あれから7年、その2

UK - Day 1 / 移動日

朝6時半に伊丹で待ち合わせて成田空港経由、ロンドン直行便です。
自分にとっては1983年以来の大英帝国。
あのときは安いチケット(それでも20万)南回り、シンガポール、ドバイ、ブリュッセル経由でロンドンまで30時間ほどかかりました。
若さゆえ、機内食が嬉しくて嬉しくて。
f0200399_7442382.jpg

f0200399_745223.jpg

同日午後3時過ぎにロンドンヒースロー空港到着、予想に反して晴れています(結局旅行中に見た最初で最後の太陽)。
でもまだ先があります。
ガトウィック空港に移動してマン島とを結ぶLCCのひとつ、FlyBeというプロペラ機で夜9時にマン島空港に到着。
この会社、予約時に日付を間違ったのでキャンセルしようとしたら、契約条項でキャンセル不可(*_*)。
師匠すみませんでした。
f0200399_7453838.jpg

マン島到着後、人気のない空港でレンタカー借りたら欧州標準のディーゼル+マニュアルトランスミッション。フォードのセダン。
馴れないので乗りにくいです。
ホテルはダグラス市内、プロムナードにある4つ星Sefton。今回の旅で一番広い部屋でした。
f0200399_7462157.jpg

ホテルのバーで師匠はギネス、自分はペールエール。乾杯のころには出発からほぼ24時間経過していました。

師匠、ついに上陸でんなぁ。

あしたはマン島一周だす。あのTTコース。

つづく

By TOKU

[PR]
by clubobsolute | 2018-01-28 12:52 | つれづれおぶそり | Comments(2)
Commented by Jeff at 2018-01-28 16:04 x
お~~~~”Sefton” 懐かしい!
私もマン島詣での折に泊まりました。

パブのGuinnessは美味しかったな~~~~。
Commented by TOKU at 2018-01-28 21:57 x
Jeffさま: ご無沙汰しております! いつの日か(三回目のマン島計画ございます)ぜひともセフトンで同宿願いたいところです。 美味しいビールでお話を伺う、あ~贅沢。
<< あれから7年、その3 あれから7年。。。 >>