2017.12.3 Festival of Sideway Trophy



f0200399_22535604.jpg
12/3 Festival of Sideway Trophy.
オブソリ新入部員のNです。DG組長から「今回はお前が書け!だから写真いっぱい撮っとけよ!」とのありがたいお言葉を頂きましたので、書かせて頂きます。サーキットに行った経験は、組長の葉巻練習と#52の津軽さんに招待して頂いた菅生の練習だけで、実際にレースを観るのは初めてです。
f0200399_22473310.jpg
前日の朝、組長宅に集合。RustlessのRiroさんと3人で袖ヶ浦へ。自分は後部座席で、Manxの隣という特等席!なんとも贅沢な移動時間でした。
f0200399_23120182.jpg
f0200399_23005702.jpg
当日の7時前にサーキット入り。レースの朝がこんなに早いとは、、夕日のように見えますが、朝焼けです。今回、パドックで一緒だった2台。1936 Norton 40Mと1938 Triumph Speed Twin。既にテンション爆上げです。

準備も終わり、パドックをふらふら。かっこいい車両ばっかり。オーラありまくりです。
f0200399_23200498.jpg
f0200399_23220584.jpg
なんて素晴らしい空間でしょう。もうこの時点でお腹いっぱい。
f0200399_23042335.jpg
f0200399_23025048.jpg
f0200399_22490588.jpg

Sideway Trophyは、拘りの衣装やスタイルを意識することで、当時の雰囲気を再現することを目的としています。(Web Siteより)その為、参加者の方々が、服装にも力を入れています。まさにタイムスリップしたような感じで、会場の雰囲気を盛り上げます。
f0200399_22500664.jpg
開会式も終わり、完熟走行前の組長。Hiroさんはプレスのゼッケンを着て、持参の折りたたみ自転車でサーキットを走り回り、写真を撮りまくってました。
f0200399_23363851.jpg
ここでトラブル!完熟走行から帰ってくると、Manxのリア周りがオイルまみれに。組長は「赤いオイルやからギアボックスちゃうか〜。オイル入れすぎたかな」とのこと。近くにいたBritish Beetの鈴木さんが、オイル量について一言。ドライバーで掻き出し、適切なオイル量に。その後はオイル漏れもなく、絶好調でした。
f0200399_22453753.jpg
f0200399_00551939.jpg
f0200399_22470399.jpg

同じパドックのSpeed Twinを穴が開くほど見ていると、持ち主の山口さんが「これ、1年エンジン掛けてないけど、たぶんキック1発で掛かるで。掛かったら乗ってもええで」と声をかけてくださいました。そして見事に1蹴りでエンジン始動!うるさすぎず、ジェントルなサウンドを刻みながらアイドリングしていました。お言葉に甘えて、乗らせてもらいました。なんと言うか、至福の時間としか言えない程の素晴らしさ。これがトライアンフかと、うっとり。今思い出してもゾクゾクするほどの最高の体験でした。語彙力無さすぎて良さを伝えれない、、

f0200399_22263688.jpg
そして予選。自分が走る訳でもないのに、かなりの緊張感。ドキドキしながら見てました。組長は予選タイム2位で通過。初めて観るレースに大興奮。ライダー達は自分のマシンに鞭を打ちまくり、全力で走っておられました。その遠慮しないライディングがめちゃくちゃかっこいい。外から見ててこの楽しさなんやから、走るほうはもっと楽しいに違いない。そりゃはまるわけや。
すごく印象的だったのが、#86のNorton。本で見るようなスタイルで、袖ヶ浦のホームストレートをぶん回していました。かっこよすぎる。フロントのマン島エンブレムが素晴らしい。個人的にSideway Trophyのベストドレッサー賞。残念ながら、決勝レースはマシントラブルで走れていませんでした。
f0200399_15083545.jpg
いよいよ決勝レース!いってらっしゃい。
f0200399_22251095.jpg
f0200399_22525051.jpg
f0200399_23540133.jpg
f0200399_22263688.jpg
このピリピリ感。でもこの空気感がいいね。全員が全力を出して走る!ってゆう気持ちが伝わってきます。一斉にエンジンに火が入り、まさに空気が震えます。感動してゾクゾクします。そしてスタート!
f0200399_22285740.jpg
f0200399_00002109.jpg
f0200399_22282577.jpg
(ピントが合ってないのはご勘弁を)


決勝レースは、#221のGoldieと組長Manxのデッドヒート。この距離でホームストレートをぶっぱなし、1コーナーに飛び込んで行っていました。思わず声が出るぐらいの大迫力。リジッドのベロも全力で走っていて、めちゃくちゃかっこいい!

結果は、#221Goldieがトップ。組長は僅差の2位ですが、なんと途中でメガネが壊れ、前が見えにくい状態で走っていたとのこと。それでこの走りが出来るって、恐ろしい人やな!なんてこった!
シャンパンファイト。全員楽しそうです。メガネは宙に浮いたままなので、この時も前が見えてなかったんかな?笑 素晴らしい天気でよかったです。
f0200399_00160961.jpg
そして表彰式。トロフィー貰ってはしゃぐ組長。少年の目をしています。笑 表彰台に立てる気分は最高やろね。そらこんな笑顔なるやろなーと、感じておりました。
f0200399_00231460.jpg
そして、閉会式はレジェンド生沢徹さんの講評。次回は、もっと服装やパドックの雰囲気を盛り上げ、往年の空気を作っていきたいとのことでした。
f0200399_15040858.jpg
f0200399_00263099.jpg
そしてそして、なんと組長がBest of Sideway Trophy受賞!デッドヒートを繰り広げながらも、惜しくも2位という健闘を称えて、というのが受賞理由。トロフィー2つ持ってこのドヤ顔。本人も、1週間は余韻に浸れると大満足しておられました(笑)


実際にレースを観て感じたのは、ライダー全員が全力でマシンを走らせていること。2輪3輪4輪サイドカー関係無く、全員が思いっきり走っていることに、このレースの魅力があるんじゃないかと思いました。憧れの車両が目の前でイキイキとしている姿に感動しました。この感覚は実際に目の前で見てみないとわからないし、実際に走ってみないとわからないと思います。見るだけではわからない感覚を味わいたい、自分も必ず!と強く感じた1日でした。ほんまに楽しすぎました。


17時過ぎに袖ヶ浦を出発。3人で交代しながら運転し、ヘロヘロなりながら1時半に組長宅に到着。翌日はバイトを休みにする万全の体制で、ばっちり夕方まで寝ていました。


f0200399_22575947.jpg
今回ご一緒させて頂いた、組長とHiroさんと1枚。最高に楽しかったです。本当にありがとうございました、そして組長おめでとうございました!!!


By N.



[PR]
# by clubobsolute | 2017-12-06 01:02 | CLASSIC ROAD RACE | Comments(3)

2017.11.26 On Day Trials 本編

誰かが言ってました、名言。「ベルスタッフ祭り」
そしてベルスタッフが似合うトライアルマシンが増えましたね!
f0200399_22132926.jpg
いま、余韻に浸りながらこのブログを、右足だけ白いモトクロスブーツを履いて書いております(涙)



さ、いきましょ!
トライアルイベント・デビュ~
トライアルコース・デビュ~
の、芳ぼん。
f0200399_22155221.jpg
おニューのリヤサスが真っ白(歯も)。

f0200399_22173640.jpg
TETSUさんが繰ると、大きく見えない500マチレス。。。
あまりにも上手いので本人にインタビューしてみますと。
「重い車体ゆえの安定感」
「戦前部長に言われたとおりにOHに出したマグネトーがゼッコーチョー」
「工場長のモディフィケイション」
「頼んでよかったタンクの塗装」

いつもの紆余曲折、臥薪嘗胆はいずこへ!
でも、とにかくおめでとうございます! ナイスマシーンです! ”BEFORE”を知っているのでホント驚きです。

f0200399_22231852.jpg
前週のコソ練で火花が飛ばなくなったTY175も、工場長の魔法で実戦モードとなったイシダマルコくん。


f0200399_22242802.jpg
芳ぼん。。。
本人コワイ場面があったようですが、それを見ているコッチもやっぱりコワイのよ。。。


そして、こちらも初トライアルと言うキャプテン父子。
f0200399_22282524.jpg

f0200399_22280971.jpg

トライアル初めてにしてはデキすぎの二人です! そりゃモトクロスもバック転も自転車も、何でも来いですからね~


f0200399_22331277.jpg
DGも、「鷲ヶ岳以来。。。」と言いながらちゃんと乗れてるし。
f0200399_22341119.jpg
緑ゼッケンクラスやし。。。





んで、日本一周のゴールをワンデイトライアルに設定した、オブソリ唯一の学生ナカヤマくん。
7000キロ走ったんやと~
キャンプ道具満載で、ほぼホテル滞在やと~
トライアルイベントは、これが初めて。思い通りにいけたかな(笑)
f0200399_22372953.jpg
昭和50年代の平凡明星のピンナップですね(笑)


同じセクションでの、山本チャンプ。
開会式・閉会式の漫才、笑いました!和みました!
f0200399_22391894.jpg


昼休みは、いつもの美味しいトン汁とごはん、ふりかけ。
ごちそうさまでした!
そして、この焼いも~~~
f0200399_22411239.jpg
f0200399_22412651.jpg
ごちそうさま~
ホクホクで美味しかったよ~





午後イチは、クリーン連発の5セクション。
f0200399_08221009.jpg

Hiroくん、シャチョー。
二人とも、コソ練で大いに腕を上げたクチです!
f0200399_22441901.jpg
f0200399_22444500.jpg



勝手ながら、本日撮りたかった絵は、コレ。
f0200399_22455263.jpg
f0200399_22461354.jpg
モンテッサ万歳! スペイン万歳! パルケエスパーニャ?
呉からやってきた1960年代と、並べてみました80年代車。


f0200399_22493540.jpg

私が個人的に大好きな沢セクション、どうぞ~
f0200399_22510594.jpg

f0200399_22512617.jpg
f0200399_22514477.jpg
f0200399_22520814.jpg

秋の亀トラは、落ち葉もすてきです!
f0200399_22532539.jpg
f0200399_22534845.jpg

記念撮影、にぎやかに。
f0200399_22561605.jpg
表彰式もにぎやか。
f0200399_22571523.jpg
f0200399_22574476.jpg
復帰するときは、黒ゼッケンから出直そうかな。。。




全員楽しんだ一日でしたが、7000キロ走ってまだ乗り足りぬ若者の表情、ナイスでした!
f0200399_22594945.jpg
ホンマに楽しそうに笑ってる! 春が楽しみ。


By TOKU



[PR]
# by clubobsolute | 2017-11-28 23:05 | ビンテージトライアル | Comments(5)