カテゴリ:ツーリング( 26 )

日本海パトロール

75 kphの心地よさ。
フフフン♬と唄うエンジン。
たまには、海を眺めに。。。

f0200399_14212102.jpg
帰り道、亀トラで大休止(笑)

By TOKU

[PR]
by clubobsolute | 2017-05-02 14:26 | ツーリング | Comments(0)

忘れかけていたツーリング

思へば、2015年3月がこのキャテゴリー「ツーリング」最後の投稿でした。

TJ師匠、DGの、「やればできる子」ぶり。 あのときに全て出し切りました(笑)

f0200399_2111092.jpg

第2集合場所。 あんなに黒い雲がいたのね。。。



宝塚から、山ン中を駈けめぐり、はぐれて凍てついて、休む間もなくオシッコする間もなく、ですよ全く。
なので写真限りなくゼロ!


ですが、肉は肉らしく、胃の腑の中で爆燃いたしました。 ここのハンバーガー。
f0200399_21141269.jpg

ひと口目も、最後のOneバイトも、変わらぬ美味さ。
一緒に挟まったアボカドも大活躍!
バーガーの写真? すんませんありまっかいな。



f0200399_21223681.jpg

デカンショ街道を東進する連隊の眼前に幅300メートルの見事な虹が浮かび(写真はイメージです)、うっとり見惚れる心の片隅には。。。
オレ達、太陽を背に爆走中。
      オレ達、目の前に虹が見えてる。
            オレ達、雨雲に突入していくんやな(汗)



予想的中、鮮やかな虹の代償は、冷たい雨。
f0200399_212419.jpg

頻尿対策で我慢していたコーヒーにすがります、ホッ。


冬のライディング、今回も防寒のお世話になりました、神戸のMax Fritz製品。 ハイテクです★
暖パンツ、暖インナーブルゾンに加え、今回はグローブも。
手持ちの冬用手袋すべて、擦り切れてあちこちにエアインテーク状態だったんで。。。
f0200399_21303532.jpg

寒さ対策。。。首元は、とっくりセーターで万全と思ってたのが、いつの間にか歯を食いしばるライディングになっておりました。

マフラー欲しい!

ということで、乏しい写真はマフラー特集(__)
f0200399_2131666.jpg

左出しアップ・ピーシューター。


f0200399_21315376.jpg

サイアミーズ(Siamese)。(かっちょええけど、これはネーミングが好きじゃないので小フォントで)


f0200399_21322265.jpg

Norton印入り、リバースコーン。


f0200399_21325441.jpg

ラジアル※※


f0200399_21333182.jpg

連結トルク増量。「アイドリングも付けときましたよ(笑)」



寒いし、16時だし、暗くなったら手信号見えなくてコワいので、とっとと解散です。
f0200399_21352366.jpg



寒さ知らずの英車乗りの面々、そして、参加できなかったメンバーも、トータル5分くらいしか姿を見なかったカトーさんも、お疲れさまでした~

1月になったら、陽光まぶしき瀬戸内に走りにいくぞってか??


By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-12-12 21:47 | ツーリング | Comments(2)

オブソリ・にわかツーリング部(笑)

シーズン開幕に向けて、モトクロス練習会でしっかり走ろと意気込んでいたのに、前日の雨に心折れる…
しかし立ち直りが早いのんき者たち。
篠山の山ン中を甘く見ておりました。さぶっ。
f0200399_20584574.jpg

ピザ食って、神社の話して。。。

DG 「一年分走ったわ。 今年最後の遠乗り。」
TOKU 「せめて、本年度最後の遠乗りにしようや。」

TJ師匠も、DGも、やろうと思えばできるねん、ツーリング(笑)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-03-08 21:02 | ツーリング | Comments(5)

2015.02.21 カオライド(仮称)

1月がイハライドなら、2月は女子部長プレゼンツ・カオライド ♫
f0200399_2222414.jpg

モーレツに楽しかったイハライドですが、反省点も少々(笑)
なので、部長さんからアヤちゃんに、愛のOJT ♡
アヤちゃんはYDSで、橋頭堡を築くべく、遠慮なしに隊列前方を突っ走ります。
ケムイや~ん。
でも、トンネルに吸い込まれると、後ろを走る我々は恍惚。
高周波の二サイクルらしい、みゃみゃみゃ・・ミャア~ンの雄叫び、いや雌叫びか!
f0200399_2227264.jpg

カオリンのヨン様CB450K1も男前ですが、YDSも負けてません。
東京オリンピック開催の1964年生まれ。
f0200399_2228396.jpg

7人で出発しましたが、日生(ひなせ)名物のカキオコ屋「たまちゃん」についた時には、2人が大幅に遅れておりました。 2人とも男なんでほっといて、5人でいただきます。オブソリブログご法度の食い物フォト(ありえない)。 でも、これがウマい。 オリーブオイルを熱い鉄板にひいて、焼きあがったら仕上げはソース半分、残り半分はうっすらピンクの岩塩。 そう、ここは地中海。
f0200399_22312469.jpg

カキオコ食べて20分走って、粉モンのハシゴです。
後退していた2人も合流。 しかし7人なのにオートバイは6台に減ってる(笑)
遠く小豆島を望みながら、にわかシェフがピッツァ・カット。
さすがに人気店。 うみゃい。
女子部長いわく、食ってばかりで走ってないツーリング。
f0200399_22351416.jpg

道の駅で、並べる。
日本車3台。 イタ車1台。 ドイツ車2台。
(英車は姫路のショップへ。。。)
f0200399_22364599.jpg

オブソリ主体ではありませんでしたが、天気にも恵まれた遠乗りでした。
土曜日開催だけに、人数は少なめでしたが、次回は日曜日にやるそうです。

お誘いを受け取ったキミはラッキーだヲ!!

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-02-23 22:42 | ツーリング | Comments(5)

2015.01.10 イハライド Vol.1

先のDGの投稿にある年間予定表。
そこに載ってない裏メニュー、それがイハライド。
ごめん! DGもTJ師匠もT中さんもテンチョーもイシダマルコくんも、芳ぼんもロッコちゃんも参加してないイベントからスタートです。

北の椅子とパーキングに集合したのは1台を除き昭和のかほりを漂わせるオートバイたち。
四気筒: 1台 (JPN=1)
三気筒: 2台 (GB=1、Italy=1)
二気筒: 8台(!) (GB=5、JPN=2、Italy=1)
f0200399_22171068.jpg

冴えわたる4°Cの空気を喜ぶ空冷エンジン10基と油冷エンジン1基。
定刻9時に出発。
f0200399_22181291.jpg

走ること20分くらい? 
f0200399_2219454.jpg

一回目の休憩。 すでに隊は分裂しておりました。
今日のツーリングを予感させる、ペースの合わなさ(笑)
集合場所ではもちろん全員揃いました。
休憩までの時点で、ガソリン入れに行くのが2台くらいはぐれて…
初めてお目にかかった、1970年でしょうか、Triumph Bonneville T120RのNさん。
Griffin Clubmanヘルメットかぶってらっしゃってビックリです。
自分が30年チョイ前に使ってたのは、もう頭さえ入りませんアタマデッカチ(笑)
f0200399_22231887.jpg

揃たと思たら、サァ出発。
誰ぁれも後ろ振り向きません。

神戸の第二神明道路から垂水ジャンクションを経て、明石海峡大橋へ!
落ちたら海です。

橋に出る前に、安全なトンネルでFCRにモノ言わせてお先に失礼!
そして、料金所出口で。
f0200399_2226375.jpg

ツアーガイドAYAチャン。
マシンはTriumph T160 Trident。
Max Fritzの防寒ヂャケット最高!とホントに嬉しそう。
防寒パンツまではMax Fritzで揃えられんかったそうで、スポンサーの皆さんよろしく、ということで。
f0200399_22283781.jpg

ナセルのBonnevilleのUK Master氏と、W1SAを駆るオブソリプリンスHiroくん
初めて一緒に走らせてもらいます、よろしくお願いします!

淡路島上陸後、海沿いの国道28号に出るかと思いきや、山ん中へ。
Hillyな地形を縫う道は、すてきな弧を描いていて、左右を流れる景色も刻々と表情を変えます。
でも左右ばかりでなく、たまに彼方に現れる水平線と白波はまるでマン島。
師匠もG50で走って欲しい。。。

でも、日本の島の道は閉塞感満点(笑)
f0200399_22372632.jpg

「明日はどっちだ」
ってか、今日の目的地にイキたいですよ。
f0200399_2238877.jpg

オッサンのプレッシャー浴びまくりのガイドAYAチャン。
相談相手は、オッサンよりも優しいスマホ! 
f0200399_2239466.jpg

自分を含め、オッサンはタンクの上にもアタマの中にも、地図はございません。

しかし、淡路島の内陸。 かように手ごわいとは!
f0200399_22415587.jpg

竹藪の向こうにどっちつかずの分かれ道。
道路はコンクリート。 じつにアヤしい。
しかし、バックギアのない旧車なので、前進あるのみ。
結果。
f0200399_2243616.jpg

数キロも続くその道は、民家へ続くみち。
つづら折れの斜度30度を下り損ねると、ねえアナタ。
この場面のクダリは、こちらに詳しいです。

健気にがんばるAYAチャンを補佐すべく、必死にマップルとにらめっこする女子部長カオリン!
f0200399_22464972.jpg

しかし、マップルに表示されてない道を、走り過ぎたんだね、ボクたち。。。 青春やなぁ。

このあと、はぐれまくり、迷いまくり、キトーさんのナビでやっとこさ第一目的地である伊弉諾(イザナギ)神社へ。 先発隊はすでに参詣を済ませておりますが、我々のんびり隊は30分以上遅れ。
f0200399_2249086.jpg

喪中のメンバーは、神社には詣でず待機。
ラベルダには地図は積んでおりますが、なにせシート上なので、最後まで見ることなく。。。

神社でも気がつけば先発隊は轟音と共に遥か彼方へ。 どんだけイラチやねん(笑)
f0200399_22515325.jpg

初ショット、女子部長 & イハライド企画兼トライアル部長の迷いなき走り!
OHV3気筒に追随する「打倒英車」DOHC2気筒。

ですが、すぐに迷う。
f0200399_22535716.jpg

キトーさんのナビも迷う。
後ろではカオリンがマップルに相談。
では、参りましょう~
f0200399_22551356.jpg

f0200399_22552390.jpg


ですが、なかなか鳴門海峡とか、鳴門大橋とかが見えてこない。。。
f0200399_22561415.jpg

で、運よく、通りかかった地元のおじさんに。

そして、おじさんの好意で軽トラについてく旅人たち(ぜんぜんカッコよくないですね)
f0200399_22573826.jpg

ようやく、目的地に近づきます。
f0200399_2258182.jpg


(中略)
(ごはんの写真も略)(だって師匠がレースに持ってきてくださるソースかつと同じでしたもん)

f0200399_2259226.jpg

やっとこさ集合写真(笑)
f0200399_225942100.jpg

また軽い英車が欲しくなりました!
このあといきなり解散、下道組、高速組に分かれます。

〇〇さんは高速でガス欠になり。。。
xxさんは、クラッチトラブル? クルマを取りに行き、橋を二往復したとか。。。

自分は、風圧で首がやられ、クラッチとハンドルで両手首がやられてしまいました。
来年までツーリング行かなくてケッコーです(笑)

大変でしたけど、いろいろ積み重なったオモロイ出来事に、思い出し笑いを禁じ得ないツーリングでした。
いや、これはツーリングなどという狭義なものではなく、2015年発祥の新しい旅のスタイルです。

オートバイに乗って、神様に会いに行こう!

プランナーAYAちゃん、お疲れさまでした! かつてブライアン・イーノとか「実験音楽」というキャテゴリーがありましたが、今回は「エキスペリメンタル・ライド」でした。 そう、実験は回数を重ねないと結果が出ないので、Vol.2、3、4。。。と継続してちょうだいね! 

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-01-10 23:22 | ツーリング | Comments(14)

オブソリ女子部、熱波ツーリング @華氏100度

今や全国ブームの旭風防のファッションリーダー、ご存知元祖女子部員であり、いつのまにか(笑)女子部長に昇進したカオリンが朝練企画。
布タレをつけないのがミソらしい…
f0200399_6311550.jpg

手前のTriumph Tridentは、初トライアルを夢見るAYAちゃん。
日夜の激務にいっさい弱音を吐くことないですが、最近、勤め先はひょっとしてブラック?みたいな。

朝練とかけて朝蓮。
見ごろの蓮を見に行くというプラン。
なので、早起きして7時に集合。
f0200399_635597.jpg

英車6台に囲まれる日本車1台(そーです、CB450K1)。
女子部長が我邦の威信にかけて守れるのか、橋頭堡。
でもCBも混じってしまえば、英車に溶け込む? なんたって基本クローム&ブラックですからね(笑)

f0200399_6401380.jpg

オブソリから少し離れたところに、紅色の機影…
赤い旅団!? 15年の老舗クラブ、イタリーモトクラブじゃありませんか!

ソッコー、カーキのジャンパー男たちが囲みます、ウエストサイドストーリー。
f0200399_6413268.jpg

一触即発(笑)
いやいや、先日XL175K1で華々しくVMXデビューしたSILKちゃんの親衛隊な、園やん(ルマンⅡ)と、Yさん(モトグッチ・スポルト)です。
で、当のSILKちゃんは、高速道路を間違えてしまい、広島方面に向かっております(!?)

f0200399_643505.jpg

赤い旅団には後ほど合流してもらうことにして、7台で琵琶湖の蓮群生地へ。
7台中2台がギャル!

ですが、一回目のハイオク補給に於いて、7台が6台に。
誰ぁれ~? 
そりゃ、キマッてますがな、TETSUさん…
リヤアクスルナットが、なくナットるとかで、戦線離脱(涙)。 京阪電車おけいはんで撤退、京橋で朝から一杯やっていました(ウラヤマ)。

補給中も、ヤキモキするカオリン。 
蓮の花は早い時間に見ないと… 
なのに♯160がヘルメット脱いで談笑している… 
早くイキたいの、あたい… 
あ~、みんなヘルメット脱いだ…
そんなのんびりペースに舌打ち、ちっ

f0200399_6502291.jpg

いやぁ、みごとです。
水面から立ち上がって大輪の美しい花を開く、ハス、ハス、ハス。
オッサンは、「なんで女子は蓮が好き?」
別のオッサンは、「レンコンの串カツはイケる!」「追加発注数知れず」

f0200399_6524727.jpg

ありがたい木陰を見つけ、英気を養っていると、イタリーのモテ女とモテ男たちも到着、さらにマッタリします。
ここで、女子部員三名揃います。
写真には、「朝が最も似合わないバイク屋(カオリン談)」も。(笑)

f0200399_6551499.jpg

ちゃんとした、ツーリングクラブみたいですね!!!

f0200399_6554942.jpg

赤い旅団はセパハン軍団。
SILKちゃんの後ろを走っていると、前傾姿勢がすごくて、お尻の上にヘルメットが載っています
園やんのRubyヘルメット、軽いなァ、欲しいなァ。

琵琶湖の湖岸道路を50キロばかし北上、目指すはクラブハリエ。
オッサン企画にはない選択肢です。ほら。
f0200399_658151.jpg

うまいパン、味濃いオムレツ。

その隣では、「鳥人間コンテスト」
(まだ、やってたんですね、この画像と一枚目はカオリンのをいただきました)
f0200399_6594087.jpg


また記念写真。
f0200399_711933.jpg

そして、蓮を見て悟りを開いたヒライアンさんが、ヒライトンに改名(?)
f0200399_721737.jpg

ヒライトンのトンはノートンのトン。


朝練の締めくくりは、某所の納屋にて。
f0200399_725688.jpg

「Kohey、オトーチャンは本当はキカイダーやったんや」
え? エンジンが違う? 
目黒の太陸モータースがW1S純正サイドカーの製作の合間に作ったサイドマシンです。

彦根からの道中は灼熱のアスファルトとの対話を堪能。
向かい風はシロッコを想起させます(アフリカ行ったことないけど)。
こんなクソ暑いのに、ゲリラ豪雨なくて良かったです。
誰かが言ってた、「7月のツーリングって、こんなに過酷やったかな」

女子部長によれば、このブランチツーリングはシリーズ化が決定だそうです。 
オシャレな場所はこっ恥ずかしいけど、美味いものは美味い、ということがわかった野郎どもも黙ってついていきます! 
頼むで、カオリン!

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2014-07-27 07:10 | ツーリング | Comments(6)

迷走QUEEN @Max Fritz Kobe 遠乗り会 (4月27日) 文章追加あり。

はい、裏番組担当のTOKUです。


同日は、DG、TJ師匠は鈴鹿Fun Run Dayにてナガタ大将、Tanjiさんのサポートでした。
また、オブソリ第一工場Tigerworksでは、雑誌の取材を受けつつ、血気たぎるキラーツーなる遠乗り会を決行しておりました。

ではこれより、視聴率に喘ぐ裏番組の始まりです。
f0200399_1542826.jpg


マックスフリッツ神戸店の上客だけが招かれる、「春の南伊勢もとい紀伊長島ツーリング」に、担当者、TETSUさん、カオリン、芳ぼんがオブソリ代表で潜入。 針テラス集合、飯高、勢和多気、紀伊長島あたりをサラッと流すツーリングです。

サラッと500キロ(笑)

集合場所までがすでにツーリングの芳ぼん。
高齢を理由にするカオリン。 (オートバイの事です)
公害反対を理由にする担当者。 (未必の故意)

彼奴ら三匹は、あることを密かに、企みます。
が…

f0200399_1562066.jpg

これがウワサの、油冷ナナハン。 ショッキングでしたね、登場時のセンセイションがまるで昨日の事のようです。 フルフェアリング、フィンが繊細な油冷エンジン、マーチン号以来の二眼ヘッドライト。 騎手はTETSUさん。 定番事件の予感が打ち消せませんが、和製80年代車は安心感が高いですね。 ピアノブラックのR100RSの芳ぼん、歯ぁ白いね。

f0200399_15112757.jpg

「さ、みなさん前へ! どうぞお先に!」
と約20台のオートバイがどんどん道を滑って行きます。 このCB1100ですか、せっかく先に行かせたのに、マスツーリングの掟をご承知無いらしく、ちんたら間が空きましたのでラベルダ機は前に。 そのあと、休憩時に「エラい煙り~」とノタマウ(!) だから先にどうぞ、と言いましたら、そんなつもりチャウねん、とおっしゃいますが… 私は忘れませんよ。

(被害者はテンチョー一人で十分!?)

新緑がまぶしい山ん中、隊列は順調に。
f0200399_1534776.jpg

レーサーレプリカ(というより耐久レプリカか?)のGSXR、生き生きしてますね!
トンネルの高回転絶叫には、少年たちみんな悶絶

f0200399_15351339.jpg

しかし街路になると、セパハンは中年をいじめます。
アレ? セパハンじゃない人もいじめられていますね、Lroccoさん
車検上がりで快調のMoto Guzzi、お尻が薄いので赤ムケになってなければ、いいですが。

おや、前方にはハングオンのミセスも(失礼)。

f0200399_15384397.jpg

途中の休憩。
ミセス・ぴー+は、普段は自分が運転するオートバイのピリオンシートが思いのほか窮屈で、ひそかにH-DウルトラのKing & Queenシートを狙っています。
せっかくの休憩なのに、やることがなくてボーゼンと立ち尽くす(かに見える)TETSUさん(笑)
クリープのないコーヒーって、このことですね(笑)

f0200399_1542451.jpg

「AMALIEじゃなきゃイヤだ!」と、スイス製オイルの匂いになびかないテンチョーも前にやります。
プランナー丸投げは盤石。 自分では一切計画しないのもいつものとおり。

カオリンは優しいので、つぎの遠乗りのときはアロマを注ぎ足してくれると言いました。
ガソリンタンクに角砂糖、でもいいのかな。

f0200399_15434174.jpg

初参加のH-Dレディに、AHO顔で惨敗なカオリン。
何かの予感?
虫の知らせといいますか、XX年ぶりに買ったツーリングマップルの見すぎといいますか…

f0200399_15454545.jpg

そーです、ツーリングには仕切る人が欠かせないのです! VENさん校長。
三年ぶりと思えない仕切りテク~~~
我らのアイドル、鯨BOYの愛車は「ベンさん」という名前で、それは何故かというと、便所サンダルと同じ形状、同じカラーのロータリーエンジントラックだからです。
ボクたち中年高校生は、校長センセについてけば間違いが起こりません。 補導もされません。

f0200399_15475226.jpg

見る者の目が$$$マークになってしまう、フルカスタムBMW。
(みんなぁ、もっと褒めてあげようヨ)
Fフォークのつま先でラベルダが一台買えます(笑)

「相当思い込みがないと、ここまででけへんよね」
「それを言うなら思い入れでしょが」
「え? 思い上がり?」
国語は赤点なTとKとY。

このマシンは些細なことで、HHCメンバーのMAGNI愚連隊の鬼の検閲と整備を受けたのですが、テンチョーも自分も動きの悪いシフトリンケージを見て、「私の腹ラードをどーぞ。」とドナー申し出。 CRCよりも、うんとすべります。

f0200399_15524156.jpg

ツーリングに出る前に、必ず接骨院の予約をいれるという、たておちさん。
お久しぶりに顔をみれて嬉しかったなァ。
奥様のミセスたておちがラベルダのマフラーに鼻を近づけたので、「死にたいのか!」と怒鳴ってしまいました。

f0200399_15541078.jpg

この日の遠乗りは、ビキニ自慢というのがサブテーマだったようです。
男のビキニはイマイチですけど。

f0200399_1655141.jpg

続々出発する隊列にはTETSUさんも。
3000rpm以下の表示がないタコメーターの針、どんどん躍らしてやってくださいね!
スピードメーターも、80km/h以下は表示がないという都市伝説…?

f0200399_1683118.jpg

ライラック・ランサーVとチャイまっせ! 
と突っ込みたくなるところですが。
青い稲妻、MKさんのMagni Guzziです。
何度見ても、写真に写しても、遠近感がこれほど狂わされる組合せ、ないですよね。
1000ccのVツインエンジンが、125ccに見えます。
それを他人事のように見送る、芳ぼんとカオリン(笑)
この時点でまだ、全行程の3分の1も走っていないことを知っていたのは、主催者yamamotoリーダー、くっつき虫テンチョーだけのはずですが、オンナの勘が鋭いカオリンは、ツーリング告知のBBSですでに途中脱落宣言。 最新マップルで楽しい道を探し、蕎麦でも食って帰ろう、という魂胆です。
それに便乗したのがワタクシと芳ぼん。

f0200399_16161527.jpg


f0200399_16163477.jpg

田舎の三ケタ国道を舐めていました。
昼間でも暗く、九十九折れのイケズな急坂道に気を取られ、落ち武者狩りの追手がヒタヒタと忍び寄るさえ知覚せず。



そして、餌食になったのは…
f0200399_16201920.jpg

舞洲で500円で買った旭風防がクッションになり、ライトケースとメーターを守ってくれたようですが、左ウインカーだけはロンパリになって、スタンションプレートを追い込みます。 真後ろにいた芳ぼんが出来事の現認者。

どなたか、CB450K1のライトステー(L)譲って下さい(__)

超微速走行でしたので、大きなダメージはなく、本人も膝をしこたまぶつけてそれが痛むだけ、なんとか走れそうです。 ヨン様(CB450)は関係ないのにオイルを漏らしています。 浮いた砂にいきなりタイヤを取られ、あれよあれよと滑りついた先は、背の高いパジェロのエンジン下(!) 

もうちょっとスピードが出ていたら… 暗いブラインドカーブでパジェロに喧嘩を売るところ? 
相手が乗用車だったら… 下に入れず突き刺さったところ?
落ち武者狩りに負けなかったカオリン。
気持ちが平静に戻ると…
f0200399_16261035.jpg

カオリン泣きやめ、とばかりに芳ぼんが踊る。

f0200399_16282266.jpg

先頭のカオリンすっかりチョチョまってしまい、蕎麦屋に向かうはずが謎のトンネルへ。
ショックで地図が頭から吹っ飛んだ? 
霊界のトンネル、まだ気配を感じます、後ろに落ち武者狩り。
出口はどこだ~

f0200399_1630449.jpg

這う這うの体で里にたどり着いたころには、遅咲きの八重桜が。
アヤしい三ケタ国道に入り込んで、蕎麦屋への道も間違え、到着するころには別の心配が。
「あのお蕎麦屋さん、なくなり次第終了なんですよ」と。
手負いのカオリンが顔をヒクつかせて言いにくそうにボソッとしゃべります。

ちなみに、いつものMFツーリングは、お昼ご飯の時間がめっちゃ遅いんです。 「オレ達、良い時間に蕎麦食べられるね」だったはずが、たぶん本隊よりちょびっと遅かったかもです。

迷走に疲れ果て、遅いランチで緊張の糸が切れた我々、走りきった感満載でまたも針テラスへ。
f0200399_1637890.jpg

ヒザの怪我も心配やから、帰ろかね…
よい子は早く帰ってビール飲も。

女子部員はしきりに、「こんなツーリングになってしまって」的なことを繰り返し言っていましたが、逆に、「こんなツーリングは行きたくても行けない」よ。 大ごとにならず、自走で帰れたことに感謝ですね~。

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2014-04-30 16:48 | ツーリング | Comments(11)

昭和89年弥生月

なかなか平成の年号に馴染めない…
(お断りしておきますが、激務の天皇皇后両陛下には最上の敬意を)
その平成もあっという間に26年ですか。

f0200399_18423732.jpg

先週、2014年シーズン前に、CCMのノーマルステップをトゥルントゥリンからギザギザに改造。
素材選定→裁断→削孔→塗装→組上げまで一気にしてくれた亀トラ工場長にお礼がてら。
この日は生憎の天気、旬も終わろうという岡山日生(ひなせ)に牡蠣を食らいに行くプランがおじゃんになったケンタウロスMK氏を誘いました。

新御堂筋~箕面トンネル~R477のワインディングを走りながら、しっかり荷重をかけて走れば、硬いサスペンションもしっかり仕事してくれることを発見。

(まだ)借り物のCRキャブは古いデロルトの2倍、3倍とも思える怒涛の力を与えてくれます。 このままつけておきたいですね。

とは言いつつ、70年代生まれのLaverda。 前を行くFCR、フルエキ、40数パーセント軽量化されたフライホイールの90年代マシンの背中はなかなか小さくなりません。

途中スワップ。

LeMans III以来のプッシュロッドVツイン+シャフト体験。 しかもパラレルグランモは初めて。 良く調教されたカスタムMagni 1000はアスファルトの粒粒までお尻に伝わるダイレクト感です。

f0200399_1853851.jpg

運が良ければ、ふらっと乗りつけて来られるこんな赤いアルファに刺激をいただけます。

昭和やなぁ~。と思ったらMAGNIは平成生まれ?

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2014-03-02 18:58 | ツーリング | Comments(11)

第二回Max Fritz Kobe つけ麺ナイト

ACTSにも行きたかったし、二週間後の菅生に向けてMX練習もしたかった週末ですが、負けずとも劣らぬ優良企画に巡り合えた7月27日(土)。

筋の良い顧客が多いマックスフリッツ神戸店の不定期エベント。

三国で集合して、三国でつけ麺食べて、三国でお茶する、という我が地元完結です。

f0200399_13172935.jpg

排気量不問との特別条件により、1969年型T90を選択いたします。
なにせ、集合場所まで800メートルほど。

f0200399_13183371.jpg

集合時間までのひととき、ここで一杯ひっかけたくなります。
チャリにすればよかった。

f0200399_13193127.jpg

主催者のテンチョーは神戸からコレ。
お尻をいぢめます(笑)

f0200399_13214037.jpg

同店スポークスマンのK極さんは、集合場所のイーグルボウルに引っ掛けて、AMF暗黒時代のアイアンH-Dでやってきますが、表情はそのシールドビームよりも暗いのはナゼ? 自分もK極さんのように田舎で安穏と暮らしたい。

f0200399_13234861.jpg

今回は、ゲテモノの集会ではないはず!? いやいやマニヤックじゃありませんか。
旭風防もロングでイケてます。

f0200399_13251050.jpg

最近まで、購入選択肢の真ん中にあったR1-Z。
二年以内に、やっぱり買おうと決意いたしました。

f0200399_13254563.jpg

灯台下暗し。 近くにこんなに美味しいラーメン屋さんがあるとは。
たぶん、ラーメン気違いの息子は知っているでしょう。

f0200399_13271036.jpg

R100RSとかCBRとかの、まっとうなオートバイもいたです。
ウルフでCBRを千切ったときは快感でした(全然ついてこない)。

煙いから。

f0200399_13281657.jpg
f0200399_13282745.jpg

ウルフを駆るテンチョー。
AHO顔、ナイトバージョン。 いつもありがとう。
1960年代スポーツ車の魅力が分かってもらえたでしょうか。

f0200399_13302219.jpg

最後はカフェバーでうまいアイスコーヒーを。

総走行距離3km未満の夜走りでした。

モトクロスに向けての練習にはなりませんでしたね…

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2013-07-28 13:35 | ツーリング | Comments(8)

2012. 11. 03 - 04 Max Fritz 秋の遠乗り & Laverda Club Japan ミーティング

11/3 (祝)、11/4(日)はツーリングマイスターMr. Yamamotoのプロデュースによる、マックスフリッツ秋のツーリング… それにLaverda Club Japanの男芸者が潜入いたします。

f0200399_045149.jpg

いつも以上に紳士淑女が集い、お互いの再会を祝し、旧交を温めつつ近況をシェアする和やかなムード。 95%はそうなのですが、5%は「晩秋のツーリングは冷えて冷えて、トイレが大変だねえ、ジョンジョロリン」とか初老のペーソスも漂います…

f0200399_7102726.jpg

ラベルダの煙の臭さに、まるで2サイクル車のように最後尾を走らされます。

f0200399_082027.jpg

先日Trackmaster Nortonで鮮烈なVMXデビューを果たした苦労人tetsuさん
ローソンの物陰でめっちゃアヤシイ挙動です。
粘土せっけんがすべてを物語ります。

f0200399_0101369.jpg

気温はめっきり下がりましたが、この空! 
主催者の懺悔の声が天に届いた、祝福されるべきこの日!

f0200399_0123246.jpg

主催者。
前夜、R100RSを左右均等にコカし、シリンダーが持ち上がってしまい、あわてて赤チンを塗ったらこんなんなりました、とさ。

f0200399_014351.jpg
f0200399_0143297.jpg
f0200399_0145943.jpg
f0200399_0151143.jpg

Bonneville T120Rも絶好調のようですね。
オートバイらしい姿を守る名車のオンパレードでもある、このツーリング。
台数が多いのも特徴です。
ですから、ついつい休憩が長引いたり、後続待ちでお昼ご飯はだいたい2時ごろ。
そのランチが期待以上のおいしさなんです!
また、大型オートバイを意のままに繰る淑女ライダーたち。
集合写真では悩殺ポーズでオッチャンたちメロメロ。

f0200399_0221267.jpg

このステキなかたは、労災申請(整骨院)のために、加害車両の撮影に忙しいのですね。
真後ろからは、テールカウルの上にヘルメットが見えます。
つまり背中は水平。

f0200399_0242472.jpg

Good Kick, Instant Start!!!!!!!!
オブソリクラブ員になると、当ブログで露出多くなるアルヨ。ね、tetsuさん。

f0200399_0253083.jpg
f0200399_026959.jpg

個人的にモトグッチも画像採用率高し。
ルマンⅠええなあ。
ルマンⅢはずーと前に持ってましたけど、180キロで片手運転!
しかしメーター読み180キロは150キロだったりして。
当日、オーナーさんも、偽オーナーも、ルマン伝統のウソつきニュートラルランプに騙されて、オットットでしたね!

V11(?)のロッコさん、ブーツカッコいい! いつかは… そう、自分の髭がロッコさんより長くなったら♪ ブーツをお願いしよう。

f0200399_0304337.jpg
f0200399_0303996.jpg
f0200399_0311035.jpg

大山~蒜山の高原道路にうっとりしながら、こんな感じで走ります。
日が傾くと温度もつるべ落とし。

f0200399_7123123.jpg

MFモードから、LCJモードにモジュレート。
東京から駈けつけたLaloさんのRGS村山SPL。

f0200399_0324970.jpg

コーディネータyamamotoさんも本心は旧車がお好き。

陽も暮れてきたし、さ、キャンプの準備だ! え? キャンプ場閉鎖されてました! 

ということで、LCJミーティングは、肝心なリーダーも不在、ノリノリのアベさんも来てないのに、米子に場所を移しまして、星の明るさにチト負けている米子銀座のネオンをくぐって、ああ、めくるめく…

f0200399_0372234.jpg

二日目、日曜日はひたすら日本海沿岸を東へ。
メンバーは、LCJ Laloさん、実家から合流のObsoleteカオリン、そしてTOKUです。

f0200399_040988.jpg

f0200399_0452520.jpg

鳥取砂丘に足を取られ、断崖道路のクネクネで何百回もロールし、イカ中心の海鮮丼をペロッといったり、カニカニ!と叫んだのに解禁日二日前だった残念な城崎で干しイカに八つ当たりしたりしながらの、大満足ツーリング。

f0200399_045786.jpg

日本海の荒波を目の当たりにして、村山SPL、CB450K1、3C/1000の三台のライダーは、頭ン中が演歌モードに切り替わっちゃいまして、小節をクルンクルン回しては絶叫しながら余部鉄橋を見上げるのでした。

f0200399_049657.jpg

そして最後の大休止は、おしゃれなカフェ。
Laloさんの茶目っ気たっぷりな大人トークを楽しませてもらい、久美浜~宮津~綾部~三田~六甲~徳井~大阪へと戻るころには日もどっぷりと暮れ、ラベルダのスモークが後続車のライトにモクモクと照らされて、消防車が来たら困るな、的な反省から、交差点でエンジン停めましたらもう二度とかからなくて、疲労困憊の身体で国道押しがけなナイスなツーリングでした。

そういえば、土曜日出発の時も押しがけから始まりました。

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2012-11-05 01:07 | ツーリング | Comments(12)