「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Brit Brat Day Vol.05 Breakfast in Kobe

f0200399_20592653.jpg


頓に盛り上がる関西英車シーン。
英車、就中ロッカーズのカリスマ的存在のRUSTLESS BY HIROさん主催のミーティング
3月15日、しかも場所はオブソリの2013年ブライテストホープ#160さんのアジト、北の椅子と。

余談ですが、Rustlessってステンレスより高級感あります(^o^)

今回、特別のお取り計らいで、土まみれの英車も立ち入り許可をいただきました!

Gold Starつながりの、DG(Scrambler)、TJ師匠(Trials Trim)はいいとしても、CCMは居場所があるのかどうか、チト心配です。

叶うならば、東京からCatalina Scramblerも並べていただけると幸甚。

ただし、我々Thumperの咆哮は封印しましょう。

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2014-02-19 21:01 | 告知 | Comments(2)

MANX 復活レポート NO.2

5万円したらしい おみやげの最高級ビーフジャーキー・・・・・一口食べた後 翌日 わが家の可愛い3匹の犬達に残り全部盗み食いされ 「そんな処に置いとくからアカンのや。 お腹壊したら如何すんの。」と家族皆さんから怒られ イジケテおります。
f0200399_17192377.jpg

ヤケクソで発注しかけた? 【ダストピンカウル】・・・・アルミ叩き出しでの作製先はもう見つけて有りますので復活後にはこの姿でレース場に登場したいものです!(勿論 日本の匠の技にて!)
f0200399_19374490.jpg

f0200399_1938171.jpg

匠の技と言えば 昨年修復してもらったアルミタンク・・・・
新品タンクへの交換も検討しましたが オリジナルのタンクは内部に燃料揺れ防止の細かな仕切り板が取りつけられたり 絶妙なファンネル逃げも有りましたので、ボコボコタンクの叩き出し修理を依頼しました。  【開いて叩いて炙って撫ぜて!】 パテは一切使わず 完璧に復元しています!
やはり日本の職人が一番ですね! 素晴らしい仕事をしてもらいました。
f0200399_20241140.jpg

話は戻って 非常に心配していたクランク・・・測定の結果 問題無しとの事で助かりました!
クランクとコンロッドに初対面し、やっと自分のMANXになった様な気がしたのです。

判りましたよ! ウルトラスムーズで振動が非常に少ないエンジンはこのくり抜かれた穴が味噌なのね。
f0200399_16483081.jpg

f0200399_1649731.jpg

各所ベアリングを交換し組上がったカムBOX!・・・・・
光明丹?が塗られ調整が済んだ べベルギア・・・・この繊細な作業を見てると 当方のガテン系修理では絶対無理やと確信したのだ。
f0200399_16513940.jpg

出来てきました!! 3次元測定データ―によるマニシング加工MANXサンプルヘッド! すんばらしい!! 

f0200399_210921.jpg


良かれと思ってやったことにケチをつけられ 日頃可愛がってるのに仇で返され・・・

やはり機械は素晴らしい! 匠の技と正確なデータ―が有ればマシンは裏切りませんよね(笑)。



BY DG
[PR]
by clubobsolute | 2014-02-17 17:18 | 整備日誌 | Comments(5)

MANX 復活レポート NO.1

英国より戻ってきて3周で潰れたMANX NORTON。
f0200399_21382598.jpg

最近 各方面の方々より「MANXは如何なってるの?」とよく聞かれます。
取り合えず「ジャンジャンバリバリです!」と返事しておりましたが、この度 作業報告書に添付されている画像の使用許可をもらったので ちょっと真面目に報告です。
f0200399_21331555.jpg

バルブタイミングは狂っていなかった。 べベルギアも正常。 オイルも循環されていた。
今回のトラブルの原因は 昨年替えたワンピース構造EXバルブが閉じた時の衝撃で破断・・・・
素材が悪かったのか?加工が悪かったのか? フナッシー並に傘が燃焼室で踊ってしまつたらしい。
当然INバルブもガッチンコして曲がっております。
f0200399_21454180.jpg

穴の空いたピストンの破片がオイルと共にオイルポンプに循環・・・内部が傷だらけになったので
これも交換です。
f0200399_21501155.jpg

f0200399_21505970.jpg

バーニアピンも吹っ飛んでました。・・・これも交換ですね・・・・
幸い買ったばかりのシリンダーは軽微な傷で済んだのでホ―にングでOKでした!
f0200399_21541573.jpg

バルブガイドが曲がり バルブシートが陥没 燃焼室はデコボコになったシリンダーヘッド・・・・
ボロボロのヘッドを記念に残し 別冊モーターサイクリストの人気企画【ドラマチック・エンジンブロー】掲載してもらって 有名人になりたい気もしましたが今回は・・・・・・!!
f0200399_2231887.jpg

正常なシリンダーヘッドを3次元スキャン そしてCADを用いてデータ変換!
このデータを入力し燃焼室を肉盛り後マニシングマシンにて削り修復! 正確なデータ―により完璧な修復が期待出来ますね!

なんやかんや言うてもこの方が断然 ロマン が感じられるでしょ!! そこがポイントでしょ!!
f0200399_22162977.jpg

先日 嫁が珍しく夕刻より外出。  高校生のムスメが夕食を作りムスコと3人で晩飯。
そして夕食後お風呂から上がりますと、何時もの所定の位置にパンツとパジャマが置いて有りました。  普段 親の言う事を全く効かないムスメですが、この方判ってらっしゃいます。 素晴らしくポイントを付いてきます。 

金50,000円なり。 


by DG
[PR]
by clubobsolute | 2014-02-10 22:35 | 整備日誌 | Comments(7)