カテゴリ:CLASSIC ROAD RACE( 52 )

2017.12.3 Festival of Sideway Trophy 番外編


Sideway Trophyより、
気になった車両、お気に入りの写真達を少し。

f0200399_22341857.jpg
「メガネが壊れてもうてな、ほんまかなわんわ」の図。
決定的な瞬間を激写に成功しておりました!
Hiroさんは笑顔、組長は悔しそう。



会場に来てたバイク達。
f0200399_22350405.jpg
なんと!Norvinです。Cometエンジンかな。フロントブレーキはトラの69年以降か。キャブはFCRでした。かっこいいし、激シブやなあ〜。大分の岩下コレクションで見たことあるけど、実働車両は初めて。


f0200399_22414866.jpg
Seeley SR!初めて見ました。ピカピカのメッキフレーム、まとまったカスタムで大好物。エンジンハンガーが絶妙なかっこよさやね。1回ぐらいは乗ってみたいな。


f0200399_22275961.jpg
違う車両の写真やけど、どっちもSRのブレーキ。塗装して穴あけるだけで、こんなにレーシーな雰囲気に。


f0200399_22292452.jpg
これも穴あけ加工?軽くなっていいんでしょうか。荒く磨かれたカバーも良し。こうゆう、自作したパーツもすごくかっこいい。マイナスのボルトも絶妙なバランス。


f0200399_22512117.jpg
#221、組長とデッドヒートを繰り広げたGoldie。カウルのスクリーンにはスズキの文字が。どの車両の流用でしょうか?でもばっちり合わせてあるのはさすがです。

f0200399_22523019.jpg
パドックでお隣さんやったNorton。サイレンサーの留め方がまたかっこいい。色んなところが真鍮でワイヤリングされてて、統一感もばっちり。いいね。

亀岡で人気沸騰中のモーガン。エンジンが少し違うかな?


f0200399_22545688.jpg
オリジナルのManxを走らせる群馬の福田さん。走ることはもちろん、誰よりも観戦を楽しんでおられました。お隣でレース観戦させてもらいながら、2人で歓声を上げていました。


f0200399_22534840.jpg
御大の写真。当時、生沢さんはDresda Tritonも輸入していたそうです。それと教えてもらったのが、なんとGriffinのヘルメットも輸入していたこと!知らんかった。衝撃の新事実やった。
生沢さんと撮って頂いた1枚。すごい気さくな方で、レーサーの服装について教えてくれました。でもレース前の集中力はさすがの一言。周りの空気が違っていました。


本当に素晴らしい車両と優しい人達がいっぱいのSideway Trophy、是非今度は参加者としてあの場に立ちたいな。写真を見て余韻に浸りながら、記事を終わります。

By N.

[PR]
by clubobsolute | 2017-12-06 23:23 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(4)

2017.12.3 Festival of Sideway Trophy



f0200399_22535604.jpg
12/3 Festival of Sideway Trophy.
オブソリ新入部員のNです。DG組長から「今回はお前が書け!だから写真いっぱい撮っとけよ!」とのありがたいお言葉を頂きましたので、書かせて頂きます。サーキットに行った経験は、組長の葉巻練習と#52の津軽さんに招待して頂いた菅生の練習だけで、実際にレースを観るのは初めてです。
f0200399_22473310.jpg
前日の朝、組長宅に集合。RustlessのRiroさんと3人で袖ヶ浦へ。自分は後部座席で、Manxの隣という特等席!なんとも贅沢な移動時間でした。
f0200399_23120182.jpg
f0200399_23005702.jpg
当日の7時前にサーキット入り。レースの朝がこんなに早いとは、、夕日のように見えますが、朝焼けです。今回、パドックで一緒だった2台。1936 Norton 40Mと1938 Triumph Speed Twin。既にテンション爆上げです。

準備も終わり、パドックをふらふら。かっこいい車両ばっかり。オーラありまくりです。
f0200399_23200498.jpg
f0200399_23220584.jpg
なんて素晴らしい空間でしょう。もうこの時点でお腹いっぱい。
f0200399_23042335.jpg
f0200399_23025048.jpg
f0200399_22490588.jpg

Sideway Trophyは、拘りの衣装やスタイルを意識することで、当時の雰囲気を再現することを目的としています。(Web Siteより)その為、参加者の方々が、服装にも力を入れています。まさにタイムスリップしたような感じで、会場の雰囲気を盛り上げます。
f0200399_22500664.jpg
開会式も終わり、完熟走行前の組長。Hiroさんはプレスのゼッケンを着て、持参の折りたたみ自転車でサーキットを走り回り、写真を撮りまくってました。
f0200399_23363851.jpg
ここでトラブル!完熟走行から帰ってくると、Manxのリア周りがオイルまみれに。組長は「赤いオイルやからギアボックスちゃうか〜。オイル入れすぎたかな」とのこと。近くにいたBritish Beetの鈴木さんが、オイル量について一言。ドライバーで掻き出し、適切なオイル量に。その後はオイル漏れもなく、絶好調でした。
f0200399_22453753.jpg
f0200399_00551939.jpg
f0200399_22470399.jpg

同じパドックのSpeed Twinを穴が開くほど見ていると、持ち主の山口さんが「これ、1年エンジン掛けてないけど、たぶんキック1発で掛かるで。掛かったら乗ってもええで」と声をかけてくださいました。そして見事に1蹴りでエンジン始動!うるさすぎず、ジェントルなサウンドを刻みながらアイドリングしていました。お言葉に甘えて、乗らせてもらいました。なんと言うか、至福の時間としか言えない程の素晴らしさ。これがトライアンフかと、うっとり。今思い出してもゾクゾクするほどの最高の体験でした。語彙力無さすぎて良さを伝えれない、、

f0200399_22263688.jpg
そして予選。自分が走る訳でもないのに、かなりの緊張感。ドキドキしながら見てました。組長は予選タイム2位で通過。初めて観るレースに大興奮。ライダー達は自分のマシンに鞭を打ちまくり、全力で走っておられました。その遠慮しないライディングがめちゃくちゃかっこいい。外から見ててこの楽しさなんやから、走るほうはもっと楽しいに違いない。そりゃはまるわけや。
すごく印象的だったのが、#86のNorton。本で見るようなスタイルで、袖ヶ浦のホームストレートをぶん回していました。かっこよすぎる。フロントのマン島エンブレムが素晴らしい。個人的にSideway Trophyのベストドレッサー賞。残念ながら、決勝レースはマシントラブルで走れていませんでした。
f0200399_15083545.jpg
いよいよ決勝レース!いってらっしゃい。
f0200399_22251095.jpg
f0200399_22525051.jpg
f0200399_23540133.jpg
f0200399_22263688.jpg
このピリピリ感。でもこの空気感がいいね。全員が全力を出して走る!ってゆう気持ちが伝わってきます。一斉にエンジンに火が入り、まさに空気が震えます。感動してゾクゾクします。そしてスタート!
f0200399_22285740.jpg
f0200399_00002109.jpg
f0200399_22282577.jpg
(ピントが合ってないのはご勘弁を)


決勝レースは、#221のGoldieと組長Manxのデッドヒート。この距離でホームストレートをぶっぱなし、1コーナーに飛び込んで行っていました。思わず声が出るぐらいの大迫力。リジッドのベロも全力で走っていて、めちゃくちゃかっこいい!

結果は、#221Goldieがトップ。組長は僅差の2位ですが、なんと途中でメガネが壊れ、前が見えにくい状態で走っていたとのこと。それでこの走りが出来るって、恐ろしい人やな!なんてこった!
シャンパンファイト。全員楽しそうです。メガネは宙に浮いたままなので、この時も前が見えてなかったんかな?笑 素晴らしい天気でよかったです。
f0200399_00160961.jpg
そして表彰式。トロフィー貰ってはしゃぐ組長。少年の目をしています。笑 表彰台に立てる気分は最高やろね。そらこんな笑顔なるやろなーと、感じておりました。
f0200399_00231460.jpg
そして、閉会式はレジェンド生沢徹さんの講評。次回は、もっと服装やパドックの雰囲気を盛り上げ、往年の空気を作っていきたいとのことでした。
f0200399_15040858.jpg
f0200399_00263099.jpg
そしてそして、なんと組長がBest of Sideway Trophy受賞!デッドヒートを繰り広げながらも、惜しくも2位という健闘を称えて、というのが受賞理由。トロフィー2つ持ってこのドヤ顔。本人も、1週間は余韻に浸れると大満足しておられました(笑)


実際にレースを観て感じたのは、ライダー全員が全力でマシンを走らせていること。2輪3輪4輪サイドカー関係無く、全員が思いっきり走っていることに、このレースの魅力があるんじゃないかと思いました。憧れの車両が目の前でイキイキとしている姿に感動しました。この感覚は実際に目の前で見てみないとわからないし、実際に走ってみないとわからないと思います。見るだけではわからない感覚を味わいたい、自分も必ず!と強く感じた1日でした。ほんまに楽しすぎました。


17時過ぎに袖ヶ浦を出発。3人で交代しながら運転し、ヘロヘロなりながら1時半に組長宅に到着。翌日はバイトを休みにする万全の体制で、ばっちり夕方まで寝ていました。


f0200399_22575947.jpg
今回ご一緒させて頂いた、組長とHiroさんと1枚。最高に楽しかったです。本当にありがとうございました、そして組長おめでとうございました!!!


By N.



[PR]
by clubobsolute | 2017-12-06 01:02 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(3)

2017.04.16 LEGEND OF CLASSIC ROUND1

初めまして。
極東CLUB OBSOLETE 新入部員の15です。
ひょんな事からDG先輩のROBNORTH TRIDENTに乗る事になり、入部に至りました。
よろしくお願いいたします。

と、まあ堅苦しいご挨拶はこのあたりにしてレース参戦記に移りたいと思います。

f0200399_22490498.jpg
大阪〜茨城県常総市へと順調に向かう。時々雨が降ったり止んだり。積み込みの後でよかった〜なんて話していればもう神奈川県
f0200399_22521320.jpg
途中、Ted's Special様の方へ寄らせて頂きました。代表の前島さんお邪魔致しました。
あの素晴らしいトークセンスはどこで磨かれるのでしょうか。。。。
f0200399_22414087.jpg
前日入りしたDG先輩と私。そして別件にて上京をしていたTETSUさんと合流。そして静岡からr.c.c御一行様と合流し、楽しい夕食会を行いました。T川選手、レースのお話はもとより、次回はロックの方の話ももっとしましょうね^^ いつも一人で遠征していた私。関東は古巣ではあり終始深酒して翌日にやや差し支える事も多かったのですが、こんなに余裕を持って翌日を迎えたレースは初めてです(笑)
宴もたけなわちゅうわけで、翌日。
筑波サーキットはすばらしい快晴です。聞くところによると夏日だったりなんだり。皆さんの日頃の行いがよかったようです?
f0200399_22411903.jpg
積み下ろしをすませ、Ted'sさんとT川選手のテントスペースをお借りしました。
f0200399_22404724.jpg
慌ただしく受付、車検。近くにいた友人SANPAINT君にスタンド持ってもらいながらこれまた友人のCoolBeans!ClassicBooksの白井氏がカメラを向けていたではありませんか。んでこんな顔に。ああこれ緊張の裏返しです。。決してフザけているのではありません。。。なんかステッカー増えてへんか? と思ったそこアナタ! 過去のオブソリブログをご覧いただけますでしょうか(笑)自分の口からはよう言わへんで。。。雨が降った日とオンナにフラレタ日には乗っちゃいけないととーちゃんが言ってたなあ(意味深)会うたびいろんな方(世界で有名なあの方にも)に「なんでステッカー貼ってるの?」と尋ねられるたびに「オシャレやねん、えーやろ!」とドヤ顔する私。そう、イジられてるウチが華でっせ!
f0200399_23195826.jpg
無事車検を済ませて暖気。今回は関東時代の友人、ナカツハラ君に手伝ってもらいました。いつもありがとう!「お、おれスターターとかやったことないよ!」えーやん!なんとかなる!失敗したらまたイジられるだけや!(私が)
f0200399_23223460.jpg
お隣はサイドウェイトロフィー仲間のトライトンYさん。そしてヴェロセットで有名なJigenさん。お久しゅうございます!YさんはLOC初参加!でもなんかオトナの余裕があります?車検も無事に通過できたようです。そして、予選。
f0200399_23291372.jpg
見事!ポールポジションゲット!したのはDG先輩(これホンマにすごい事でっせ!)で、私の方はお体のほうが前回の転倒の事をよく覚えてらっしゃる・・・・・体ガッチガチです。オマケにシフトのリンクロッド、前回曲げてしまったので今回はソフトタッチにシフトしてたにも関わらずグンニャリ!あれ、シフトレバーないヨ!だいじょぶだぁ〜とは行かずにだめだこりゃ、だっふんだ!ギアが入りません!よし、撤収!(いや、泣く泣くですからね、この話。。。。)非常にパッとしないタイムを出してショボくれておりました
f0200399_23381567.jpg
ピットに戻ればこの調子。あーいい天気だねえ、ほんまやねえ。サーキットの朝は早い。友人ナカツハラと白井氏がおやすみモードに入っておりました。
昼を挟んで決勝。
f0200399_22330498.jpg
別な心配をしてるDG先輩と別な事で緊張している私。しかし暑い!ロードレースはツナギが暑い!自分の緊張をほぐすためにウロウロ
f0200399_23453152.jpg
20代前半の旧車で遊ぶようになってからお世話になっているTRカンパニー高橋社長と。シャチョーどないでっか?「あれだよ〜・・・・・だよ〜!」とここには書けないぐらいくだらなすぎる親父ギャグを飛ばして絶好調です!?こういう部分も含めて頭があがりません?
f0200399_23510741.jpg
緊張のスタート! ギアが入っていなかったのか出遅れたDG先輩!高橋社長とトリカッティーYMDさんと三つ巴の戦い!
f0200399_23521485.jpg
スタート失敗もなんのその。いつのまにか独走状態!「新品タイヤはごっつええで〜」と昼休みに話していたばかり!ポールトゥウィン達成!グランドスタンドでナカツハラ君と観戦して大興奮!理想の勝利の形ですねえ!
そして私の方。
f0200399_23570367.jpg
あー緊張する!今日はなんか怖い!心臓が口から出る!なんてパドックでぼやいてました。情けねー!リンクロッドは決勝前に修理したし、まあなんとかなるでっしゃろ。グリッド着いたらなんか大丈夫になってきた。ナカッチャン!スターター頼むぜ!と意気揚々とサイティングラップ。おいおい、クランク軽いなあ生粋のレーサーは!はやくシグナルついてくれーなんて思ってる間に点灯、スタート!
f0200399_00004834.jpg
某先輩が撮って頂いた一枚。最初はビビって開けられなかったが後半から開けて乗れるように!ボールは友達!怖くない?いやいや、そうじゃなくってこれ面白いなー!転ぶ気がしないなー、きもちいいなあ、なんて思ってるウチにチェッカーがふられていた。見ていた方々曰く、後半は力抜けてだいぶよくなったねー!と。それよりもなによりも、この緊張感から開放されたあとの清々しさ、最高です。ロードレースのうちの好きな瞬間の一つです!
もちろん、勝った負けたも好きですが、こういう邪念のない清々しさ(笑)味わった方ならわかりますよね?
f0200399_00055705.jpg
そして表彰式。ジュニアA、CB77のT川選手、トップを独走していたのですが、ジャンプスタートにより二位でした。それでも二位!気持ちいいぐらいの快走でした!
f0200399_00084021.jpg
そしてセニアA。2位はエンフィールドレーサーの高橋社長!このレーサーに憧れて私も過去に製作を依頼したのです!そして優勝はDG先輩!前島代表のトークで笑いを誘いながら颯爽とシャンパンファイト!いい瞬間ですねえ〜!間違いなく今回のLOCではMVPでしたね!
f0200399_00115814.jpg
と、そんな感じでレポートを終えたいと思います。(楽しい)戦いは続く。次回は6月の富士スピードウェイですね。最後に、緊張してガチガチの私の写真でシメたいと思います。笑ってやってください。ご観覧ありがとうございました!
TEXT by 15


[PR]
by clubobsolute | 2017-04-22 07:16 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(3)

2017.4.16 LEGEND OF CLASSIC Rd.1

晴天に恵まれた第1戦。
f0200399_15581276.jpg

今回はDG@MANX・はっしゃん先輩@SLそして
f0200399_22093761.jpg
Jugo@ROBNORTH TRIDENTの3名が出走。マシンが変わって初めてのレース。どこから手をつけていいかわからない感じがひしひし。

久しぶりのピット

f0200399_22115552.jpg
変わらず盛況。

今回、瀧川さんのテントを間借りすることに。
f0200399_23161683.jpg
仕上がりが半端ない。美しい…

暖機
f0200399_22131387.jpg

f0200399_22140109.jpg
いい緊張感が表情に出てます。

さて予選。今回よりクラスが変更になったとのこと。より旧いマシンが集う結果になってるようなので良かったんじゃないかなーと
f0200399_22155002.jpg

ミヤケンさん

f0200399_22204182.jpg
じわじわ来てる英国2サイクルブーム…もっとじっくり観たかったっす。

で、予選終了。
f0200399_22251921.jpg
お見事ポールポジション。

Jugoさん
f0200399_22273944.jpg

f0200399_22283490.jpg

f0200399_22291292.jpg

f0200399_22295408.jpg
前回のこともあるので徐々に徐々に。

さて、決勝。
f0200399_22330498.jpg
クラッチのタッチを気にするDGと、とにかく緊張のJugo。

スタート進行。
f0200399_22361374.jpg
前に誰も居ないのはやっぱり気分良いですねー

選手紹介
f0200399_22375231.jpg
筑波サーキットのアナウンサーがアレでしたが

f0200399_22382164.jpg
まー構わん!ってことで

ほな行きましょかー
f0200399_22402410.jpg

サイティングラップを終え、グリッドにつき
f0200399_22415933.jpg
撮影の為に僕はダッシュでグラントスタンドへ

スタート!…とちゃんとギヤが入ってなかったようで、1コーナーまでに
f0200399_22434184.jpg
あらら…前に出すとまあまあ大変そうな面々が。。

が、慌てず騒がず。息の長ーい加速を利用し
f0200399_22485293.jpg

このラインは
f0200399_22493545.jpg
まさにあれの影響かと

f0200399_22510286.jpg

f0200399_22512695.jpg
程なくトップへ

後半出始める
f0200399_22523094.jpg
周回遅れのライダーも上手くこなし

そしてそして
f0200399_22541557.jpg

f0200399_22544319.jpg
ゴール!すんばらしい。ポールtoウインですよ。

f0200399_22561663.jpg
良い笑顔です(^^) いやーいいもの見せてもらいました。

次のクラスでは
f0200399_22575310.jpg
常連さんが多数

排気量の差はキツイですが
f0200399_22592763.jpg
それらを相手に頑張るはっしゃん先輩。カメラが下手でマトモなのが…スミマセン汗

Jugo選手も
f0200399_23010652.jpg
後半徐々にペースアップ。目標である完走を無事達成。

ガッツポーズも
f0200399_23025183.jpg
一気に緊張がとけ、よくわからない感じにw 次の富士が楽しみですね。

司会のトークセンスが抜群の表彰式
f0200399_23070857.jpg

f0200399_23121060.jpg

f0200399_23064370.jpg
満面の笑み。

いやー
f0200399_23180177.jpg
ホントにいい一日でした。

僕もそのうち出たいなー

posted by tetsu



[PR]
by clubobsolute | 2017-04-17 23:20 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(4)

2017.4.2  DEAD or RIDE 36 (36回目だそうです!)

当日 鈴鹿ツインサーキットは快晴!  春の陽気の中 シーズンに入っての初サーキット走行!

ノンビリとした1日になるはずだったんですけど・・・・・・・(笑)。

f0200399_18042282.jpg
オブソリからはHASI先輩、新入クラブ員のJugoくん、俺 ゲストでトライトンで初サーキット走行の Masuda君の4名で参加。

今回から【単気筒250CC・空冷・ツインショック】のクラスが新設されサーキットは大賑わい!
この日の為にHASI先輩はGB250を新規導入、俺も練習用で持っていたCBX250Sレーサーをノーマルエンジンに載せ替え このクラスに
ドヤ顔で走行(笑)。  セル付きの楽ちんさをに感動したおじさん連中は軽くて乗りやすい車両でハジケテておりました(笑)!


f0200399_18203915.jpg
f0200399_17413082.jpg
f0200399_20321720.jpg
モトジョイチームに東海珈琲クラブ、関東からTRカンパニーチームも参加! LOCで顔見知りの方多数!
LOCに参加している方々はクラシックレーサーも持ち込み 250単コロと交互走行でLOC本番へ向け最終調整も行い
17,000円ポッキリの参加費は完璧に回収出来ましたでしょうね(笑)。
f0200399_20291529.jpg
TRカンパニーチームから参加していた 【空冷、250単気筒、ツインショック】 の DUCATI  流石 伊車 ! 適合車両でカッコ良いのん有ります! 残念ながら英車ではこれほどピッタリのマシンはアリマセン・・・・。
カトー社長様・・・最近まったく乗っていないトラカブをトライアルマシンからロードマシンに改造しては如何でしょうか?
期待してまっせ!
f0200399_17430432.jpg
同じくTRカンパニ―チームからは最近関東で爆発的に人気の出てきたニーラを持ち込み関西で初披露!
迫力満点のマシンを関西で最初に作るのは誰になるでしょうか?・・・・

f0200399_17431727.jpg

この鈴鹿ツインサーキット・・・程良いんです! コースの半分を使ったレイアウトはそんなにスピードも出せませんし、怖い思いをするコーナーも無く 安全に楽しく走れます! 1日で15分走行×5回&模擬レース お腹一杯走れますよ!

因みに1周 45~48秒位でしょうか。 15分走行で20周位 サーキット走行15分・・・キツイで~! 若者しか全部走れないでしょう!

初開催の【空冷、250単気筒、ツインショック】レースはエントリー16台と大盛況!
GB250、ボルディなどの安価(ヤフオクで10万まで)なバイクで手軽に出来るこのクラス・・・流行りそうですね~!

中古車価格 急上昇の気配が・・・・・。 今すぐ クリック しとこか!(笑)
f0200399_21095590.jpg
f0200399_21100137.jpg
f0200399_21184498.jpg
ショッパイ・・・しょっぱすぎる・・・・(笑)  新入部員のJugoくんは新生ロブノーストライデントでの初サーキット走行でしたが、

何と! イキナリ1回目の走行で 1コーナーから立ち上がり加速→2速→加速→3速のはずが、
2速→加速→1速→スリップダウン
シフトミスしてしまい転倒!・・・・今まで乗っていたマシンは逆チェンジ 今度のマシンは正チェンジ!
とは言え 痛恨の極み(笑)。 何とかモトジョイチームの手助けで地元溶接工場へ行き 折れたステッププレート
の溶接を午前中に済ませ模擬レースは何とか参加!シフトチェンジの練習は出来たみたい(笑)  

 まあ贈呈した オブソリTシャツを律儀に着て修理に走り回っていたので良しとしましょう!

by DG       

 







[PR]
by clubobsolute | 2017-04-07 22:17 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

2016.07.24 B.O.B.L.に向けて

15日は予行演習。。。
高原のサーキットは涼しくて、耐暑練習にはならず。
f0200399_1057308.jpg

マイカメラ、セルフタイマーの設定が、2秒オンリー。。。
トーゼン、みんなと並べません(汗)


香嵐渓の再現か。 熱い女子
ただし、モトクロスではなく、ロードレース。
f0200399_1142956.jpg

周回タイムも、2秒ちぢめたい(笑)

いやいや、絹ちゃん58秒台すげっ!
ポッと出のHiroくんが地団駄ふんでおりました~

24日がB.O.B.L. Round2 @白糸スピードランド、でございます。

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-07-16 11:11 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

LOC第2戦 富士スピードウエイ 2016.6

ダートトラックライディングを試した鈴鹿ツインサーキットでの確かなる手応え!
天気予報100%晴れ!
タイヤは新調したエイボンレーシングタイヤ!

【今年のLOC富士はエライことにになるぜ!】と皆様にお伝えしておいたのですが・・・(笑)。
f0200399_2058510.jpg

5月のダートトラックレースに引き続きサポートしてくれた イマムラ氏

この日のレースの為に白ツナギを新調! 文句も多いが流石整備のプロ ヤルことやってくれます!
初クラシックロードレースを楽しんでもらえたようで良かったです! ありがとうございました。

遊ぶのにも体力要りますでしょ! 肉食ってお互い頑張りましょうね! 
f0200399_20582878.jpg

何時もオーバルコースでグルグルしている方々! H・MT125Rでノサカさん、HD・WL750で駒パパも参戦! 皆さんシャツがダートトラック会場用ですよ(笑)。 
f0200399_21342218.jpg

ダートトラック先生 の駒ちゃんには車両運搬や雑用を押し付けてしまったけど・・・
大阪のシャベリとノリを体感してもらえたので良かったはず・・・やな(笑)別に大阪は怖いところちゃうで(笑)。
クラシックロードするんやったら俺が教えたるから任せとけよ(笑)。
f0200399_2151729.jpg

BSAロケット3に乗るタッキーとは2回目の直接対決です!(一応俺が1勝?)
「レースは予選前の並ぶところから始まるんやぞ」と2人揃って最前列に陣取ることが出来
絵面もバッチリ!(笑) 今のところ俺1位 タッキー2位。

この後・・・・俺のマシンにトラブル発生 スタート出来ず・・・・・・
f0200399_20585990.jpg

予選スタート前 エンジン始動し走行スタートを待ってましたら 急にエンジンが吹けなくなりエンスト・・慌ててイマムラさんにスターターを何度も押し当ててもらいますが始動せずピットレーンへ

そこへ前車検長のアラキさんが来て「また電気系じゃねえの?」とカウル内を覗き込みコイルに接続されていた端子の抜けを発見!慌てて接続し、 皆さん2周目から帰ってきた辺りでコース復帰!

ところが1コーナーを抜けたところでまたもやエンジン不調 カウル内を見ると またまた端子が外れかけてます。 エスケープゾーンに入り片手運転で端子を摘み・・・・コイルの端子に合体!
奇跡的にコースへ復帰出来ました!  こりゃ【今年のLOC富士はエライことにになるぜ!】と全開走行!



結果は去年とあまり変わらず19秒台(笑)。 タッキーは驚きの14秒台でポールポジション!
f0200399_21103411.jpg

決勝までの間 レース関係者の皆さんに「ロケット3は900CCにボアアップしてるで。(怒)」と誰かが言ってましたね(笑)。 なんか直線は俺のマシンの方が速かったらしい・・・・・けど。


決勝レースはスタート大失敗→焦ってダートトラック走法を忘れ終了→1秒だけ縮めて18秒台でクラス3位と微妙な結果。 
クラス1位 総合でも2位で終えた13秒台ロケット3のタッキー選手は遠い存在になりました。
優勝おめでとう! 次戦はお父上のCB72エンジンを使ったレーサーで出るそうです。
このクラスに参加されているライダーの皆さんは違法改造にご注意下さい!(笑)

そうそう 何を隠そう・・トライトンでショボい走りをしていたタッキー選手にロケット3を勧め購入させたのは俺なのです。   「何であの男に勧めたんやろ」と後悔(笑)。
f0200399_20593149.jpg

何だか微妙な結果でブログも平凡な感じになるよな~・・・みたいな感じで進みませんでしたが、、、、 
あの男がやってくれました! オブソリ戦前部長IWABEAMさん!
f0200399_20595875.jpg

1929 SANBEAM-TT80 4台しか作られなかったワークスレーサーらしい。
同じくエイボンレーシングタイヤを新調し気合十分で臨んだらしい。
決勝ラスト1周でリタイヤ 残念・・・ギアボックストラブルだったらしい
皆さんで頭抱えてます(ヤラセ)(笑)
「またギヤを作って復帰します」と閉会式で言ってましたね~。
間違いでしたよね戦前部長IWABEAMさん!
f0200399_2101789.jpg

後日画像が届きました。 バルブが落ちて ピストンに何度も当たり穴が開いております!

嬉しそうな顔して修理している姿が目に浮かぶのは俺だけでしょうか?! 

これやから やっぱ やめれませんよね~(笑)。


*戦前部長が「トライデントなんかよりアエルマッキの方が断然面白いと思う」と言ってました。

どなたか アエルマッキと交換してくれませんか? 宜しく願います。(マジです)
f0200399_17421185.jpg

翌週の6月26日(日)は長野にて FEVHOTS第4戦 が開催されました。
オブソリフラットトラック部からはT中選手とカトー社長が参戦!
無事にレースを終え、今週末のVMX第2戦の準備に取り掛かってるそうです!

ワタクシもRS600Dでエントリーしておりましたが、、、第3戦の片付けも出来ずじまいで無念のレースキャンセル。

やっぱ普通に日曜日だけの休みだと毎週のレース参加はキツイ、、、、、なので、


暫くの間  各種レース参加は月3回までにしたいので 皆様よろしく願います!


by DG

 
[PR]
by clubobsolute | 2016-06-28 18:12 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(4)

2016.05.29 Dead or Ride Classics Meeting

f0200399_21325638.jpg

ヲヲッ! 大阪北摂界隈からは、オブソリを代表してDGだけが参加、かと思いきや、はっしゃんセンパイも2015年筑波以来のサーキットに。


チーム・ブレイヒルの親方師匠は!?
本日、お伊勢さん詣でだとかです。



ならば、師匠に代わって産業スパイ(笑)
f0200399_21354820.jpg
f0200399_213622.jpg

Over Racing会長さまのレーサーのここそこにCB450スペシャルレーサーへのヒントが!
オイルポンプに、マグネトー。
盗撮事後報告、ゴメンナサイ!



今、TJ師匠の手持ちでサーキット走れるのは、C100+C100(笑)
早く見たいな、いちばん手前のコレ!
f0200399_213943100.jpg




この日は、ホンダ率が高いです。
f0200399_21403896.jpg





朝の走行。。。
f0200399_21412519.jpg
f0200399_21414192.jpg

CB450において、レーサーのみならず、我々も少々お世話になってるK瀬さんの出し物は。。。
Honda Drixon CB450。
てづくり~~~
ステキなスペシャル~~~
80年代のモトマルタンとか、フレームがエンジンを抱えるスタイル多かったなァ、と思っておりましたが、Drixonは60年代終わりにして、すでにこのスタイルだったそうです!



ズザー!とフラットトラックでお世話になってる仲間Y村さん。
シブい!バリバリのKZ1000? Z1000 MkII?
f0200399_21475170.jpg

エディローソンばりのリヤスライドが拝めるのかな。



耳にしたこともない、乾いた排気音に目を向けると、そこにはIwabeamさんが。
梅小路からパクってきたのかと勘違いするような、ハガネの乗り物ですね。
f0200399_2150502.jpg

だめです、金縛り(笑)
f0200399_21512975.jpg

凡人一人では操れる代物ではないです、コレ。
でも、ペラペーラ、戦前部長は舌好調(笑)
その楽しいいざないに抗うことなんか、できゃしまへん。。。



(中略)



気を取り直して、コースに戻って。
f0200399_21543860.jpg
f0200399_21544857.jpg
f0200399_21545869.jpg
f0200399_21552476.jpg
f0200399_21554040.jpg





そして、予告通りに師匠登場です。
f0200399_21565983.jpg

天気、神社、イベント、すべての条件が揃っての、鈴鹿片道ツーリング(笑)
それはなぜか? そんなん知りません(笑)

並んだ2台。 50年でこれほど違うとはすごいですね。




午後になると、コースでは模擬レースが開催されます。
観客も少ないし、アツくなっちゃいかんと、自分を抑えていたDGですが。。。。。。。。


よーいどん。
f0200399_222489.jpg

ホール狙いのK瀬さん、一瞬にして臨戦態勢とはこのことですね!

そしてポジション維持。
f0200399_2231650.jpg
f0200399_2233117.jpg

がしかし、Over会長がじりじりと調子を上げてこられまして、射程距離?
Drixonは、K瀬さんがアツくなるよりもずっと、Fブレーキが熱くなっておったのでした。



f0200399_2261962.jpg
f0200399_2263879.jpg

f0200399_229339.jpg

4番手を行くDGも、何度もパスしようと試みますが、う~ん。



そしたら、あってはイケナイ事態発生(+o+)
f0200399_22111945.jpg

誰も見てないところで、カンペキな後輪スライド!
そりゃあ、華麗なステップでしたよー

でも、サーキットでステップは踏まんでええよー
(しかし、うまいな軽やかツイスト)



走って向かう途中、スクーターに乗ったマーシャルに追い抜かれ、到着した時にはこんな状態。
f0200399_22142089.jpg

この日、唯一の転倒だったかも。
いや、転倒じゃないですスライドの結末です
「前ブレーキなんかついてるからこうなるんや!」と言ったとか言わなかったとか(笑)



お疲れさまでしたー
f0200399_22162436.jpg

男の子は、スリキズぐらいじゃ泣かないぞ。

DGやっぱりすごい。


By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-05-31 22:25 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(3)

2016.05.29 死ぬか乗るか、クラッシック

f0200399_2245097.jpg

コースの安全を守ってくれてありがとう。。。 かわいすぎます
戦前部長の吸引力、ダイソンよりもバキュームですね(笑)


エベントの詳細は、のちほど(__)


By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-05-29 22:08 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

2015.06.28 Legend of Classics (L.O.C.) Round 2, Fuji Speedway / Light Weight Class

ではでは、LOC第二戦、ライトウエイトで締めましょっ!!
f0200399_22425153.png
f0200399_2243315.png

農耕民族の土系部員に取っちゃ、無事に終わったFUJIよりも、日曜日の奈良・下市の天気が気になってしまい、浮ついています! 日曜日、オブソリMX練習会を予定してるんです(泣)

缶チューハイがどんどん空いていきます! ホント、天気に翻弄されるウチら。


さ、気を取り直して、LOCライトウエイトに参りましょう!
f0200399_22455911.jpg

新しい師弟関係?
はっしゃんセンパイと、天狗バイキングさん。
バイキングさんのコレクションにはSLはないです。。。未だ。
巷の口のワルい仲良しには、「わらしべブラックホール」などと言われていますが、何十年も経た歴史的オートバイは、気短にチョップするヤカラよりも、純度の高い状態を保ったまま次世代にちゃんと伝える、このような旧車原理主義者の手に渡ったほうがいいワケで。

オブソリテントをいつも心地よく楽しんでくれてます。
f0200399_22494721.jpg

安心してセンパイのサポートをお任せしておりました。
イヤーマッフル、もとい耳カバーはサーキットで必須です!

わたし、もともと他人の言うこと全然聞いてないんですが、LOC参加後、さらにツンボになりました。
かわいいギャルの声しか聞こえません(笑)
↓ 爆音! 耳、こわれます!
f0200399_22513883.jpg


センパイ、決勝では第一コーナーまでスコーンと突き抜けた視界のよろしいグリッドを獲得。
f0200399_22522389.jpg

350ccになったSL、先日の鈴鹿ツインサーキットでも好調さを立証しておりました。


青ランプとともに、決勝スタート!
f0200399_22534712.jpg

f0200399_22535879.jpg

f0200399_22543997.jpg

アタマどころか、何馬身も前に出るセンパイ!
応援するほうも、ウハウハです(*^。^*)


こちらは三速全開!?
キャブどこに付いているのやら?
f0200399_2256277.jpg

f0200399_22564198.jpg

五速(?)のブリヂストンに肉迫されます!

f0200399_22574822.jpg

独走を続けるはっしゃんセンパイ。
電光掲示板には、FASTEST LAP!


f0200399_22585435.jpg

ヴェロセット礼賛。
と思ったら、や~ん、並走してるわJiroさんったら。

f0200399_2305018.jpg

f0200399_231310.jpg
f0200399_2311577.jpg

じつに盤石たる走りでトップ独走のセンパイ。

そして、FINISH。
f0200399_2323752.jpg

「!」

ですが、クラス優勝です。
すばらしい。

f0200399_2333374.jpg

見事な走りを観衆に楽しませてくれたあと、ガレージでたたずむSL350、そしてCB72。
この2台がライトウエイトクラスで競い合ってくれたら。。。とまたも妄想。

一日の最後は表彰式。
f0200399_2353327.jpg

表彰台の真ん中。
自分は一度しか経験ないですが、気持ちヨカですよね!

おめでとうございます、はっしゃんセンパイ。

最後に、馬田さん、RoundaboutさんUK MasterさんRustless Hiroくん、応援とサポート、本当にありがとうございました。

End

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-07-03 23:15 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(4)