「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ウワサのRC181」 @ 2016.08 IOM クラシック TT & マンクス GP

特集その2です。
f0200399_21591362.jpg

まさに師匠と私が滞在中、世界をかけめぐったホットニュース。

それは、クラシックTTのパドックに、括目すべき車両があるというものでした。

f0200399_222296.jpg

ホンダオンチの自分はRC181がどういう価値を持つレーサーなのか、サッパリわからないことを、まずは白状しておきましょう。

日本某所から発信された指令は、「誉れ高いIOM クラシックGPで、白昼堂々とRC181を名乗り、マイク・ヘイルウッドを引き合いに出している、一台のレーサーを捕捉せよ。」

師匠が鼻をクンクンしながら、広い敷地の夥しいパドックテントを立ち入り検査します。 そして、ホンダレーサーが並ぶところでは、聞き込み調査で、目撃情報を取ります。

そしてたどり着いたのが。
f0200399_2253694.jpg

MVをも抱える名門チームのフロアに、それはありました。




高級ではない一眼レフを首から下げた東洋人が二人。。。
f0200399_2265827.jpg
f0200399_2272160.jpg

近寄ろうにも、ロープで規制されていて、しかも手前にアグスタ。



しゃあない、左サイドだけ抑えとくか!
細部は望遠で!



しかし優しいチームの責任者が、スパイ2人をマシーンのもとへ。
f0200399_22102754.jpg

秘密のベールが除かれました!
カメラレンズの目よりも鋭い、師匠の目が、とっくりと細部まで舐めるように。。。



ここでは過分なコメントは控え、しかるべき碩学の皆様、お歴々にお願いして、知見を総動員して車両の出来栄えなるものを見分してもらいたいと思います。

ディテールの写真をずらーっと。
f0200399_22202261.jpg

f0200399_22203549.jpg
f0200399_2220537.jpg
f0200399_22211092.jpg
f0200399_22212368.jpg
f0200399_22222081.jpg
f0200399_22223417.jpg
f0200399_22224893.jpg

f0200399_22233268.jpg

f0200399_22235078.jpg

f0200399_22251186.jpg
f0200399_22252852.jpg

いかがでしょうか? 
見方によっては、アソコが違う、ココがヘン、とかご意見ありましょうが、この一台を目の前にして思ったのは、無から作り出す熱意は中途半端じゃないな、と。 ものづくりとは縁遠く、人さまが作ったものに依存する以外能が無い自分は、ただただ息をのむのでした。

東洋人二人、けっこう意地悪く、ツッコミどころをさがしながら数十分。

なのに、チームの皆さんは、嫌な顔ひとつせずに、聞いてないことまで教えてくれます。

ハンガリーの才能ある技術者が、茂木にあるホンダ・コレクションまで足を運び(一度ならず)、RC181 現車に触れてデータ取りをしたこと、クランク一式は、実はCBXムニャムニャムニャのを使って、コンロッドは市販のキャリロ、電装もアフターマーケット品を使っていること、クランクケースやブレーキドラムは、このプロジェクトのために、鋳物から作り出したこと、などなど。。。



f0200399_22351057.jpg

師匠が、「日本でロードレースやってまんねん」というと、このポーズ(笑)


資金力もすごいと思いますが、その向こうに熱い思いがはっきり見えた気がしました。


このRC181 レプリカ、8月29日 16時からのパレードで走り、ハンドルを握る予定のライダーは、「沿道で見かけたら、君らに手を振るよ」と笑ってくれたのですが、残念なことに16時すぎにフェリーで島を離れる予定の我々。 その雄姿を目にすることはできませんでしたが、乗る人見る人聴く人すべてが歓喜に沸いたことと思います。


By TOKU


マン島、英国の研修旅行レポートはこれで終わりです、おつきあいありがとうございました~~
(思い出したら、また書きます)
[PR]
by clubobsolute | 2016-10-10 22:45 | 研修旅行 | Comments(0)

2016.08 IOM - Sidecar Trials 初観戦

特集、その1。 

カメラ小僧TJ の写真も織り交ぜて。。。

亀岡トライアルランドで、競技車両を横目で見たことはありますが、動画さえ見たことないのに、いきなり実物実演を見てしまいました、偶然。


マン島漫遊中(笑)
f0200399_735279.jpg

たしか、TTコース逆走、島の北西をだらだら走っていた時、脇道もないのに路肩からいきなりアヤしい機影が。


二人とも目を細めて見入ります。
「あのタイヤの細さ、キャンバーアングル。 戦前のサイドカーや!


f0200399_738435.jpg

f0200399_7384517.jpg

でも、なんか寄り添い方がヘン。
時たま、立ち上がったり。


何分もあとをついて行って、それがサイドカートライアルであることがわかるのでした。


f0200399_7405120.jpg
f0200399_741323.jpg

農場の中には、何台もいる様子。

明らかに私有地らしく、ヨソモノには近寄りがたし、の雰囲気ムンムンなのですが、おそるおそる声をかけて視ましたら、ドーゾドーゾ、ということで。

入る時は、ヒツジが周りにいないことを確認し、柵はしっかり閉めてロープを掛けます。


あー、なんか楽しそう!
f0200399_744518.jpg

f0200399_7462785.jpg

f0200399_7441752.jpg



ふざけているのかと思ったら。。。
f0200399_7481119.jpg

逆キャンバーで、カー側が谷側になると、そりゃ怖いですよね、ということで舟を浮かせる訳ですか!



肝心のセクションは?
(一か所しか見れてませんけど)
f0200399_7494482.jpg

f0200399_751157.jpg
f0200399_7513352.jpg
f0200399_7514617.jpg

前夜の雨で、土であろうが草であろうが、トゥルントゥルンであります!


f0200399_7532733.jpg
f0200399_7534666.jpg
f0200399_754710.jpg
f0200399_7542369.jpg

低速でジワジワ的な感じはなくて、かなり駆動力をかけて、セクションを進んでました。

チカラワザですね。 パッセンジャーも忙しそう、プラス恐怖心もかなりありそうですー
パッセンジャーは、カノジョとか奥さまが多いようですが、オッチャンもいてました!


マシンたち。
f0200399_7564393.jpg
f0200399_7565688.jpg

舟側にもブレーキついてました。
新しい車体で、二サイクルも四サイクルも。



会場の入り口に。
f0200399_75819100.jpg

老後のことばかり頭を経巡る今日この頃。
こんな軽いトレッキングマシンに、どうしてもどうしても目が… (笑)


このあと、違うセクションも見かけたんですが、時間が押していて。。。
ザンネン。
もっと見たかったですね~、師匠。



(特集 その2へとつづく)

By TOKU
[PR]
by clubobsolute | 2016-10-10 08:03 | 研修旅行 | Comments(0)

2016.08 IOM - Liverpool - Windermere - Scotland

あれからひと月。
冷めやらぬカラダの火照り♡

昨日も師匠と会いまして。

「今度行くときは、週末二つまたいで満喫せなアカンな」みたいな話を。

オートバイレースの楽しみとは別の、今回の旅行の「ハミ毛」みたいな写真を、ダバッと。

スタートはロンドンで。
f0200399_12114331.jpg



美しいシルエットのプロペラが待っております。
f0200399_1212938.jpg



マン島のレンタカーはマニュアルトランスミッション。乗りにくいです。
軽トラのほうが乗りやすいわ!!
f0200399_12133747.jpg



鉄道馬車。
f0200399_12144683.jpg

ウワサでは、2016年を最後に、なくなるそうです。



登山電車(乗れませんでした~)
f0200399_12154898.jpg




ラクシー・ホイール(明るさに時間を錯覚、閉園時間すぎてて、入れませんでした~)
f0200399_1217238.jpg




5年前は会えなかった、ジョーイ・ダンロップさん。
f0200399_12174557.jpg




ピールの町と港。CCMを見かけたところです。
f0200399_12191833.jpg




ポート・エリン。こんな裏庭、いいですね。
f0200399_12202939.jpg

住みつきたい気持ちもありますが、レースやイベント日ばかりではないので、一年のうち300日は退屈に感じるかもしれません。。。



白い壁と葺いた屋根。
f0200399_12224412.jpg





カフ・オブ・マンを望む、島の南西端にて。
f0200399_12262958.jpg
f0200399_12265579.jpg

Rustless Hiroくんのと、色違いかな?




ネコさんたち。
f0200399_12281652.jpg






レンタカーを返して、やってきたのはカッスルタウン。
f0200399_12293632.jpg

お目当ては!
f0200399_12304880.jpg
f0200399_1231580.jpg





夢のような3日間を過ごしたマン島をあとに。
f0200399_12314288.jpg





ジョン・レノンさんのところへ~
f0200399_12322190.jpg
f0200399_12325572.jpg





滞在中は、こんな可愛いクルマばかり!
f0200399_12334616.jpg

。。。では決してありませんけど、ますます露悪的に変貌した「プリウ〇」や、「アク〇」とかをほとんど見かけなかったのが、精神的によかったのかもしれません(笑)




リバプール。
f0200399_1236153.jpg
f0200399_12363248.jpg
f0200399_1236505.jpg
f0200399_12371117.jpg






年季が入っていますが、間違いなく生まれたときからこのカタチ。
心に、しみるなぁ♡
f0200399_12393374.jpg





ウィガンの見晴らしのいい丘に登ったら、目の前にウサギのピーターさん。
f0200399_12403211.jpg





湖水地方のウインダミアに着いて、湖岸まで散歩。
結構な下りです。
帰りは上り坂、迷うことなくタクシーに(笑)
f0200399_12414117.jpg
f0200399_12415445.jpg




Lakeside Motor Museumのあとは汽車ポッポ。
f0200399_12434174.jpg
f0200399_1244452.jpg




汽車のあとは、遊覧船。
f0200399_12445672.jpg
f0200399_12452389.jpg

連合王国United Kingdomでは、白鳥を食べることは罪で、唯一食べることができる人、それが女王なんだそうです。。。



湖水地方でいちばん古い建物で。14世紀(やったかな)
f0200399_12471855.jpg
f0200399_12473791.jpg

ビールに合うサンドイッチをこさえてくれたのは、80年代の世界的ビリヤードプレーヤーさん。



ヒツジさん。そしてどこも緑。
f0200399_12505222.jpg
f0200399_12512431.jpg





スコットランドに抜ける山道で。
f0200399_12525178.jpg
f0200399_12531873.jpg
f0200399_12534877.jpg

私の友人は、RD125かRD200の前ブレーキキャリパーを探しています、適価希望。。。





道、せまいです。
f0200399_12551196.jpg






友人にとっても外国という、スコットランド突入。
f0200399_1256198.jpg






ハイランドのピトロコリーで泊ったのは、洋館(当たり前ですが)。
f0200399_12584284.jpg



お目当てのスコッチウイスキー蒸留所へ~
f0200399_12593954.jpg
f0200399_1301363.jpg
f0200399_1303886.jpg
f0200399_1311434.jpg

入場券買わずとも、ホームに行けるのがうれしいです。





「何食うてもウマイ」と言ったか言わなかったか。
f0200399_1330100.jpg






「日本に帰ったら、たこ焼き食うねん」みたいな?
f0200399_135879.jpg

それとも、

「PATON買うたら、どんなグリーンに塗ろかな?」もともと緑色ですけど。




散歩して、麦畑ながめて。
f0200399_1364260.jpg

f0200399_137480.jpg





やってまいりました。
f0200399_1373197.jpg
f0200399_1382259.jpg
f0200399_1384894.jpg

我々ゴルファー(プレイするのは師匠だけですけど)の聖地、セント・アンドリュー・ゴルフコース。




そして、力強く、美しい、フォース鉄道橋。
f0200399_13104556.jpg

日本人のノーベル賞受賞もすばらしいですが、こうして後世に残る巨大構造物に名を遺す日本人も立派ですね!




鉄道橋をあとに、エジンバラへ。
f0200399_131238100.jpg

f0200399_1313878.jpg
f0200399_13133477.jpg




罪人が首を吊られる前に一滴の酒を飲ませてもらったという、LAST DROP。
f0200399_1316254.jpg





旅の最後の夕暮れ。
f0200399_13184398.jpg




オートバイで始まった旅は鉄路を進んで終わりへと。
f0200399_1320658.jpg
f0200399_13202366.jpg

f0200399_13204996.jpg
f0200399_1321468.jpg



最後はロンドン、ユーストン駅。
チト、風情が薄いですが。
f0200399_1321559.jpg




今回はオートバイの写真なしの、名もない二人の旅人のお話でした(笑)



By TOKU


(特集へとつづく)
[PR]
by clubobsolute | 2016-10-04 13:24 | 研修旅行 | Comments(4)