「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2016 08 IOM CLASSIC TT 街角バイクとか。

もーえーかげん時差ぼけも治っていいころなんですが、どうも違うボケが真因のようです(笑)

マン島、リバプール、湖水地方、スコットランドと巡り歩いた9日間のレポートの四分の一もできておりません。

最終レポートはクリスマスのころになると思います今から言うときます(笑)


まずは。
f0200399_1311055.jpg

AJSとあるので350ccのボーイレーサーでしょうか。
レース参加車両でなくて、クレグニーバーの裏駐輪場にありました。
小ぶりなタンクでマン島一周まわるの、ちょっとドキドキですね!



私の限定解除試験車、これでした(途中、7回目くらいまで)。
f0200399_13161270.jpg

Max Fritzのツーリング大会などは、私は四サイクルのラベルダでもしんがりを走るのが常なんですが、ほんとうは、こんな立派な二サイクルマシンで、堂々といちばん後ろを走りたいもんです。
ウォーターバッファローと呼ばれていましたね。 後継の後継のGSX750Sは赤ベコ。
英国では、通称ケトルだったとか。

であれば、今どきの水冷エンヂン、ぜんぶケトルですやん(笑)


f0200399_1320167.jpg

多国籍な顔ぶれ。
ノルウェイから?
本当の大陸的、とは、このことなんでしょうね。



大切にされている、A75!
f0200399_1322173.jpg

雨の多いイギリスで、フレーム・スインギングアームなどなど白塗りするのは度胸ですね。
明るいメタリック、クロムの輝きと対照的な落ち着きがすてきな一台でした。


私は見逃しませんでした!
f0200399_1324967.jpg

一人乗りでも大変なのに、タンデム。
駐車場のなかは言わずもがな、しばらく半クラでしたねGold Star。
こんな難儀なオートバイ、乗りたいとは思いませんね(大嘘)



f0200399_1326826.jpg

Laverda SFC750。
日本からは流出する一方で、いったい何台存在するやら。
じっさい目にしたのは初めてです。
フロント周りが少し残念ですが、オートバイは走らせてナンボ!



野里の専門店に行って、口の悪い店主を口説かないと手に入らないという、日本の現状とはウラハラに。
f0200399_13291256.jpg

昔からXT500は、オランダ・ドイツに多く生息していると聞いておりましたが、英国にも良いタマがけっこうあるようです。



3-1/2(さんかにぶんのいち)
f0200399_13335914.jpg

f0200399_13342448.jpg

島では何度も見かけたと思いましたが、同一車両を別の場所で見た可能性大(笑)
右足チェンジを最後まであきらめなかったという点では、大いに尊敬しますMORINI社。
さすがに80年代の装いの、写真2枚目左側のモリーニは右足ブレーキですが。



なんかエエぞ、この赤黒ツートン!と思っていると。
f0200399_13373440.jpg

歴代ドゥカーティの中では、カラーリング、排気量エンブレム、その他マイベストな750Sです。




最終型ケッチ。
f0200399_13391015.jpg

時代遅れと嗤われながら最後まで頑張ったKH250。
こんなオリジナルな個体は、日本にもそう残っていないと思います。
こんなKHを馬鹿にして、後々出てきたKR250にチョー落胆したカワサキファンのことを思うと、胸が痛みますね。


インドではないRoyal Enfield Continental GT。
f0200399_13421195.jpg




今回、いちばん度肝を抜かれたFlying Milliard V2(5000cc)。
f0200399_13433641.jpg

f0200399_1344247.jpg

ヒコーキエンジンのシリンダー2つを使ったというエンジン、生まれは2010年ころなのですが、使われているパーツがすべて前世紀。
ショボい足回りの採用は、あえてエンジンの宇宙的デカさを強調するためだったと思われます。
これにリヤ240タイヤつけても、ちーとも面白くないですからね(笑)


つづいて、ダグラス町なか。
f0200399_13484911.jpg

リックマンはシャチョー!
ヘルメットはDG?


前夜の大雨が上がって、郊外の空気が澄んでおります。
f0200399_13502655.jpg
f0200399_13505191.jpg




唯一見かけたCCM。
f0200399_13515461.jpg

背景は廃墟。 
心の中で、三橋美智也の「古城」をウルウル唄っておりました。


突然出会ったサイドカートライアル!
f0200399_13534751.jpg

時間配分をしっかりしておれば、別のセクションでもゆっくり見られたのですが。
でも、別に特集組みましょう(いつでけんねん?)



マン島南端の景勝地にて。
f0200399_13551869.jpg
f0200399_13554026.jpg

黒金の王道ですね!



マン島には、道路の信号よりも踏切が多い(?)
f0200399_1358242.jpg

あー、汽車ポッポ特集も組まねば(笑)



ダグラス市内へ。
f0200399_1359264.jpg

f0200399_13593348.jpg
f0200399_140675.jpg

赤色つかってないのに、カッコいいホンダSL!


f0200399_1415564.jpg

ユニット・トライアンフ、そしてノートン・コマンドーの次にくるのはコレ!
間違いなしでしょう。



f0200399_1432875.jpg

ビミョーに軽そうなトラエンジンのトライアル車。
個人的には、TY125/175のテールランプレプリカに目が釘付けですね!



ウェールズからのベロセット達。
f0200399_145855.jpg

f0200399_1453793.jpg

師匠も自分も、オートバイ乗り続けて、こんな元気なじいさまになりましょう!!



カッコいい&スポーティ
f0200399_1465274.jpg



ちょっとダサい
f0200399_148396.jpg




さいごに、道路標識。
f0200399_1493591.jpg

これて、モデルは。。。
f0200399_1411074.jpg

このフェアリングに思えてしかたないでんす。

(出張から帰ったら、またつづく)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-25 14:07 | バイクコレクション | Comments(0)

Kenny Roberts Racing Frames やっつけ整備

Californiaからやって来たケニー・ロバーツ号
「だいぶん前やけどケニー出入りのディーラから買ってきて俺がフルレストアしたから即レース参戦OKだぜ~」・・・・・・ホンマかいな?(笑)。
f0200399_16322988.jpg

横浜の保管倉庫へ引き揚げに行った時 ブレーキがぶらぶらで・・・・
こりゃ混載便やしオイル類全部抜いてるんやわ・・・・そう思いながら大阪へ・・・
f0200399_16364219.jpg

ブレーキフィールドを入れようと蓋を開けてビックリ・・・綺麗な新品オイルが満タン。
フレームから外し点検するとシリンダー&キャリパーとちらもポットが完全固着!
最終的にはアルゴンで加熱し、エアー10㎏で吹き飛ばしました!(笑)
オイルホース、キャリパー内からは変な色した40年前のブレーキフィールドが出てきてビックリ。

アメリカ人のオッサン手抜きよったな。(笑)

見たこと無いブツ 教えてもらいました! 【SIFTON/STAR BRAKE-SYSTEMS】だそうです!
当時 キングケニーのお気に入りで使ってたらしい。
ブレーキディスクプレートもSTER製! 錆び止めでオイルをタップリ塗ってくれてました!
f0200399_1649583.jpg

フロート部分がスケスケのフラットバルブキャブ
40と刻印されています。 40Φならだいぶんデカいですよね~・・・・高回転専用仕様か?

これまた教えてもらいました! 【LECTRON CARBS】
当時の広告には「ケニーロバーツが開発したキャブやぞ」みたいな感じで書いてあります!
薄々のスライドバルブはまさにギロチン! ヤンキーは貼り付きなんか気にしないのか?(笑)
ほんで今のところガス漏れ無し! このまま続投決定!
f0200399_1792197.jpg

ヘッド開けると全くカーボンが付いていないピストンが出てきましたがリング溝2本にトップリング1本のみ・・・・・調べると当時の純正ピストンは1本リング仕様なので社外品ぽいです。
シリンダーに深い縦傷とかは無かったので良しとしましょう!

が、、皆様の予想通りクランクシールがご臨終みたいでエンジンを始動するとケース脇から煙りが
出てきてます! ベアリング類を含めシール交換決定です。
f0200399_17181788.jpg

フロント廻りはチェリアーニ35Φダートトラックフォーク 当時はまだアメリカ製はダメだったんですね!
これまたシールが逝かれてました。 
ダブルシールタイプですけど交換してもすぐ漏れてくるんですよね~・・・ゴムは日本製に限ります(笑)。
f0200399_17244396.jpg

f0200399_17355750.jpg

「おい お前 タイヤは貴重な当時モノやぞ レースには勿体ないから使うなよ(アメリカ人談)」

そんなもんこんなカチカチのタイヤ使えるか~・・・・フォークピッチが見るからに狭く新品タイヤで入る奴有るかな?とヤキモキしたけど最新型【DUNLOP DT3 130/80-19 FLAT TRACK FRONT】が細身で入りそうやぞと情報入手・・・無事取付に成功! クリアランス5mmやけど(笑)。
リヤもスイングアーム幅が狭い感じだったので取り合えずフロント用【SHINKO SR167130/80-19 FLAT TRACK 】をチョイス! ダンロップと同じサイズなのに組み付け前ではこんなに広がってます。
f0200399_1744640.jpg

やたらと分厚いゼッケンプレート・・・・よ~く観察すると透明の肉厚アクリル板。
ルースト(前車から浴びせかけられるタイヤが搔き上げた砂)のお陰でボロボロになるゼッケンナンバーを守る為に透明の板の裏側に文字を貼り防いだらしい! カッコええ~(笑)。

ですが、残念ながらアメリカ人レストア職人は曇った透明アクリル板の前面にペタペタと貼ってお茶を濁しております!(笑)。
f0200399_1754764.jpg

左右から出ているシフトペダル・・・・・当たり前やけど右のペダルを踏むと左のペダルも勝手に動くのよ! そりゃもう お祭り騒ぎ。(笑)。 絶対ドリフト中にシフトダウンしたるぜ!  
f0200399_19243425.jpg

一通りやっつけ整備も終わり いよいよ 今週末は FEVHOTS第7戦 最終レース です。

FTR祭りを最後に閉鎖予定だった 長野オートパーククワ が9月末まで使用可能となり、
グランドファイナル戦が開催されることになったのです!

ワタクシはRS600D、XR75DT、キングケニー号の3台積みで長野へ出発します!

*注意事項・・・・・・・・当日はこんな感じには絶対なりません。 あしからず(笑)。



by DG
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-22 19:57 | バイクコレクション | Comments(0)

答え合わせ

先日お出しした問題。

どなたかビビッときましたでしょうか?
f0200399_16394110.jpg

キリリと直立した、面長くん。

両メーターの立ち加減に北米のにおい。

フォークブラケットもですね。

しかし、直立したシリンダーはどうやらひとつ。

デコンプ・レバーも、やはり欧州寄り?


その正体は。
f0200399_16401996.jpg
f0200399_16405135.jpg

フューエル・タンクには、Indian VELO500
特徴あるはずのVelocetteエンジンも、この味付けで無国籍料理のように。。。

サイド・リフレクターは北米を主張しますが、やはり水平基調の車体が欧州に引き戻し。。。

前ドラムやフォークはイタリヤンですしね。

メガホンは、英国調。

こんな稀少な名車を拝めてシアワセですわ。

マン島・イギリス漫遊記、つづきますけどええんかな(笑)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-21 16:51 | 研修旅行 | Comments(0)

TRIC イーハトーブの森2016

夏の鷲ヶ岳トライアルの時 「イーハトーブの森ってホントええとこですよ~!雄大な富士山を眺めながら広大な敷地を使ってするトライアルは最高ですよ~!」・・・・OVERチームの皆さんにお伝えしたところ「じゃ~行こうぜ」と その場で前日宿泊の宿予約してはりました・・・・・
f0200399_20525511.jpg

お勧めした手前 雨で富士山も見えず、ドロドロになり、おまけに雨に打たれて風邪なんかひいた日にゃ・・・・如何すんの・・・・。

この皆さんの笑顔を見ると心配無用だったことが判っていただけますよね!(笑)

写真はTRICメンバーの小沢さんです。 何時も有難う御座います!
f0200399_21113135.jpg

過去最高のエントリー! 60名近くの参加者で大賑わい! おまけにIBレディまで来たのでオッサンのテンション大UP(笑)。 井上ボーリングの社長様 いつも有難う御座います!!!
f0200399_21184079.jpg

山頂付近には雲がかかっていましたが、朝は富士山も見えましたでしょ!絶対見たよな!(笑)。

因みに奥にに見える森もイーハトーブの森敷地内です。今回はコンペ終了後この森へ突入!
素晴らしくハードな林間コースを満喫(笑)。  面白かったよ~!
f0200399_21294660.jpg

亀トラ製英車トライアラー・・・関東の方が買われたと聞いていましたが・・・・
イーハトーブの森で発見! 元気良く走ってられましたよ!
f0200399_21371776.jpg

こちらのサミーミラー製パーツ満載トラカブの選手・・・・2年前の亀トラコンペで「俺も絶対英車でやりたい」と真剣に話しておられました。 ほんで遂にイーハトーブの森で英車デビュー!
磨きあげられた愛情こもったマシンでしたね~!
f0200399_21454383.jpg

そしてこのマシンを作ったお方・・・静岡ローリングスの店主。
今回はお客さんのAJS350で参加してはりましたが、遠慮無くリジットでガンガン攻めてコケてたよね~(笑)  まあイーハトーブの森は全域岩なしのクッショントラックなので問題アリマセンが。。(笑)
f0200399_21523393.jpg

TRICのコンペはクラス分け無しですが、セクション内にマーカーが置かれ このマーカーを通過し成功するとー1点が加算されます。 なので上手くてド根性の有る選手は挑戦するのです! 成功すれば加点、失敗すれば大幅なポイントダウン・・・・男心をくすぐるコンペです(笑)。
f0200399_2265789.jpg

オブソリ戦前部長Iwbeamさん、SANDAメンバーのつねさん、俺の3人でセクションを一緒に回りましたが、 亀トラ赤ゼッケンのつねさんと周ると目の前でえらい所を走られるので、男心をくすぐられ失敗の連続!(笑)  

遂に手に入れたベルスタッフジャケットを最後まで脱がずに頑張りましたが 汗が袖口からポタポタと流れ出て・・・・・・このジャケットの危険性を確認出来たので良しとしよう!(笑)。
f0200399_2234568.jpg

f0200399_22275483.jpg

俺も色んな単車遊びをしてきましたが クラシックマシンでの競技の中ではトライアルが一番しっくりくるんですよね~! 自分なりに楽しめれば良いし、順位や他のマシン性能もまったく気にならない。 1日怪我なく楽しめればそれだけで十分! 気の合う仲間が一緒なら なお良し!

おまけにロケーションが良ければ最高!  イーハトーブの森 最高に良い所です!

TRIC主催者の皆さんお疲れさまでした。 次回も是非イーハトーブの森での開催をお願いします。




by DG
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-17 22:55 | ビンテージトライアル | Comments(4)

2016 08 Isle of Man 第8話 - 8月29日パドックにて、その2

いきなりですが、第2問 (笑)
f0200399_23315579.jpg

Velocette 大変身。。。



元はと言えば。
f0200399_23333434.jpg



そして
f0200399_23341171.jpg

商談成立のガッチリ握手。




f0200399_23344318.jpg

冷やかしヤローには、握手ナシ(笑)



f0200399_2336399.jpg

お花屋さん、見てくれてます?



f0200399_23381110.jpg

f0200399_23383450.jpg

ゲルマンの遠征軍。
縦置きクランク、シャフトドライブながら、繊細です。



これも日本ではお目にかかれない。。。
f0200399_23401581.jpg

以前、ラベルダで信号待ちしてると、ママチャリに乗った外人さんに「それはモンジュイック?」と聞かれました。 これが正真正銘のMontjuic ですねー




この顔だいすき、Japauto Honda♡
f0200399_2342442.jpg





f0200399_23425912.jpg

ニーラーにも、Maxton サスペンション。



f0200399_23442839.jpg
f0200399_23463596.jpg

Ariel Arrow ここまで変わるんですね!



f0200399_23472035.jpg

f0200399_2349985.jpg

サドルが気になってしゃーない、BSA Bantam。



f0200399_23505635.jpg
f0200399_23511353.jpg
f0200399_23513248.jpg
f0200399_23521075.jpg

モトサコシだ! Gus Kuhnだ! と頭ン中がバーミックスでぐちゃぐちゃにされた状態(笑)


「・・・・」
f0200399_23534378.jpg

「その、半襦袢をワイの手で。。。イッヒッヒ。。。」



f0200399_23552758.jpg
f0200399_23554223.jpg

解説不可能です。。。



f0200399_23573157.jpg
f0200399_2358795.jpg

真贋を見極めることはできませんが、トランポから降ろそうとしているトライアンフを見て「GPやないすか」と言いましたら、おじさん大喜びでまたがらせてくれました(笑)


車検場に戻ると、ウイニングマシンが検査待ちでした。
f0200399_00249.jpg

#15 も、いい順位獲得したんですね!




f0200399_014294.jpg

来年もまたここで会いたいですね!


(パドック編 おわり)

つづく

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-17 00:03 | 研修旅行 | Comments(0)

2016 08 Isle of Man 第7話 - 8月29日パドックにて、その1

レース観戦2日目は、朝イチから。
f0200399_22361248.jpg




f0200399_22382486.jpg

同じ時間に同じ通りを歩いていると思ったら、同じ宿に泊まっていた、兄ちゃんと母ちゃん。
昼間にバッタリ再会しまして。。。

おふたり、毎年、島に来ているようです。

サインしてもらったらよかった、クリント・イーストウッド!

お母ちゃん、皮ジャンにピンバッジがずら~り。 重さで肩こりまっせ~(笑)



f0200399_22411813.jpg

f0200399_224132100.jpg
f0200399_22415067.jpg

#15のManx Nortonには、22歳のライダーが乗ります。
ゆえに、左側にギヤチェンジレバー。



f0200399_22432654.jpg
f0200399_22434333.jpg

Drixton、つづき。




f0200399_22444114.jpg

f0200399_22445463.jpg

#31、兄さんが嬉しそうに「BSAエンジンとしては、セニアで初めて、100マイル達成してん」

Over the Ton ですね!! 
おめでとうございます~



f0200399_2247025.jpg

MVアグスタの向こうに、RC181が見えますね!
この、論議を呼んだRC181は、あとで特集組みます。。。



f0200399_22485754.jpg

あら、土佐堀通のアノ会社。 毎朝本社の前を通って通勤してます。

で、声かけました。

で、耐震〇装のことを話しましたら(ぶしつけですね)、チョイすごまれました(怖)





あらまた。
f0200399_22505918.jpg

こちら、エンジンは450とちゃいますけどねーー



f0200399_2253688.jpg

師匠からあずかったメモリースティック画像は、オートバイより動物の写真の方がやや多め(笑)




f0200399_2254183.jpg

この、タンクマークお茶目ですね♡


f0200399_2254349.jpg

緑の平面、こここそ、腹ばいになりたい場所、ナンバーワン(笑)


f0200399_22545072.jpg

#1の短いサイレンサーに秘策あり (師匠談)



f0200399_2255681.jpg
f0200399_2255227.jpg

こちらのパドックのかたとは離せませんでしたが。




チョット歩いて。
f0200399_22553432.jpg

#33 発見!
なんだか、♯1、♯10 よりフューエルタンク大きいかも?
同じテントには、Manx Norton。
f0200399_2331945.jpg

気さくなオニイサン。


「もっと乗りやすいのがあるで」 と。。。わざわざ。
f0200399_2341195.jpg

裏に回って、トレーラー、オープンセサミ。
f0200399_2351730.jpg

モルナー技師が製作したという、シーリー・マチレスです。 わたし、悶絶。



ゆっくり話を聞きたいのに、まだ見てないエリアが広すぎる。。。






10年も前に、博多の某英車専門店にあったGPをフランス人が800万円で買ったという話は有名です。
そのGP。
f0200399_239405.jpg

そのGPが、2台どころか。
f0200399_2310682.jpg






こちらも、生まれて初めて実車を拝みました!
Vetter デザインのTriumph ハリケーン。
f0200399_23121679.jpg
f0200399_23123021.jpg

その、ギラギラしたマフラーの一本ずつ、鼻をくっつけて、クンクンしたい!




どこのどなたか、まったく存じませぬが。
f0200399_23162375.jpg

日章旗とともにたたずむ、桜吹雪。

いいレースとなりますように!

ごめんなさい、ほかにもっと見なアカン車両がございますので。。。
(興味の対象外とは申しません)


(つづく)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-16 23:24 | 研修旅行 | Comments(0)

2016 08 Isle of Man 第6話 - 8月27日パドックにて



「IOM クラシック TT & マンクス GP」


f0200399_21223799.jpg

今回の研修旅行ですが、正式なタイトルをとのご指摘を賜り、再確認いたします。

8月~9月のイベント全体を、Festival of Motorcycling と称し、

2016年は8月20日スタート、9月4日終了となります。

期間中は、さまざまなスポンサー支援のもと、

● Senior Classic TT Race
● Junior Classic TT Race

といった、我々お目当てのレースのほか、

● Lightweight Classic TT Race
● Superbike Classic TT Race
● Manx National Two Day Trial
● Junior Classic TT Race
● Supertwin / Lightweight Manx Grand Prix Race
● Manx International Classic Weekend Trial

● Classic TT Lap of Honour
● VMCC Manx Rally Closed Road Parade

など、本当に盛りだくさんのイベントが繰り広げられます。

大阪万博跡地のエキスポシティにできた観覧車は、料金が高く、足元もスケスケでためらわれるのでありますが、マン島にも可愛い観覧車が鎮座。
f0200399_21255438.jpg

・・・・・・  一周15分のスペクタクルですね(笑)



パドックにもVincent Black Prince。
f0200399_21264566.jpg

近くに行って、コンコンとたたいて見たかったですが、忙しい我々。
30メートルも離れたところから、手を合わせます。
ベージュに塗ったら、スズキSW-1に見えなくもない(笑)


f0200399_2129723.jpg

トラも、ベロも、CB500も、芝生の上が心地よさそう。
Motorcycle Classics誌主催の、女神湖のイベント、思い出されます。
あのときは、T110で900キロ日帰り(笑)



Speechless !
f0200399_2131663.jpg

いきなりドストライクですか! 
日本では見ない、スズキER125。



妖しいオーラに誘われるまま。。。
f0200399_21331262.jpg

f0200399_21332899.jpg

かつてピーター・ウイリアムスが駆ったこのG50。
テント前に無造作に置いてあるかと思えば、VIPゲストハウスの中にあったり。
我々が崇敬する本家本元、Team Obsolete の車輛です。



BMWの大きな展示場には。
f0200399_2137515.jpg

f0200399_21381297.jpg

Seniorクラスで1台くらい、走ってほしかったですねレンシュポルト。。。



ナガタ大将を連れてくれば良かった場面。
f0200399_21402925.jpg
f0200399_21405032.jpg




岐阜のお花屋さんを連れてくれば良かった場面。
f0200399_21415249.jpg

翌々日のパドック紹介でもDrixton、お見せしますヨ!




f0200399_21431959.jpg

f0200399_21433660.jpg
f0200399_21435884.jpg





純白のヤマハ。
f0200399_21444439.jpg

ぬゎんと、エンジンはFZか? フェーサーか?




このエントラントは、クラシックTTのあと、そのままクラシック・ウイークエンド・トライアルに?
f0200399_21461852.jpg

軽量化されたアリエル号。



EGLI Vincent Comet
f0200399_21472079.jpg

うつくしい。。。



どこのテントもフレンドリーに招き入れてくださいます。
f0200399_21491075.jpg

この日、10年分のMVアグスタを見た気がします。



ヲヲ、DGが買いに来るかと、この場所でしばらく待っておりましたが、やっぱりアメリカに買いに行ってたんですね(笑)
f0200399_21504165.jpg



レース観戦2日目のパドック風景へとつづきます。


By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-16 21:57 | 研修旅行 | Comments(0)

Kenny Roberts Racing Frames.

1973年 ケニーロバーツが販売会社を立ち上げ、それまで自分専用で作ってきたマシンを
YZ250マシン×5台 TT500マシン×9台 作って販売したらしい。(全オーナー米国人談)

そしてロードへ転向し幻のメーカーになったらしい。(前オーナー米国人談)

取り敢えずオリジナル状態のマシンは世界で数台やから買っとけよボケかすあほ(笑)。(全オーナー談)
f0200399_21263939.jpg


f0200399_2127327.jpg


f0200399_21282289.jpg



f0200399_21291780.jpg


f0200399_21322174.jpg


横浜に着くまでヒヤヒヤしましたが セールストーク通りのマシンでほっとしたのです!


ストロボカラーの衣装・・・・俺 似合わんやろな~(笑)。


つづく。
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-13 22:10 | バイクコレクション | Comments(0)

2016 08 IOM Manx GP Classic 第5話 - Race編

f0200399_22482348.jpg

そーでした。 レースがプライオリティ!

ちゃんと観ました、聞きました、初めてのManx GP Classic (Senior & Junior)。

f0200399_22494174.jpg

Murrayさんのミュージアムを後にした我々は、レースコース閉鎖前にポイントに着きたい一心で、レンタカーを飛ばします。

しかし、クォーター・ブリッジを突破できず、誘導されるがままに脇道を進むんですが、怪我の功名と言いますか、結構いいポイントに到達したんです。
f0200399_22523184.jpg

f0200399_2253666.jpg

地名で言うと、Cronk-ny-mona。 発音はわかりません。


お目当ての、PATONの走り!
f0200399_2255869.jpg
f0200399_22552596.jpg
f0200399_22554298.jpg



ここは、ご覧の通り、上り坂。
あとで行く観戦ポイント、Creg-ny-Baa で大きく右に曲がった後、ぐぐっと駈け下り、左にベンドしながら上りに転じ、ライダー各々のシフトアップポイントを過ぎて、大きく右手を捻っていくという、醍醐味のある場所でした。


遠くから、目の前、そして姿が見えなくなるまで良い音を聞かせてくれます。
500ccの単気筒レーサーは、それにオイルの焼ける匂いまでトッピング。
あまりにもスピードが速くて、素人写真では表現しきれないことが残念です。
が、中に師匠の力作も紛れ込ませて、しのぎたいと思いますズルいな。
f0200399_23314.jpg
f0200399_2332582.jpg
f0200399_23336100.jpg
f0200399_2335865.jpg
f0200399_2341482.jpg




自宅の庭でレース観戦。。。
f0200399_2351092.jpg

100余年の歴史を持つアイランド・レースだけに、地域のひとたちも楽しみ方がうまい!
バーベキューしながらなんて、うらやましすぎる。。。



f0200399_2383862.jpg

そして、目指すはCreg-ny-Baa。




標高のせいか、ヒースが大地を覆います。
f0200399_2395224.jpg

とても可憐なお花です✾


観覧席もありますが、VIPではない我々は、原っぱ。
f0200399_23105918.jpg




悪いクセですね、ケータイいぢる私。
f0200399_23114117.jpg

たぶん、この時点で(自分では自覚してませんでしたけど)パケホーダイ使えないマン島で、パケット料2万円くらいイッてたと思います、1日目。 合計3日マン島にいたんですよね、気づかないまま(笑)


師匠。
f0200399_23135559.jpg

まだ2日目、午後のひとときはヤバい。


交代で運転するので、見るだけのおビール!
f0200399_23153853.jpg
f0200399_23155395.jpg

みなさん、心行くまで。。。
f0200399_23165016.jpg

バーの裏でも。



やがて、遠くから排気音とともに。
f0200399_23174377.jpg

f0200399_2319590.jpg
f0200399_23192219.jpg

写真でしか見たことのないレースシーンにじーん。
マシンがお目当てのクラシックでなかったのですが、プログラム進行内容と慣れない移動を考慮すれば、上出来でしたね、師匠!


f0200399_23254214.jpg

次のレースまで時間があるぞ、と、ラクシーにある水車を目指します。
f0200399_23221731.jpg

こんなに明るいですが、すでにクローズド(汗)。
でも、間近にそびえるホイールに驚嘆、さらに反時計方向にコースを回り込んで。。。と思ったとき。
f0200399_2324427.jpg

モンスター。
詳しくは後ほど。



移動してると。 リアビューミラーにただならぬ雰囲気を認めます。
f0200399_23272055.jpg

ヲヲ! 
即座に前に行かせ、追尾します。
f0200399_2328797.jpg

うまれてはじめて拝観いたしました、Vincent Black Prince
ウインカーがついてましたが、ライダーは手信号でした~


そうして、たどり着いたのが、バラフ・ブリッジ。
f0200399_23311323.jpg

f0200399_23314889.jpg

f0200399_23321740.jpg
f0200399_23323260.jpg


Manx GP 観戦1日目。
無事に終わりました。 大満足!

その夜は昼の好天が信じられないほどの大雨。
f0200399_23333053.jpg




レースの無い日曜日を挟み、月曜日がManx GP 観戦2日目です。
f0200399_2334567.jpg

歩いてスタート地点へ。
f0200399_23353586.jpg
f0200399_23354716.jpg

コントロールタワーも、Hiroくんが教えてくれた、サンドイッチの美味しい教会にも、青空が映えます。



f0200399_2337710.jpg

ひとしきりパドックを歩いて取材した後、まずはブレイヒルへ。
f0200399_23373084.jpg

f0200399_23381449.jpg
f0200399_23382650.jpg

前々日はClassic Seniorクラスでしたが、今朝はClassic Juniorクラスです。
350cc、ホンダが占めています。


観戦場所は、このブレイヒルのほかにクォーター・ブリッジといたしましたが、レーサーがほんの数秒で駆け抜ける所を、徒歩では何十分もかかりました。 コース上はもちろん進入できないので、脇道をジグザグ、しかもアップダウンも予想以上。 でも、目の前をあっという間に走り去るレーサー見て、疲れも吹っ飛びます!
f0200399_23423163.jpg

f0200399_23424345.jpg
f0200399_23432914.jpg
f0200399_23434189.jpg





そしてクォーター・ブリッジ。
5年前に貼りつけてマーキングしたBRAYHILLのチームステッカーは、大きな看板ごと撤去されてました。。。
f0200399_23443320.jpg

ブレイヒルから猛スピードで下ってきて、減速に減速、右に曲がってストレート、木立の中に消えていく見どころです。
f0200399_23455048.jpg
f0200399_2346243.jpg
f0200399_23461591.jpg
f0200399_23462680.jpg



Juniorクラスが終わるころには、もうクタクタ。
たまたま、客を降ろしたタクシーを捕まえてメインスタンドに戻った我々でした。


もっと上手に、いいポイントでレースを楽しめたかもしれませんが、二人とももう大満足の初Manx GP観戦でした。


つぎは、師匠が走るのをサポートしたい!


By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-12 23:49 | 研修旅行 | Comments(2)

2016 08 IOM 第4話 - Norton、とくにコマンドー。

f0200399_2231879.jpg

視界にはコマンドーしかありません。。。

勢い鈍った筆にCRCを吹きかけて、続編 「2016 08 IOM Manx GP Classic - Race編」 を書き始めたのですが、昨日訪れた神戸「北の椅子と」で、シャチョーから興味深い話を耳にしたので、特別編ノートンでまとめます。

奇しくも、オブソリ界隈ではHrianさん、DG組長も由緒正しきコマンドーに乗っており、最近シャチョーもお気に入りの一台、ということです。

昨今のトライアンフ・ユニット650ccの異常人気を凌駕するのは、まず間違いありません(保証なし)。

そんな感じで、コマンドーを中心とした、街角で見かけたNorton重量車を画像で。
f0200399_2262237.jpg

こんな急坂でもずり下がらない、パンツのゴムの鑑のようなコマンドーたち。
奇異なセンタースタンド形状、さらにはスタンドを立てた状態でも、前後輪が踏ん張るという、掟破り。


f0200399_22912.jpg

新生コマンドーも、いい感じで佇んでいますね。
なにせ、OHVなのがキュンとしてまいます。。。
(注: 新旧ノートンに挟まれたトライアンフBonnevilleは、ちゃんと後輪が浮いています(笑))


ドミレーサー?
f0200399_2210471.jpg

アソコとココをこうすれば、バッチリになるんですが!


f0200399_22121599.jpg

町にたたずむ姿が、いちいち格好いいです。
この人も、スタンド形状が普通なのに、前後輪踏ん張りーの(笑)


のどかな郊外で。
f0200399_22142739.jpg

小さくてすみません、でも明らかにロンパリなメーターは、コマンドーさんたち。

カチッとしたハンドリング、扱いやすいエンジン。
21世紀にも、立派に通じる優れた設計がされていたのではないでしょうか?




これはカッケー!
f0200399_22175159.jpg

@ダグラス市内、プロムナード。


特別篇の番外編。そこには。
f0200399_22193124.jpg

おにぎりくん。


f0200399_22212332.jpg

戻りますが、ネオクラシックの王者は、やっぱりコマンドーではないでしょうか?
ずば抜けて高価ではありますが。



結局何が言いたかったというと、名車を束で持つシャチョーがぼそっとつぶやいたんです。
「コマンドー1台あれば、もう他に要らないかも」。。。


むろん、本心ではないのですが(笑)Norton Commandoの優秀さの証左ではないでしょうか。
コマンドブーム、来てます。


そして、予言師シャチョーの次の一手が。
f0200399_22244822.jpg

決して趣味性だけでオートバイを見ない男。
彼をして「欲しい」と言わしめたのが、Rudge。

目のつけどころが、ラッジでしょ。

2020年代の過熱を待ちましょう。。。


By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-09-12 22:29 | ビンテージコレクション | Comments(0)