カテゴリ:CLASSIC ROAD RACE( 50 )

2013.06.30 LOC 第二戦 FUJI (7)

二台の完走を、皆さんに感謝しつつ、こころから喜びたいと思います。

f0200399_18161831.jpg
f0200399_18163181.jpg


By TOKU

(レポート終わり)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-03 18:17 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(5)

2013.06.30 LOC 第二戦 FUJI (6)

突っ走れ! LOCレーサー!
f0200399_187719.jpg

「ピストンさん、ピストンさん、溶けませんように~」

f0200399_1871830.jpg

「Manxのクラッチ、臭かった~」

f0200399_1873363.jpg

Kさん、ThruxtonとGold Star、どっちが速かったです?

f0200399_1875256.jpg


f0200399_1881663.jpg

Kawasaki H1RASも、次の世代に引き継がれました!
タカズミちっくなツナギがいいですね。
腕にはHONDA、背中にはSUZUKI…(笑)
訊かれたんです、「ブレーキのフィーリングは? 使い方は?」
答えるのが恥ずかしかった。
なんせ、去年はもてぎは豪雨。 ブレーキレバーにタッチするなと言われたので、Fブレーキ使わなかったので。

By TOKU

(つづく)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-03 18:14 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

2013.06.30 LOC 第二戦 FUJI (5)

表彰式フライングのDG。
f0200399_17584550.jpg


見守るDG家族。
f0200399_181866.jpg

明らかになったのは、DGの奥方、御嬢ちゃんのiPhone編集ビデオが、過去すべてのオブソリブログをブッ飛ばすほどの出来映えだったこと。

もうひとつのポディウム。
f0200399_182474.jpg

真ん中のEDANEさんもサワヤカかつニヤニヤな笑み。
悟りの師匠は、解脱したのでしょう、特別賞インタビューでも、決して他人の非を責めることなかったです。
もう、輪廻しないですね。

By TOKU

(つづく)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-03 18:05 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

2013.06.30 LOC 第二戦 FUJI (4)

静物写真です。

いきなりですが、KさんDBD34、すごいブレーキっす。
f0200399_11505727.jpg


DGのTridentと瓜二つではない、BSA Rocket3。
ジャグヮーの牽引で会場入りもスマート。
予選もスマート。
商談もスマートでしたね。
これからは静岡県民だね!
オブソリメンバーのKさんが地団駄踏んだとか踏まなかったとか。
f0200399_1151208.jpg


30年近く前に小川モータースにて塗装したA1サムライ。
パーツのめっきには、ありがたい銅の下処理が。
当時はA1SSだったんですが、A1仕様に変更されています。
f0200399_1156466.jpg


写真を一度見た(Clubman Racer, 1985)くらいで、まさか実物を我邦で拝めるとは…
メナーニのロゴとPマークが随所に。
f0200399_1157564.jpg


「ハイエース、乗り心地よかったよ」 と言ってました? G50。
f0200399_1205888.jpg


Daytona祭りの主役たち!
大将のH1RASも、Fujiに単独行。
昨年の活躍が走馬灯のように…
f0200399_122455.jpg


理由もなく、本稿割り込み。
ふふふふ。
f0200399_1261063.jpg


By TOKU
(つづく)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-03 12:06 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

2013.06.30 LOC 第二戦 FUJI (3)

間違いさがしです。
f0200399_11193581.jpg

んなコトもあるんですね…
あっちゃイケませんぜ…
週間OH最多記録…
悟りの境地にいざなう神のなせる業…

f0200399_11195899.jpg

関西では醤油といえば、うすくちかもしれんですが、これは薄ぅては困ります…

f0200399_11201740.jpg

ノウハウの塊の大先輩がたも師匠以上に動じません。
手も出しますが、口はそれ以上(笑)
愛のこもった罪のなすりあいは、部外者の目には聖人の戒め。

f0200399_11241718.jpg

ホワ~ン。
間違いというか、根本原因が判明した土曜夕刻、モノタロウにさっそく正規品発注かけて…
ホテル近傍の「サガミ」で一次会、ここも間違いが満載のいいお店。
で、二次会はワインを血管注射して、全員じぶんのトロコロイドの作動確認です。

f0200399_11211378.jpg

そしたら、翌朝、トラブル感染の様子…
Sugimotoさん引っ張りだこ(笑)

By TOKU
(つづく)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-03 11:32 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

2013.06.30 LOC第二戦 FUJI (2)

レース写真。

f0200399_8462643.jpg


我々がサポートするヘビーウェイトはというと…
f0200399_852585.jpg

車検をパスしたCB750改、悟りを開いたTJ師匠。
スプロケットを戻したRob North Triton、プレステFISCOはリッターレプリカで走るDG。

f0200399_8532432.jpg

マーシャルカーのすぐ前にたどり着いて、記念写真バシバシ撮ろう、と思ってたんですが、サイドカーが散らしたオイル処理のしわ寄せ。 もう時間が押せ押せです。
レースを走らなかったSさん、奥さま、CB、Trident両車ともおかげさまで走れましたぞ。
(奥さま、一瞬しかなかったチャンスに見事なポーズです♪)

f0200399_849158.jpg

師匠。 CB500改やMatchless G50の時のヒラヒラ感とは大違いのコーナリングです。
メガフォンの咆哮はこの日、MV AGUSTAと競うものでした。

f0200399_8494154.jpg

DG。 最終ギアレシオに一抹の不安を残しつつ、予選の時から抜群に甲高いノートを奏でていました。
直線番長とはいいながらコーナーでも前車をパス。

f0200399_850104.jpg

JeffさんのPATON GP、ツインカムのいい音!

f0200399_8503478.jpg

アグスタF750。 走る宝石、磨き抜かれたのにエギゾーストノートは荒くれ者でした。

f0200399_851151.jpg

CB750のトップ2台。
♯100と♯750の接戦は、予選順位のとおり♯750、CLIMBさんが1位に躍り出て引き離す展開となりました。
これまでのLOCでも出走していらっしゃいましたが、今回は絶好調でしたね。
土曜日のCB750改の整備には、勝手に巻き込んでしまいました。
ありがとうございました。
f0200399_8512541.jpg


次戦では、師匠のCB750改が絡むレース、熱望!!!

By TOKU

(つづく)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-03 09:12 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

2013.06.30 LOC 第二戦 FUJI (1)

1970年当時のモーターサイクリスト誌に見入るTJ師匠。
紙モノマニヤの天狗スピードクラブのバイキングさんがお持ち込み。
f0200399_7402039.jpg

「当時からケムリ吹いとる」
今回のLOCは、スモークがキーワードでしたね~。

師匠、それよりも車検を!!

f0200399_7404775.jpg

という訳で、車検長みずからパドックに御足労いただきまして、輝ける車検ステッカーを激貼り!
ここに至る道は、人間の持つあらゆる感情を包含した、まるで伽藍のような複雑なものでしたね。
怒り、あきらめ、涙、恨み、プチ喜び、奈落、放擲寸前、散財(!)…

しかし、一番の頂に燦然としていたのは、師匠の「悟り」でありました。

f0200399_7413418.jpg

また、美しい友情もそこかしこに。
いやいや、友でなくても手をお貸しいただいた方、数知れず。

f0200399_7415642.jpg

さ、Ready for FESTIVAL of DAYTONA、Ready to Fire、Ready to Race、Ready to Win です~

By TOKU
(つづく)
(画像サイズ小さい?)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-03 07:52 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

DAYTONA祭り、LOC第二戦、富士スピードウェイ

祭りだワッショイ♫
f0200399_11115688.jpg

心地よい疲労感…

By TOKU

(ぼちぼち続く)
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-01 11:13 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(0)

日曜日はDAYTONA祭り!そして明日からエンジン解体!

レース主催者のMCFAJより
6/30のエントリーリストが発表されたんやけど ビックリちゅうか唖然!
えらい事になってきましたぜ 旦那!
f0200399_20225650.jpg

発表されるまでは 俺(TRIDENT) 師匠(CR750) 大将(H1R) テッズ(KRTT)の4台でのDAYTONA祭りを開催する予定やったんやけど・・・・・
f0200399_2031417.jpg

f0200399_20322724.jpg

f0200399_20401462.jpg

ハーレーXR750×4台にMVアグスタ750ほんでPATTON500にROBNORT ロケット3!!
興奮の70年初頭クラシックレーサーの祭典に為る予感!
お盆の菅生で燃え尽きる予定でしたけど 日曜日に燃え尽きそうです!

おまけにワタクシ事ですが参加クラスのヘビーウエイトBは突然の14台エントリー!
LOC第1戦 同クラス表彰台に立った2名のライダーさんが今回無念の欠場らしく 4位だったワタクシは当然 全自動でIBレディから祝福を受けるはずだったんですけど・・・全自動では
如何考えても無理ですね(笑)。 皆さんと一緒に走れるだけで良しとしましょう!

連日のオッサンの整備風景もアレなんで・・・・本日 岡山国際サーキットで初めて前に進んだCR750 
記念動画なんぞ どうぞ! 



*予定では明日6/26 オイルトレ―製作、各部ワイアリング、ゼッケン取付
 翌日6/27 再エンジン降ろし 再エンジン解体 各部パーツ交換
 翌々日6/28 再再エンジン組立  完成!
 6/29 富士入り 最終調整だそうです(爆)!

  
[PR]
by clubobsolute | 2013-06-25 21:30 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(11)

HONDA CR750

どうせ雨やろ・・・・。と 最近 天気に見放された我々に久々の快晴!岡山国際サーキット
f0200399_20384172.jpg

6月30日 富士サーキットにて開催される【DAYTONA200日本(同時開催LOC)】に向け15年ビニールに包まれ保存されていたHONDA CR750のシェイクダウンです!

当方はHONDAレーサーに疎いのでよく判りませんが 1970年DAYTONAでDick mannが乗っていたのとほぼ同じマシン!(たぶん)。
f0200399_2172458.jpg

1970年台前半 「CR750の100PSに対して軽量な車体と優れたフレームで当時ほぼ互角に戦った70PSのTRIDENT!」って本で読んだけど・・・・物凄くコンパクトやないのCR750!


1971年DAYTONA200
♯110 Gary fisher(CR750) ♯20(俺!)Mike Hailwood(TRIDENT)
f0200399_21164063.jpg
 
1970年DAYTONA200
f0200399_2123525.jpg

f0200399_21271172.jpg

てな感じで1970年~のDAYTONA気分で盛り上がってきたど~!
f0200399_2136934.jpg

さあ初乗りや~!と9:00からの走行枠に合わせ火入れしますが問題発生 クラッチの切れが悪くエンジンスターターでクランキング出来ません。新クラブ員カト―さんも応援に駆けつけ3人で押し駆けしますが体力の無いオヤジが押せる回数は限られます(笑)。1本目は諦め クラッチの分解整備です。
f0200399_21432255.jpg

クラッチ整備するも現場では工具も不足してあまり改善ぜず・・・・
今度は練習車CBX250で牽引したもののエンジンに火が入らず・・・最後はCBX250のリアタイヤを押し付け250㏄レーサーのパワーでCR750をクランキングさせます・・・・・。

何とか火は入りましたが吹け悪し⇒ ポイント交換 点火時期調整を行い 改善の兆し!
しかし如何も2番キャブが詰まっているみたいで本日の走行枠は終了。 

f0200399_21553864.jpg

問題点は見えてきたので6/30には快音が聞けるやろう!と笑顔で記念撮影。


結論・・・ そりゃ15年ちゅうたら まだ赤ちゃんやった下の子が【付けまつ毛バチバチ】の女子高生になる位の年月です。 キャブも詰まりますわな~(笑)。


by DG
[PR]
by clubobsolute | 2013-06-07 22:53 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(9)