人気ブログランキング |

アルトンのススメ

マイナーねたですが、よろしくお願いします。

四半世紀あこがれ続けた英車、私にとって二台目のトライアンフ・タイガー110が9カ月ぶりに戻ってまいりました。

オイル漏れ → 腰上OH → コンロッドがたがた → 腰下OH → オイルポンプ+キャブ交換 → 充電不良。

充電不良で足止めを食らい、ダイナモ、レギュレタなどなどお店に相談して対策を講じてもらったのですが、恒久的な安定が得られませんでした。

12Vオルタネータへの交換を勧める先輩の話も聞きました。
オルタネータ開発者のALTON社、Paul Hamon氏の記事も拝見しました。
ダイナモ巻き直しのコストとリスクを天秤にかけました。
doigumiさんのトライトンのエンジンはT110ですから、どうせレースでは使わないんだから、横取ろうとも。

思いきってALTONにメールを送ったのが4月28日で、ポール氏のレスポンスの早いこと! コンピューターの前にいれば1~2時間で返事をくれ、内容も納得のいくものでした。

○ 基本的な仕様、配線図
○ 価格明朗、支払方法もPayPal
○ 普通のバッテリーとMFバッテリーとの相性
などなど。

5月1日には発注、即日発送され、アイスランドの火山噴火の影響もさして受けずに5月7日には小包が届きました。

お店にすべて任せたかったですが、自分でできることだけでもということで、チョー基本的な作業だけやりました。各電球を12Vに、ウィンカーリレー交換、バッテリー調達。

そして本日27日、大阪市内で八重洲出版のThe Motorcycle Classicsを買い求め、ナセル特集の記事を耽読しながら片町線に揺られて~~。

作業と試運転は完全に終わっていて、丁寧に磨かれた愛車とご対面。自分でも試し乗りを兼ねてRS Taichiへ。チキチキ装備品を少々。

久しぶりのOHVキック、ケッチンを三回ほどいただきました。

気になる発電は… むぅ~バッチリ!! アンメーターが振りきれんばかりです。ライトを点灯してもそれは治まらない… 現代技術とレアアースの共産物であるネオジム磁石の、あんなにちっちゃい粒々のすごさ。

帰り道は結構混んでて、エンジンを吹かすことが難しかったですが、発電系統が良くなっただけなのに、点火系も良くなったらしく(?) 黒くくすぶったプラグにもかかわらずミスファイヤーの一つも無く、ニマニマしながら曇天の大阪を滑走しました。

嬉しくて~写真撮りました。

右横です。
アルトンのススメ_f0200399_22103882.jpg

ウナジです。
アルトンのススメ_f0200399_22111067.jpg

左横です。灰色の雲でも心ハレヤカ!
アルトンのススメ_f0200399_22113662.jpg

功労者のALTON発電機です。ダイナモより軽くて1.3KGです。配線取合いのほかに5か所孔がありますが、ポール氏の話では多少の浸水も問題なく、異物が悪さすることもないそうです。
アルトンのススメ_f0200399_22122716.jpg

アルトンのススメ_f0200399_22145192.jpg

正面です。
アルトンのススメ_f0200399_22152263.jpg

えっへん。このアングルで撮ると、オートバイらしい力強さ。
なんやったら、コレでチキチキに?
アルトンのススメ_f0200399_22163612.jpg

イヤイヤ…それはやめときます。

もう幾つ寝ると、チキチキ。みなさま、よろしくお願いいたします。

By TOKU
by clubobsolute | 2010-05-27 22:21 | 整備日誌
<< オブソリにも春が来た~!!! OneDayTrial 動画 >>