「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2015.06.28 Legend of Classics (L.O.C.) Round 2, Fuji Speedway

本日の一台。
f0200399_21345733.jpg

LOCじゃなくて大変申し訳ないのですが、8月1日のチキチキ4時間耐久VMXまで、クロックスタート、チクタクチクタク。。。。

これはXE50。 16インチ&14インチ。最大のライバルに思えるのは自分だけ?

一昨年の菅生VMXでは同じエンジンのCB50に苦しめられた我々英國OHVサンパー。
え? はい、苦しめられたぢゃなくて、置いてけぼりでした(笑)

そのCB50が、関東から遥々生駒に遠征してくるという、チョー怖い噂が。
そうなればもう、神戸のCB50が迎撃してくれるのを待つっきゃないですね~

週間予報がひっくり返って、好天となるという週末。
なのに土曜日、FISCOはとっぷり霧の中。 眼下の御殿場には陽が射しているのが見えるのですが。
f0200399_21434816.jpg


ヴェロセット礼賛。
f0200399_21461886.jpg

Gold Star好きですが、ホントはVelocetteだいすき。
なので、もう一枚。
f0200399_21465631.jpg

もちろん、GPレーサーにも圧倒されます。
……
GPレーサー祭り。
f0200399_21485380.jpg

Manx工房のMさん、今回もPATON拝ませてもらってありがとうございました!

も一度、ヴェロセット礼賛(笑)
f0200399_21502055.jpg

ここまで磨き込まれてシアワセそう。
自分も手持ちのオートバイすべてのガソリンタンクに、GPキャブのための切欠きを入れましょうか。


今回の遠征は、オッサンx3、GPレーサーx2、そして2羽です。
師匠が、その2羽にエサと水を与え、丸々と太らせています。
ハトなのにポッポ鳴かずに、ピヨピヨなんです。
f0200399_21531340.jpg

ワケアリな小鳩たち。 この後どーなんの?
フォアグラ? ん~、オブソリにはアタマの硬いフォアグラ紳士がわんさか居てますけど(笑)

土曜日は練習走行。
本番の日曜いきなりレースじゃリスキーですからね、入念なセッティングを!
f0200399_21555136.jpg

オブソリのGPレーサーたちも入念に仕上げを進めます。
始動性やら、チェーンのフリクションやら、焼けすぎのスパークプラグやら、問題点をひとつづつ潰していきます。
f0200399_21581385.jpg

DGの手には、「いつもの」秘密兵器(爆笑)

f0200399_21594949.jpg

ライバルチームも、走ってはいじり、いじっては走りぃの、煮詰め作業中です。
国産250ccのヒーロー、CB72。 ゼッケンNo.72ですね、この時は。
このナナニィ、明日にはG72に生まれ変わるとも知らずに(笑)

エネゴリくんがこっち見てる。
f0200399_2233993.jpg

近所の新大阪ENEOSには、エネゴリに似すぎの兄ちゃんがいます。
そういえば、あまちゃん、エネオスのCMに出なくなりましたね。

いい感じで疾走するMatchless!
f0200399_22515.jpg


が。 その後。
f0200399_2253629.jpg

アソコが「カタカタ」云うてるし、指でふさいでもアレなんです。
いったい、どうしたものか。。。

圧縮が行方不明に。。。

翌日、Jiroさんが。
f0200399_2272937.jpg

「師匠、このスペアエンジン使えば?」 と言ったとか言わなかったとか。
見た目、けっこう速そうなんですが、油が沁み込んでマグっぽくて(笑)

でもそれは、酔っぱらって夢を見たのかもしれません。
土曜の夜は、九州・東北選抜メンバーとともに。
国分町のリベンジ! いや果たせる訳もなく。
f0200399_2210543.jpg

なじみのお店、今宵はお勘定を間違えませんでした。
残念な一方、「あー、これでお店つぶれへんな」みたいな?

あ、ハトは食べませんでしたよ~

この後は、ちゃんとレースレポしたいんですが、まとめきる自信がございません。

(つづく)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-06-30 22:23 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(4)

2015.06.28 Legend of Classics (L.O.C.) Round 2, Fuji Speedway

昨日の3枚。 ホールショッタのやら、乗れてるのや、スイッチ入ったのや、突き抜けた(笑)のやら。
f0200399_22501077.jpg
f0200399_22504486.jpg
f0200399_22513165.jpg


詳報は鋭意編集中です!
To be continued. Thank you for patience!

「あ~、土系エベント待ち遠しい」(独り言)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-06-29 22:55 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(2)

Legend of Classic 第2戦 富士 今週末です!

何だか最近 仕事が忙しく レース復帰戦がお預け状態になってましたが、やっとこさ 約3か月ぶりのレースです! 土系遊びでは中止が相次いでいますが、気分を替えてガンバッテいきましょう!
f0200399_18113675.jpg


昨年の富士・・・【直線番長】と呼ばれるワタクシはストレートにて他車を 抜いて・ぬいて・ヌキまくり(笑) 表彰台のテッペンに上らさせて頂きました! 

今回は3年ぶりにMANXで出走しますので 昨年の様には行きましぇん(笑)。今のところ降水確率が50%らしいですが、 LOCは決勝レース【一度も!】雨が降っていない奇跡のイベントなので今回も大丈夫でしょ? 
f0200399_17505948.jpg
 
オイル交換・各所増し締め・ストレートの長が~い 富士に合わせスプロケを地味に替え準備OKです! 後は今晩 壊れかかっているオブソリテントを修理しトランポに積むだけなのです。 
f0200399_17525074.jpg

なんと! 今回 セニアAは参加台数 11台! MANXが4台 G50も4台!!

マン島TTレースみたいな感じで走れそうな予感! 病み上がりですが、表彰台のテッペン目指して
頑張りますぜ! 



今回も関西より沢山の英車仲間が応援に駆けつけてくれます。 

エエとこ見せにゃならんので 雨でも全開走行するつもりです  G50の皆様 ヨロシク(笑)。
[PR]
by clubobsolute | 2015-06-24 18:18 | 告知 | Comments(6)

2015.05.31 D.O.R.C デッド・オア・ライド・クラッシクス (オトコマエ編)

f0200399_19475532.jpg

男前ぞろいのBrayhill & Obsolete。
って、ブレイヒルで車両でもなく、オブソリ車両でもなく。。。
漆黒のG50タンクに移りこんだManx Norton。
果たして勝負の行方は。。。

男は黙ってアップロード(笑)

ということで、ミニマルなキャプションで仕上げちゃいましょう!

f0200399_19502229.jpg

依頼主が黙っていても、さらに黙々と請けた仕事を仕上げる亀トラ工場長。
8月のチキチキ・ミニ耐久マシンも、最高の仕上がりです。
これでエンヂンが速くなれば無敵なんですが!

f0200399_19521589.jpg

思いつきでCB125Sに絹部員を乗せようとしたTJ師匠ですが、あまりにもコースがコンパクトなんで、自らが走らせています! CB500レーサーはエンジンが暖まることなく。。。

f0200399_19543625.jpg

北の椅子との殿!
この写真を見てて、モトクロスのほうが相応しいと思うのは自分だけじゃないと思います。
飛んでもおかしくないです。
傾いたゼッケンプレートの裏側は下市か三木Annexか香嵐渓か、はたまた菅生の土が沁み込んでおりました(笑)

f0200399_1956457.jpg

f0200399_2002069.jpg

クラブNo.1のオトコマエ。
言うこともやることも、オートバイもマスタングもキマリすぎてます~

f0200399_2031567.jpg

いわずもがなのMiyakenマンクス号。
次回はDGマンクス号とランデブーしてほしいですね~

f0200399_2041066.jpg

スタート地点からは見えない、奥の方はこんなカンジでクネっております。

f0200399_205298.jpg

Gold Starのカッコいい右舷を撮ろうと思ったら、メチャ速のダブワンが!

模擬レーススタート!
f0200399_2064030.jpg

f0200399_10562024.jpg

シヴィレる戦前レーサーSun Beam。
ゼッケン122を見ると、単身赴任していた浦和を思い出します(笑)
国道122号線~
なぜか、登録番号・122のハイエースが多かったなァ。


そして速い組の模擬レースです。
f0200399_209361.jpg

f0200399_2010173.jpg

カラフル!
すんげぇバンク!
f0200399_20102799.jpg

クロムとアロイのモノトーンが渋ッス!

f0200399_2012934.jpg

日英650cc対決の行方は…?


f0200399_20133315.jpg

ブレイヒルはっしゃnセンパイ。
軽やかな走り、お見事でした。

短パンのせいで両足真っ赤っか、初夏の日焼けでヘロヘロな一日でしたが、和気藹々としたムードと、エントラントの皆さんが楽しそうで羨ましくも、また開催していただきたいエベントでございました!

主催者のみなさん、ありがとうございました~

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-06-04 20:16 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(3)

2015.05.31 D.O.R.C デッド・オア・ライド・クラッシクス (女子部員編)

Dead or Ride Classics。物騒なネーミング(笑)
勝手な解釈ですが、LOCの西日本出前エベント。。。でよろしいんでしょうか?
f0200399_21523121.jpg

昨日までアンパンマンがまたがっていたレーサー。 いつ見てもフライング乗りでした♫
え? 良く見えない? 
f0200399_21525010.jpg

CB125SにRSCフルキットをぶち込んだ昭和なレーサー。
水色のダサいカラーリングは、真の性能をぼやつかせ、見る者がついつい侮ってしまいますが、各部を見るにつけその凄さったら。
16,000RPMスケールの回転計は、12時方向が13,500RPM!
手練れたライダーでさえ、真価を発揮させるのはエラい難しそうです。

そんなスペシャルレーサーを絹部員に乗せようというTJ師匠。
f0200399_21531110.jpg

車検後の記念撮影。
クランクを破壊したCB500レーサーも5年ぶりに日の目を見ることになりましたよ!


こちらはウワサのCB450レーサー!
すばらしいです。 速さにも驚きました。
f0200399_21574152.jpg



ライダースミーティング後の記念撮影。
f0200399_215984.jpg

予報が外れて、エエ天気になってよかったな~



車検のヒトコマ、フタコマ。
f0200399_2203556.jpg

お色直しとなったMatchless G50にレンズを向けると、オーナーのKさんが、「そこのゼッケン1と同じフレームに入れないでね!」とひと言。 すみません、しっかり入っております(__)

その①番
f0200399_2222560.jpg

C200の車検時間が他よりも長く感じたのは、自分だけでしょうか?
外見を裏切る速さ! レースをするために生まれたのではないでしょうに、レースさせられて、その前にはオジサンたちにアチコチ検品されて。。。



オブソリテント。
f0200399_2242394.jpg

この日は強風で、このショットでもすでに輪郭がひしゃげかけているのがわかりますね。
節々が曲がってはいけない方向に折れてきました(まるでフラットトラックでコケた自分のヒザのように)ので、テントごとブッ飛んではいけないと、早々と撤収することに。 終了まで炎天下の一日。


♯128 はっしゃんセンパイのSL250に見守られるDBD34は、T中さんとともにサーキットデビュー。
f0200399_2283043.jpg

ガラスは全部テーピング、ゆえにタコメーターも見えず(笑)


工場長がIさんの1929年Sun Beamを詳しくチェック。
f0200399_22105167.jpg

f0200399_2211872.jpg

自分も話を聞きながら各部に見入っておりました、唸ります。 唸らされます。
f0200399_22121560.jpg

どこ見てもコーフンします。
昭和4年から、ようこそ!
そしてIさんが鞭を入れると、これがまた素晴らしい! 例えるにSpeedというよりはVelocity。


じつは、完熟走行枠は始まっているんですが、絹ちゃんは記念撮影中(笑)
f0200399_22142194.jpg

オトキチさんから借用したというバギー玉井のレザースーツがドンピシャ。
峰不二子を髣髴とさせるサービスショットもあるのですが、イケズな筆者、ここまでで止めます(笑)

そのとき、乗車予定のCB125Sはというと、TJ師匠たちの手で入念に準備中(^^)
f0200399_22172186.jpg

敢えて申しませんが、部品いろいろナマ着替え。。。
キャブとかポイントとか。。。


コース上ではマルコウ工場長がラビットをブッチ!
f0200399_22183733.jpg



作業風景も撮らなアカンし、走行写真もおさえとかないと、ということでアチコチ走り回っております。
パドックからコースが猫の額のようにすぐそこで良かったです!


さて、いよいよ吹け上がりも本調子。 師匠が試運転したのち、いよいよ正ライダーが。
三角木馬に近い、横幅10センチのシートにぐいぐいとお邪魔します~
f0200399_22211576.jpg

ヨシャー!
と思うたのも束の間。
f0200399_22214465.jpg

そりゃ、難しいッスよね!
自分でも、この125を走らせる自信はありません!(と自信満々に申します)
師匠、DG総監督(独特の腹話術でピーキーなレーサーのアクセルワークを熱血指導)らの判断で、ここは勇気ある撤退!



10分後。
f0200399_2225653.jpg

フツーにルンルン」な絹ちゃん♡


これでコースも安心!
f0200399_22261536.jpg

f0200399_22262514.jpg

数周後には、黒服赤ゼッケンの護衛を従えて戻ってきましたヨ!
f0200399_22271697.jpg



初めのセッションこそ逃したものの、走れることを立派に証明したのでした。
もう、このトリコロールのレーサー服は借りパクするしかなさそう(笑)
CBXともカラーコーディネートばっちり。 CBXも借りパクか!


華麗なるサーキットデビュー。 彼女を取り巻くカメラ小僧の数、走ってる時も走ってない時も、ハンパなかったです~

(後半オッサン編につづく)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2015-06-01 22:42 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(4)