BSA GOLD STAR SCRAMBLER 4年目のメンテ

仕事で心とカラダが いっぱい一杯に為るとオートバイの事が恋しくなってきますよね!
手軽な趣味が有って良かったわ~! 徒歩30秒のガレージにGO‼ GSSメンテ開始です。
f0200399_20534864.jpg

ところでヒストリックロードレースの先輩がこの程 メチャ綺麗なMANXをガレージに迎えられたそうです! イイ趣味お持ちですね(笑)。
ほんでビックリ このMANXはBernie Allen 8号車なのです! ワタクシのはBernie Allen 7号車なので 遂に日本のサーキットで兄弟車が御対面!!

これでLOCでのGPクラス単独開催がまた一歩近づきました! 今シーズンはタッキーのニューマシン BSA Rocket 3 Rob North!との3気筒対決 そしてMANX兄弟対決と楽しみ一杯なのよ。
f0200399_20181717.jpg

話もどってBSA GOLD STAR SCRAMBLERも今年で4シーズン目に突入・・・・ 
池田徳寛氏より譲り受けGPキャブに悪戦苦闘しながら2シーズン コンセントリックキャブに付け替え1シーズン 大きな故障もせず良く走ってくれましたわ。 お陰でアッチコッチに傷へこみ&サビも出て来ましたので
ここらでお化粧直しです! なぜだか?MANX&RS600Dが鎮座しないガレージは作業スペースが確保出来バッチリOK。(笑) 
*写真は2011年10月 ON ANY SANDAでの初レースです。いきなりこの姿です(笑)。
f0200399_20554890.jpg

f0200399_20573570.jpg

f0200399_83855.jpg

各部をグリスアップ プライマリー調整 オイル交換にペンキ塗り!
後は磨いて磨いて磨き倒しです。 掃除して点検すると色んな場所のボルトが緩んできてます。
エンジンハンガーボルトは1か所脱落 驚きはキャブの固定ナットが1個脱落しキャブがグラグラ・・・・・・
何時からなのか?昨年はチキチキVMXが最終戦だったので2ヒート目からでしょうか? 
GSSはインマニから空気吸っても問題無いみたい?(笑)。

来週土曜日のBrit Brat Day Vol.05 までには小奇麗にし
神戸へ出発やで。
f0200399_821763.jpg

日本の匠シリーズ・・・・岡山のカンリン製 クランク&コンロッド
BSA社 リベット止めクランクシャフトの耐久性が問題有りらしく 削り出しのワンピース構造にて
作製 素晴らしい匠の技。 

昨シーズンよりエンジンから悲鳴のような声が聞こえてきたので 来るべき日にそなえて調達したのです。

 
しかし落ち着いて考えると最近ビーフジャーキとワンピース構造のパーツで痛い目に遭った様な気がする?(笑)。



by  DG
by clubobsolute | 2014-03-07 22:12 | 整備日誌 | Comments(2)
Commented by TOKU at 2014-03-09 19:12 x
Bernie Allen #8、20年の時を経て愈々闘いの場に! 

20年眠り続けてかなりホコリをかぶっていたでしょうに、エス大先輩の手によっていきなりピッカピカですやん。 近々ガレーヂ訪問して眺めながら一杯やりたいもんです。

一週間後のBrit Brat、カフェレーサー目当ての男もいれば、ロッカーズを肴にカフェ目当ての女子会もあるらしい。 北の椅子とはそれが両立できる、というのがすごいね。

Commented by #160 at 2014-03-10 07:08 x
Tokuさま:なんだかほめていただいてありがとうございます!
よう乗らんですが、マンクスかっこいいー
<< Brit Brat Day V... 昭和89年弥生月 >>