
f0200399_18460658.jpg
続々と他のエントラントが登場。みんな速そう。。。自分が初めてレースに出た際、周りが全部速そうに見えたっけ。リングに上がったボクサーも相手が強そうに見えるらしいですね。どうでもいい話? 
「初めてなもんで、お手柔らかによろしくお願いします!」と明るく挨拶するDG先輩。一緒に挨拶する私。走る訳じゃないが自分の事のように、なんだか緊張してきたぜ。
f0200399_18511434.jpg
イギリスのような?いいお天気です。降水確率は大丈夫。ここがまるでブランズハッチの様に思えてきた。
f0200399_18524692.jpg
他クラスのエントラントも続々と。#52は私の大先輩、M先生のフロッグアイである。日本ではカニ目てニックネームのが浸透していますね。
f0200399_18543491.jpg
他、続々と。ホンダSは他車よりコンパクトですね。当時の日本の技術力が伺えます。
そして迎えた開会式。
f0200399_18571693.jpg
バグパイプの心地いい演奏が聞こえると「ああ〜今年も参加できたなあ」なんて思います。私は昨年の秋大会まで3年連続フル出場でしたが、マシンが変わって年式的にアウトになってしまい、しばらくは難しいでしょう。もしくは憲法改定を懇願すれば。。。?
主催者様より開会宣言が言い渡される。
f0200399_19040828.jpg
二輪の一つ目のクラスが暖気して出て行く最中、我々は脇目もふらず準備の続きです。
そろそろエンジンかけましょうか。


ん?


セルが回らない。
バッテリーの電圧か? いや、ジャンプコード? ダメだ、回らない。。。。
時間がなくなっていく。焦る。とにかく焦る。
おいおいおいおい、ここまで来てダメってなんなんだよ?
後ろから「ちょっとまってて下さい!」と大きな声。ジェイ奥村氏だ。
f0200399_19120329.jpg
エンジン始動には手順があり、セルを回す際にはスターターバッテリーというものを使用する。発電系は無いので、長時間のアイドリングはできない。幸いな事に、隣のフォーミュラクラスの方が始動の際はバッテリーを貸し出して下さる事に。ありがとうございます。安心するのも束の間、走行時間がすぐそこまで迫っていた!
f0200399_19183361.jpg
四輪レースの服装。いつものオフ用のウェアや革ツナギと様子が違いますね?
f0200399_19195911.jpg
「とにかく落ち着いて、慌てずに」とジェイ奥村氏よりアドバイス。周りの車両も続々エンジンがかかりコースインの笛を今や今やと待っている様子だった。
私も横で緊張していた。いつもと様子が違う。
そして笛は鳴った。緊張のスタート!新しい世界が目の前に広がる!

(続く)
text by 15

















[PR]
by clubobsolute | 2017-06-03 19:25 | Comments(5)

On Any Sanda練習会@香嵐渓 その4

オトキチさんも交換試乗。ちょっと借りて
f0200399_23253287.jpg

f0200399_23253379.jpg

f0200399_23253496.jpg

ぱちっとワイドオープン。かっこいい。

今日は250が多い日
f0200399_23253510.jpg

f0200399_23253566.jpg

f0200399_23253647.jpg

f0200399_23253756.jpg


僕も借りました RED ROCKET。よー走ります。やっぱり専用車は素晴らしい。

しかし今日も素晴らしいコースコンディション。次回が楽しみ!







[PR]
by clubobsolute | 2017-03-12 23:12 | Comments(2)

On Any Sanda練習会@香嵐渓 その3

ひとしきり自分のバイクで走ったあと、交換試乗。

シャチョーさん、なんだかんだでトラックマスターノートン初試乗
f0200399_23115838.jpg

f0200399_23115890.jpg

f0200399_23115932.jpg

f0200399_23120066.jpg

よー走りまっしゃろ?


[PR]
by clubobsolute | 2017-03-12 23:05 | Comments(0)

On Any Sanda 練習会@香嵐渓 その2

さて
f0200399_23050415.jpg

走行開始。

ちょっと走っては
f0200399_23050578.jpg

調整。

で、
f0200399_23050639.jpg

チェック。実戦に近い状況での方がいいですよね。

その後ろで
f0200399_23050698.jpg

セールの準備。

f0200399_23050787.jpg

f0200399_23050871.jpg

f0200399_23050852.jpg

f0200399_23050982.jpg

詳しくはシャチョーさんまで(^^)


[PR]
by clubobsolute | 2017-03-12 22:57 | Comments(0)

On Any Sanda 練習会@香嵐渓 その1

トランポがない僕を拾ってくれたのはシャチョーさん。

朝一
f0200399_22570313.jpg

マックで買い込む。なんかアメリカぽい。

肌寒いが天気は
f0200399_22570467.jpg

最高。

V8エンジンにうっとりしつつ
f0200399_22570459.jpg

到着。

ゆっくり準備して
f0200399_22570561.jpg

今日の説明。

しかし
f0200399_22570612.jpg

f0200399_22570696.jpg

f0200399_22570791.jpg

今日はヤマハが多いですねー

続く。


[PR]
by clubobsolute | 2017-03-12 22:40 | Comments(0)

3月25日はBrit Brat Dayです~

f0200399_15252121.jpg

以下、主催のRustless Hiroくんの告知案内です♬

次回のBrit Brat Day「ブリブラ」は、3月25日(土)に決定いたしました!

今回の副題は「ノートンさん、いらっしゃい」。

場所:いつもの神戸・和田岬の「北の椅子と」

日時:3月25日(土) 午前10時から13時ごろまで
(飲み物・食べ物は12時30分頃にラストオーダー)

参加費:¥500円 ワンドリンク・フィンガースナック付き

【写真追加】
f0200399_1143385.jpg

f0200399_1153346.jpg


(ご案内はTOKUでした)
[PR]
by clubobsolute | 2017-03-02 15:27 | Comments(0)

忘年会。

今年の振り返りと来年の展望と。

毎年やってますが、ネタが尽きない。
f0200399_09561880.jpg


f0200399_09561990.jpg



f0200399_09562099.jpg


f0200399_09562081.jpg


f0200399_09562148.jpg


f0200399_09562289.jpg


f0200399_09562325.jpg

来年もそれぞれのハナシを持ち寄ってワイワイしたいものです。

次は快気祝いですね!



[PR]
by clubobsolute | 2016-12-23 09:36 | Comments(2)

2016.11.27 ONE DAY TRIAL もはや安定の。

一時期トライアルから遠ざかっていたTOKUさんですが、復活後は誰より楽しんでおられます。
f0200399_20390428.jpg

今日も土砂降り何のその、終始にっこにこ。

f0200399_20390440.jpg

練習全くナシでもクリーンちらほら。

僕も英国トライアル欲しいなー…あ、また病気がw

Posted by tetsu




[PR]
by clubobsolute | 2016-11-27 19:55 | Comments(2)