「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

INTERSPAN IGNITION

春SANDAへ向けTOKUさんのCCM再生プロジェクトも始まりクラブ員一同盛り上がってます!
f0200399_20302971.jpg
 
「確か 亀トラお父さんのBSA-C15 同じ様な点火装置付いてたよな~。」
夜 ガレージにてバラバラになったCCMを眺めてると 物凄く気になるNTERSPAN社製イグニッションボックス・・・・

早速 日曜日 極寒の亀トラへ急行!
f0200399_204568.jpg

ドンピシャ! 同じINTERSPAN社製の点火装置!
亀トラお父さんの話によれば「20年以上は使えたよ。そやけど最近すぐ電圧が下がって高回転が吹けなくなり他の点火装置に替えたんよ」だそうです。
そりゃ蓄電池が永久に使える訳が無く「そりゃそうなりますよね~」と。
f0200399_20564272.jpg

得体の知れんBOXだったのですが 中身を見て判りました!
既存のポイント&ガバナを使う充電式セミトラです。
自動車バッテリーから充電し蓄えた電気で中のトランジスタユニットを作動させ
内蔵の6Vコイルでスパークさせていたのです。

C15に付いていた物は1990年製でしょうか?1.5Vの電池が6個=9V
CCMのは1976年製 1.5V×5個=7.5V
他の部品は見るところ大きな違い無し。
f0200399_2126967.jpg

無かった充電用プラグも借りたので早速CCMBOXに充電・・・・・最初はパイロットランプも付かずやはり壊れてるよな~っと。
んでよ~く観察すると6ピンのメスコネクター部に青サビ発見! 各部接点を清掃&洗浄・・・・付きましたパイロットランプが!!

30分程充電したところで電圧確認・・・6.9V・・・取り合えず蓄電しているみたいです。
f0200399_2134341.jpg

飛びましたよ! 火花が!   
ポイント接続用コネクターに付け替え アースさせたら確実に火が飛びます!
f0200399_21372269.jpg

亀トラのアストンマーチン・・・新品のクランクやらヘッドの交換が終わり絶好調になったらしくこの日 亀岡ハイウエイにて試乗させてもらいました! 1930年台だったか? 見るからにクラシックカー! しかしその実態は・・・・ほぼ全部新品で組まれたエンジンはメカニカルノイズがほとんど無くスムーズに回るエンジンはまるでトヨタクラウン!

ワインディングロード走行でもガタつく感じは無くシッカリしてます。物凄く薄く重ねられた板ばねは現行車並みの乗り心地でグイグイ走って行けます!

うぅ~ん。イイよな~。・・・・・・・ 取り合えず 正気に戻って11/10のPre70トライアルに向け練習しよう。
f0200399_21535039.jpg

話は戻って この点火装置 火花は飛びますが問題が有ります。
絶縁不良により確実に漏電しています。 それもコイルの2次側(20000V)・・・・
スイッチをひねるとその手に【ビリ】 ボックスをふれてスパークさせると【ビリビリ】
何度も食らうと手首から下がだんだん重く感じられます。 ヤバイです。

多分 雨の日乗ると全身に20000V流れ 健康になるでしょう!


ちなみに最新バージョンのNTERSPAN社製イグニッションボックスは無接点式トリガ―がセットになっているフルトラ おまけに最強の20V仕様だそうです。





by DG



 
 
[PR]
by clubobsolute | 2013-01-28 21:07 | 整備日誌 | Comments(4)

背中押されまくり…(笑)

おみくじが「凶」だった2012年の最終コーナーで電撃的出会い→衝動買いとなった、CCM 500MX。

気の長い話だと決めつけて、2014年のデビューを考えておりました。

資料集め、部品発注、チマチマ研磨、そうこうしているうちに巷間の目も届かなくなって、などと。

しかし、オブソリートには少し違う時間が流れているようです。

某所に拉致られたCCM。
f0200399_22473423.jpg

俎板の上の鯉。

ものの数時間で…
f0200399_22483854.jpg
f0200399_22484937.jpg

サッパリするもんですね。

f0200399_22494985.jpg

トロットロ飴色のエンジン内部。
外す部品どれもがウルトラライトウェイト!
軽量化へのこだわりが随所に見られます。

f0200399_239583.jpg

この点火装置は、Interspan社製オレンジフェイスに付け替える必要がありそうです。
かなり高価なため、費用の工面を考え中です。

f0200399_2252187.jpg

miyakenさんのB50MXのように、プチ金網を作製する必要はなさそうです(笑)
氏のFacebookでの力作連載を刷り込んだ眼にはデジャブな解体ショーでした。

f0200399_2254153.jpg

なにもかも、DGのおかげです。

f0200399_22545366.jpg

マグ部品ショー。
洗浄、塗装剥離、塗装、ウレタン処理とまでは参りませんでした。
しかも、TJ 師匠に預けてショットをかけるはずが、まだ我が家に…
近日、お持ちいたします、ぺこり。

f0200399_2256487.jpg

うわさを聞きつけて、イシダマルコくん、カントクさん、カオリンが駈けつけてくれました。
整備会が楽しくなりますね。

f0200399_22565116.jpg

そしてTigerworks店主までもが、英車への純愛を饒舌に説きながら、こちらが頼むまでもなく、ありがたい手を差し伸べてくれます。 ジワっと汗ばみます。

f0200399_2312654.jpg

私ゃ、あまり重整備にはかかわりたいと思わないですが、一枚だけヤラセ写真を。
「このぉ、インチキ野郎!!」

このあと、CCMの欠品だったキックアームとシフトペダルを探すため、UK IKEDAを訪問することとなり、整備会はお開きです。

f0200399_2333077.jpg

京阪神地区で静かなブームのKOMINEハンドルカバー、見えますか。
カオリンは極寒遠乗りの予定だとかで、ダッセー(本人談)カバーデビューです。
こうなると、旭風防も防寒にPVC合皮のタレが必要ですし、ひざ掛けも追加してもう一歩本格的なオッサンに近づいてほしいですね。

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2013-01-26 23:14 | 整備日誌 | Comments(6)

B級エンジン始動

今春よりBSA-B50を相棒に新オブソリメンバーとして加わる方が決まり 皆で盛り上がって来てます! TOKUさんのCCMを筆頭にB44×2台、B50、T25、TR5-MXとオブソリはユニットシングルが増殖中!
f0200399_20113849.jpg

TRIDENTは集合マフラーがエンジンの真下を通る為フロントタイヤの交換が面倒です。
フロント用のリフトスタンドを持っていないので倉庫内に付けてあるチェーンブロック
で車体ごと吊り上げ作業です。
f0200399_20235332.jpg
 
タイヤはダンロップのTT900 前後18インチなのでMANXと違い選べるタイヤが有り助かります。 ビートをヒートガンで温め WAX&シリコンスプレー攻めで無事取替え完了です。
f0200399_20382452.jpg

お次は春のロード合宿に向け CBX250の整備・・・・師匠が「耐久レースはイイ練習になるぞ~」と言っていたので スペアの耐久レース用エンジンに載せ換えて夏のモトレボ耐久レースに出ようか思案中。 とは言っても近頃 重整備は【人まかせ】・・・気乗りせずオイル交換と各部の注油で本日の作業終了。
f0200399_20542687.jpg

ところで最近 話題?の【回春スプレー】


昨年末 マフラー完成の連絡を受け工場長に「いっぺんエンジン掛けさせてくれ」と
エンジンスターター持参で亀トラに急行。深夜エンジンスターターを回しリヤタイヤに押し付けますがこの Rob North Trident どんだけ圧縮上げてるんでしょう? スターターの最高回転でクラッチをミートしますが滑ってタイヤが廻りません! タイヤが回転しないと当然クランキングもしません。当然ガスも吸いませんわね。 今度はプラグ外してスターターを押し当てます。・・・・滑って廻りません・・・一瞬 二人とも凍り付きます。エンジン壊れてるんと違うん?? 

何度か押し当ててますと何とかタイヤが回転 クランキングしてます。
今度はプラグ穴からガソリンを直接垂らし 再挑戦。 流石3気筒 タイヤが半回転したところで初火入れ成功! 亀岡の山々に3気筒サウンドを轟かせ無事帰宅。

そんなこんなで エンジン始動時に毎回ガソリン垂らさなあかんのか?とネットで検索すると
「どんなエンジンでもOK  20年動かさなかったエンジンでもスプレー吹けば一発始動」

これやがな! 一本900円の値段に 【騙されたろやないか!】と早速購入。
付属の長~いノズルをファンネルから直接シリンダーまで突っ込み【プシュー】
前回スターターで数十回。  今回 数回で火入れ成功・・・謳い文句は嘘では無かった。

更にネットで調べると
パーツクリーナー 一本198円・・・中身にLPGガスが入って有り同様の効果が得られる。
カセットボンベ  一本100円?・・最強の始動スプレーだが注入しすぎると危険。
らしい。
正に たこ焼き、焼きそばのB級グルメみたいな商品。難しく考えんと取り合えず買っとこか~。

最近増えだしたユニットシングル500CCのVMX車・・・英車の中で転倒時の再スタート最困難車 ・・・・・フレームにくくり付けてた方がイイんとちゃう!

 

by DG
[PR]
by clubobsolute | 2013-01-20 21:56 | 整備日誌 | Comments(10)

Racing Spark Plug

近年 喫煙出来る場所がどんどん少なくなってますので マイガレージでは【ガバガバ】たばこ吸いながら ビール片手に鼻歌まじりで作業です。
f0200399_2113292.jpg

Letter Box cowl     
 郵便箱の投函口みたいに開いたエア吸入口・・・・・ユーモラスな顔付きが他のライダーの油断を誘います。
f0200399_21243342.jpg

足らずのパーツも届き 新しい点火装置のセットアップ完了。  とりあえず元々のシステムも残し、気になる高回転時の点火特性の違いを走行テストで確認してから外すつもりなのです。(結局替えん方がイイかも?)
f0200399_21581285.jpg
               
 ボイヤー社製 【マイクロパワーデジタルイグニッションキット】は大量に電気を食うらしいので電圧計もセット  スイッチの切り忘れも防止出来ます。 スイッチを切ればメーターステーと一体化し【ビンテージ道】からも見た目良しとしましょう!  トップヨークの中心にちょうどイイ穴が有りキルスイッチもついでにセット。   
f0200399_22103596.jpg
   
ところでガレージに入庫後 プラグを外してビックリ 「なんじゃこのプラグは!!」 

NGK Racing Spark Plug  R0045Q-10  

セミ沿面タイプ

ある意味では、究極のプラグ形状になります。このタイプで絶縁体割れ、電極溶解が生じるようではプラグ側からの対応は殆ど出来ません。ただ、耐久性や低速時の性能が若干犠牲になる場合があります。
(NGK講釈)・・・・・だそうです。
他サイトの説明では「プラグギャップが広い為 要求電圧が高い」・・・・これも犯人臭い。
f0200399_22282636.jpg

ほんで新しく選択したプラグ
NGK C129EIX・・・・・イリジュームプラグ プロジェクト(突出し)タイプ
NGK R0373A-9・・・レーシングプラグ  スラント(斜方)タイプ
共に9番を選択。 たぶん今の腕では10番を焼くことは無理でしょう。
f0200399_22412917.jpg

先頭 トライデント2台 次は噂のKRTT   イイよね~!

早くサーキットで走らせてみたいもんです。    春よ早よ来んかい!



しかしガレージでは一人でエンジンの回転もさせられず 元気イイ火花も見れず・・・・・・
誰かがガレージ訪問してくれた時にテストしてみましょう(誰か来てくれよ!)


by  DG
[PR]
by clubobsolute | 2013-01-13 22:45 | 整備日誌 | Comments(5)

ALTERNATOR POWERED

年末の大掃除や正月の親類縁者集まり、岐阜への嫁実家参り、犬の散歩と
大忙しのお正月休み。 少しの空き時間の有効的に使い 年末の亀トラ走りぞめ、年始の亀トラ初走り、バイクいじり と何時もながらのバタバタです。
f0200399_20442078.jpg

低回転域で相当乗り難いらしい ROB NORTH TRIDENT

このパーツが犯人のような気が・・・・・ALTERNATOR POWERED IGNITION SYSTEM

純正のルーカス3相オルタネーターに直接繋がれたボイヤー社のフルトラBOX。
バッテリーを使わず発電した交流電気をBOX内で直流変換&蓄電・・・・
確かに裏側には大きな蓄電用コンデンサーがはみ出て収まってます。

普通のボイヤーのフルトラキットは12V以下になると正常な点火が得られずバッテリー管理が重要。・・・ なのにバッテリーレス! 高回転では十分発電された交流電気がイイ火花を飛ばすやろけど 低回転ではショボイ火花?⇒プラグカブリ⇒失火・・・まさしくマン島&デイトナ専用ちゃいます?!
f0200399_21182100.jpg

んで またもやTOKUさんのお世話になりボイヤー社製 【マイクロパワーデジタルイグニッションキット】+ 【レギュレターレクチュファイヤー】+【リチュームイオンバッテリー】
交流発電⇒直流電気⇒電圧制御⇒バッテリー⇒フルトラキットと普通の点火システムに交換です。このキットの謳い文句は「専用のイグニッションコイルにより低速域より高速域まで強力な火花を飛ばす!」らしい? 
f0200399_2138139.jpg
 
バッテリーはシートカウル裏に固定 しかしこのリチュームイオンバッテリー・・・軽い軽い! 普通のバッテリーの3分の1の重量 おまけに充電時間が10分程 本体に電池残量も表示されレーサーにはイイこと尽くめ。(謳い文句が嘘でなければ。)
取付作業は付属のプラグコードでは予定の位置に届かずEND。次回の休みに持ち越しです。

f0200399_2144567.jpg

ところでこの正月休みは珍しく読書しておりました。

免許取って以来オフロード系ばかりでハンドルの下がったバイクで峠を攻めたりして遊んだことが無くアスファルトの走り方がイマイチ判らん。 この手の本見ても現行バイクでの乗り方で参考にならず?。・・・

しかし今回のトライデントは70年代と新しい! おまけに前後ディスクブレーキ!

真剣に読みました。・・・・・2013年は教本通りのライディングフォームで走るでしょう。



by DG
[PR]
by clubobsolute | 2013-01-06 22:12 | 整備日誌 | Comments(7)