2016.07.24 B.O.B.L. Round 2 その2 【大幅加筆あり】

f0200399_18192712.jpg

ランチのあいだは、オブソリ&BRAYHILL改め。。。
Curry Speed Club...

また名門クラブのパクリかい!

いえいえ、ジローさんの奥さま、ミカリンちゃんの温かい心遣い(涙)
全員美味しくいただきました。
ごちそうさまでした~。 また次回もお願いいたします。。。





午後からの耐久。

私は第1ライダーで写真が無いので、スタートの様子はご想像にお任せいたします。
【写真追加】【Photos by Rustless Hiro】
f0200399_15243634.jpg

f0200399_1515292.jpg

もちろん、クラウチング・ヘッドタッチ・スタート。正座&棒立ちですが。

午前中に続き、ミドリ号、レッド号とも快走をつづける。。。かと思いきや。
f0200399_1831681.jpg

第1コーナーのバンクが鋭すぎる絹ちゃん。

火花を散らしながら、どこかに行ってしまったシフトペダル(汗)
f0200399_18321264.jpg

ドクター、研修医、女医、ナースが寄ってたかって大オペ。



ヒゲのお医者さんは、ミドリ号で。
f0200399_1834301.jpg

ヒゲのジローさんも、ミドリ号で。
f0200399_18344393.jpg




コースに戻る、♯9 レッド号。
良かったです♡
f0200399_18354490.jpg





が。
f0200399_1836132.jpg

私が前回、タコ踊りして乗り上げた土手のところにウルトラマン(笑)
駆け寄るジャイアン(失礼)


ついさっきまで快調だったのですが。。。


あれほど応援していたコンデンサーと点火ポイントの、ありえない裏切り(怒)


#9 レッド号。 本日終了。



サーキットの仇はサーキットで討つ!

と、躍り出てきたのはHiroくん。
f0200399_19123987.jpg

f0200399_1913122.jpg





耐久4時間、個人的に、いちばんライバルなのが♯69 テングゾーン(天狗スピード系)。
f0200399_19141165.jpg

画像を見返して、しみじみ思うのです。
これほどまでに攻めないと、51秒台は見えないのかと。
ちなみに、車両は60ccどころか、50ccの、どノーマルC100(汗)。



陽も傾いて、いよいよ最終ライダー。
f0200399_1916891.jpg

キンチョー感ただよう、ライダー交代。
(そうでもないですね)



Sugimotoさん、初めはスイッチが入らない(笑)
f0200399_19171789.jpg




ですが、♯69を含む、周りのマシーンに刺激たっぷり受けたようで。
f0200399_1918090.jpg

スイッチON。 怒涛の51秒台連発です!
ちょ、ちょっと、カウンター当ててません?


4時間のドラマが終わるころ、コース上にはもう何台も残っておりませんでした。
f0200399_19195687.jpg

振り下ろされるチェッカー。
はためくチェッカーをくぐる、それはプライドの瞬間。



ドラマが終わり、表彰式。
f0200399_1921220.jpg

ポディウムの真横から撮影しても、ちっともオモロくないですね(。。。)。



闘いも終わって。
f0200399_192273.jpg

再会を誓って並ぶ4人。
この顔ぶれって、天狗スピードクラブ発足のころのメンバーですやん(笑)
アサマで出会い、数々のツーリング、意識喪失の宴会を経て、BOBLで再集結(涙)



もちろん忘れちゃイケマセン!
チーム永楽TT、ブレイヒルG2+キリコー。
f0200399_19244041.jpg

長いだろな、と思っておりました一日ですが、終わってみればあっという間。

一日の総括。

     カレーが美味しかったなァ。




そして。
f0200399_19261875.jpg

富士山に陽が沈むのでした。。。


(おわり)

By TOKU
by clubobsolute | 2016-07-26 18:36 | レース | Comments(2)
Commented by DG at 2016-07-26 22:18 x
マダムミカリンの美味しそうですし 前夜祭有りトラブル有りレース(笑)でホント楽しそうですね~! 羨ましい~。

オブソリクラブ活動もVMXメインだったのが関西でのレースが減り、代わりに気軽に出来ない難易度高いダートトラックレース そして気軽で参加し易いカブレース・・・・

残念ながら両極端のカテゴリーなので遊び方を合わせるのは難しいですよね~。

TOKUさん筆頭に気を使わせておりますが、 常日頃「英車中心のクラブやで!」と皆さんに言っている手前 英車での参加が不可能なカブレースに同調出来ずにスイマセン。

クラブ活動としては幸いにもビンテージトライアル部門で英車率がどんどん上がっていきエエ雰囲気に成ってきたんで
これ一押しでお願いします(笑)。

単車乗って皆でワイワイ楽しめればそれだけで十分だと思いますが、 未だ英国紳士を目指していますので もう暫くワガママお許し下さい(笑)。









Commented by TOKU at 2016-07-27 10:48 x
DGを羨ましがらせて、BOBLに来てもらうのが、セコい狙いです。次回はハヤシライスというウワサ(笑)

VMX機会減少で火照るカラダを持て余し、Flat Trackに目覚めて米国留学中の皆さん、しっかり成績と生傷を残して英国に帰国してもらうのを待っております~

我々も永楽TTとG2キリコーで結果を出し、近スポで凱旋レースできる日を目指します! って、師匠頼みですが(汗)

ワガママなのは、全員なのでご心配なく♡
<< ダートトラック通信 2016夏 2016.07.24 B.O.... >>