カテゴリ:レース( 295 )

チキチキVMX猛レース 2018.11

チキチキVMX猛レースが関西開催から川越オフロードビレッジに場所を変え4年・・・
カトー社長は単独遠征してましたが当方はダートトラックレースを始めた頃であれこれとやる事多く行けずじまい。。    
f0200399_17581549.jpg
社長のハスクバーナー250CRに乗る 撮影&モデルの香織さん ヘルメットまで被って本格派モデルです!
応援&撮影 ありがとうございました!


そして始めたダートトラックも愛機RS600Dのエンジンブローによりテンションが下がりレース場から足が遠のき・・・・・
そしてAJSストーマーを最後にVMXレーサーを所有せず VMXレースはサポート専門約2年・・・・・・
f0200399_21315111.jpg
それがカトー社長が関東から引っぱって来たリックマンB50を譲ってもらい 直してビックリ ええバイク!
広島エンドレスサマーでシェイクダウンを行いましたが さほど軽くない車体なんですけどビックトルクでぐいぐいと良く走る! 
f0200399_20575608.jpg
こりゃ面白いぞと早速カトー社長を誘い 前日に開催されたフリブラに出向き、フルサイズマシン3台を載せ 神戸【北の椅子と】より川越へ向け15:00出発‼
f0200399_20171466.jpg
f0200399_21354071.jpg
流石‼ 関東のVMXレースは凄い。エントリー約150名 マシン約230台  大盛況でマシンを下ろす場所に難儀するぐらい!
4年ぶりの川越に着くと昔からのVMX仲間も大勢参加していて話も弾み ホームグラウンドに帰って来た気分‼

f0200399_21340385.jpg
f0200399_21345491.jpg
コースコンディションも最高で走りやすくコケる気がしません。 軽く参加だけと思ってましたが、急遽カトー社長コネクションで
ガールズバイカー軍団が俺達の応援にやってくる事になり テンションUP‼ 黄色い声援を受けると普段以上の実力が発揮され
社長 ハスクでクラス2位 チェイニーでクラス3位 俺 リックマンでクラス1位と大満足の結果‼

f0200399_21362363.jpg
そりゃ男なら張り切りますよね~。 おっさんになってもエエカッコしたいですよね(笑)。

たぶん この調子で来年はVMXも張り切って走る予定です。


あっ 11/25のツインショックトライアルも黄色い声援有ったら 優勝するかも?(笑)。

by DG


















by clubobsolute | 2018-11-11 21:10 | レース | Comments(0)

Historic Formula 2018 初レース。

秋のレースシーズン真っ只中‼ 10/14 筑波サーキットで開催された ヒストリックフォーミュラーレースに初参加!

写真はHFRメンバーのKoさん LOCメンバーの佐野さん 撮影です。 有難う御座います。。
f0200399_21294158.jpg
兎に角 準備が大変です。 まずマシンをコースまで運ぶが第1関門。。レンタル積載車が少ないので数カ月前からアチコチに問い合わせ 予約を入れまずは車両確保。 そしてレース前日に1時間程掛けて借りに行きトンボ返りでガレージから隣に有るモータープールまでバス通りの道路をマシンを押して運び積み込み。。自宅ガレージでトランポにバイク積んで出発出来る2輪レースと違い この時点で体力・気力ともに相当消耗するのです!(笑)
f0200399_14454761.jpg
3t積載車なのでゆっくり筑波を目指して約8時間で茨城県入り‼  ビジネスホテルも3t積載車が止めれるところで予約しないとダメなので前日の置き場所にも気を使います。。(想定外で前日の夜から雨が降りマシンも装備もびしょ濡れ。)

積み下ろしやシートベルトの締め上げなどなど サポートメンバーも必要です。 今回は昔カートをやっていた頃からの大阪の友人、東京からLOCメンバー佐野さんにお願いしました。 こんな感じで自分的には筑波サーキットのパドックにマシンを無事に入れた時点で満足し
、もう帰ってもエエ位?(笑)
f0200399_21303685.jpg
f0200399_21282165.jpg
今回のレースイベントは毎年筑波サーキットで年4回開催される【 SUPER BATTLE of MINI】 と言う名のイベントで、全国のMINIショップが集まって走るクラシックミニ中心のレースです。この1日のスケジュールの中に 【FORMULA CLASSICS】クラスが組み込まれ
レース形式のスポーツ走行が行われるのです。 

ド素人の自分が参加するにあたり、関東のフォーミュラースペシャルショップの方々、ヒストリックフォーミュラーレジスターの皆さんに協力して頂き何とか初レースに参加出来ました。 感謝感激‼ ほんとうに有難う御座いました!
f0200399_15395993.jpg
 
さて レースの方は? 明け方から降り始めた雨は何とか8:00から始まるフリー走行には止み ウエットコンディションでしたが
チェッカーまでトラブル無く走行出来て良い感じです。 やはり走り慣れた筑波は4輪付いてますけど見える景色は一緒。。
走行後 マシンチェックをしますが心配していたオイル漏れや冷却水漏れなど無く一安心。

予選はところどころ濡れてはいますが、気温も上がりそれなりにタイムアタック‼
兎に角ちょークイックステアリング‼ 目の前でフロントタイヤの動きが見え グリップ感もお尻で感じられる。
くいくいっと向きが変わるので意のままコーナリング‼ なんて思いながら走ってましたけど・・・・・

先輩方が1‘06~8秒台で走る中 1‘14?? 2輪MANXと2秒ほどしか変わりません?? 

スローイン・ファーストアウトでブレーキング&アクセル操作しますが、兎に角 シフト操作がリズミカルに出来ずギクシャクした走りだったと思います。 焦るとヒールアンドツウで回転合わせてシフトダウン出来ません(涙)慣れなんでしょうけど難しい。。。
f0200399_21311958.jpg
午後からの決勝レース直前 突然の通り雨で完全ウエットコンディション・・・・スタートしますが赤旗中断からの再スタートで
完全にビビりが入りアクセル踏めず 慎重運転で無事ゴール‼  

オープンホイールのレースは少しのタイヤ同士の接触でマシンが吹っ飛び 少しのマシン同士の接触で、むき出しの足回りやエンジンのダメージが大きい。。 兎に角 絶えずサイドミラーを注視し廻りのマシンの動きを把握。。。
シビアなマシンコントロールは絶えず慎重に熱くなりすぎず冷静に。。


初レースを終え この種目だけは 50過ぎてからの挑戦で良かったわ~!と
そして全く焦っておりません! 若い頃ハンドルの下がったバイクに1度も乗った事無い自分が40過ぎてからクラックロードレースを始めて
それなりに走れるようになるまで7年掛かりましたので ヒストリックフォーミュラーレースも10年後それなりに走れれば良いなと思ってます!



次戦は来年夏あたりから参戦予定です。 誰かサポートで付いて来てね!


by DG




 


by clubobsolute | 2018-11-11 16:36 | レース | Comments(2)

2018.10.21 On Any Sanda Round 3、三木アネックス、激晴れ☀

2017年10月の三木は、台風迫る中でした。
今年の春はお休みしましたので、一年ぶりの三木アネックス、
そこはカリフォルニアの青い空!
走らなかったアナタ! 損しましたヨ!

って、走らなかったンですけど(笑)
f0200399_21180214.jpg
f0200399_21203756.jpg
f0200399_21202016.jpg
f0200399_21210097.jpg
(つづく)
By TOKU

by clubobsolute | 2018-10-21 21:25 | レース | Comments(0)

続・2018.06.17 B.O.B.L. (Battle of Bottom Links) @京都

みなさんこんばんは。
f0200399_21504689.jpg
前回のブログでは、ヒゲのTJ少年が二年ぶりに、みごとに復活した姿をご一緒に祝福していただけたかと思います。

しかし、その翌日、大阪が震えました。。。 被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

我が家では、預かり中のRG250Eが右に倒れてブレーキレバーがXL125Sに刺さり、
センタースタンドしかないWOLF90が、スタンドを出したまま左に倒れてBSA A10 Golden Flashに刺さり、
A10の上には板やらKrauserやらがのしかかっていたくらいで、
大丈夫です!


B.O.B.L.では久しぶりにロードレースを拝見しました! 写真撮りましたので、投稿しますよ~
(24日のL.O.C.レース報告の前座ということで。。。)
f0200399_21511698.jpg
久しぶりにオトキチさんの背中も見たし、
サカイクロンさんの激走も堪能させてもらいました~
f0200399_21555556.jpg
f0200399_21562888.jpg
アツいね~
M&M号に猛烈なプレッシャー。
f0200399_21593083.jpg
ノーマルクラスでは、やっぱり応援したくなるセルペット
f0200399_22011310.jpg
頑なにノーマルC100でレースする清水ZONEさんも。
f0200399_22015002.jpg
そしてGPクラスはやっぱり走りのレベルがちゃう。
関東組は慣れないコースのはずなのに、まるで岡山国際のようにビュンビュン走ります
f0200399_22044093.jpg
f0200399_22050125.jpg
#4サカイクロンさん。
合計3クラスで走ってませんでした?
東からの賓客をおもてなす、これぞ京都のこころ。どす。


振り返れば。

2015年、2016年とほがらかにB.O.B.L.で活動しておりました、チームBrayhill。
C100ノーマルルックと、CR110もどきの二台体制、TJ師匠、絹ちゃん、Hiroくん、そして現地調達のSugimotoさん、同じく現地調達でスズキ使いのJiroさんで、スプリントに耐久、そりゃまあ、楽しかったです。

当時のようす。
2016年レース記事その1
2016年レース記事その2

が、あれから2年、
病み上がりの監督、
新米ママさんになった絹ちゃん、
アキレス断裂男、
とメンバーがそろわず、Hiroくんだけでは、B.O.B.L.のコンチネンタルサーカスはムリ、と休眠状態になっていたチーム。

f0200399_22152967.jpg
Ted's前島さんから、耐久の助っ人として白羽の矢が立ったのがTJ師匠。
「5周くらいやったら走れるやろか」
と、穏やかにオファを請け、チャックが緑色に錆びたレザースーツ(奥さまに見つからぬよう、そっと持ち出した)の袖に手を通します。見守るのはTETSUさん。


師匠を助太刀するは、セパハン王子のHiroくんです。
f0200399_22184888.jpg
59CLUBのワッペンと同じゼッケン59(笑)

セパハンC100復活の狼煙!

近スポで練習したのを思い返しながら、絹ちゃんのタイムのほうが速かった悔しさか、ペースはブイブイ上がります。




師匠!
f0200399_22221583.jpg
昨年末以来、バードウォッチングのリハビリトレッキングでのスーパーカブや、SL90ショートツーリングで、公道では復活しておりましたが、レース場で、Araiフルフェイスのシールド越しに見たのはどんな景色でしたか?

レース写真、いろいろ。
f0200399_22280247.jpg

f0200399_22283968.jpg

f0200399_22291907.jpg
f0200399_22295336.jpg
f0200399_22301687.jpg
f0200399_22304911.jpg


美しすぎるリーンアウト♥

f0200399_22341353.jpg
復活した師匠を追い越す不届き者は、一名としておりません!
(それではレースが成立しませんやん)


スマホの写真もなかなかヨカですので、どうぞご覧ください。
f0200399_22361056.jpg
セッティングも決まったとかで、快調なヤマグチ・オートペット
C100、C105などホンダ寡占状態で、スキマにスズキ、ヤマハで片手にも満たない顔ぶれに、こうしてチャレンジする姿はステキですね! チーム・サカイクロンのメンバーですので、ヤマグチはん、です。

f0200399_22421109.jpg
第一コーナーの坂を上がると、いいアングルでスタートシーンが見れます。
ここでもサカイクロンさん!
f0200399_22432892.jpg
f0200399_22441773.jpg

耐久レーススタート、電光石火の若者走りをするHiroくん。
クラウチング・ヘッドタッチ・スタート(笑)
f0200399_22444443.jpg
f0200399_22445056.jpg
f0200399_22445685.jpg
走るときもあれば、停まるときもある!
f0200399_22463463.jpg
f0200399_22482812.jpg

走っていても、止まっていても、ゴールはやってきます!
f0200399_22485125.jpg
16時10分、120分耐久終了。



テッズさん、TJ師匠、Hiroくん、激走・激務、お疲れさまでした!!!

見てるほうは、嬉しいやら懐かしいやらで、ウルウルでしたで!

f0200399_22490374.jpg
チームはすでに、8月11日の筑波Round 3に向かって進んでいます?

By TOKU



by clubobsolute | 2018-06-25 23:00 | レース | Comments(2)

2018.06.17 B.O.B.L. (Battle of Bottom Links) @京都

f0200399_20425361.jpg

嬉しい復活。みんな嬉しかった。

By TOKU


by clubobsolute | 2018-06-17 20:44 | レース | Comments(0)

FESTIVAL OF SIDEWAY TROPHY 2018.5

朝 ラジオで「九州が梅雨入りした」と聞きながら前日の土曜日 レンタル積載車にマーコスとMANXを積みこみ、袖ヶ浦サーキットへ向け
サポートで参加してくれた 亀岡トライアルランド工場長http://www.kameokatrialland.co.jp/、Rustlessヒロ君http://rustless-gb.com/と横並び3名乗車で出発です。
f0200399_10343169.jpg
昨年6月のSIDEWAY TROPHYではフォーミュラーで走り、4輪レースは経験済みとは言え、この時は全く乗った事の無いマシンでの
いきなりのレースだったので一人試乗会状態(笑)・・・・・・・。

しかし今回は違います! 昨年末に耐久レースが初開催されると聞き、クルマを仕入れ、整備し、関東/関西2&4チームを結成し、俺は山に走りに行き、セカンドドライバーの野坂さんはミニを借りて東京の街を走り、2人共 You Tube見てレースの研究と完璧な段取り(笑)。
f0200399_16334322.jpg
2&4関東/関西混成チームのタイムテーブルは、、、
f0200399_19494923.jpg
   8:25~ ブリジストンBS90 EA1に乗る野坂さんが完熟走行 
   9:30~ 予選   13:15~ 決勝
f0200399_19500316.jpg
    8:35~ ノートンマンクスに乗って私が完熟走行
    10:00~  予選   13:40~ 決勝
f0200399_19522498.jpg
     9:10~ 2人で時間内半分づつマーコスで完熟走行
     11:55~ 40分レース 決勝
f0200399_22160648.jpg
この日の完熟走行で初サーキット走行をしたマーコスにビックリ! なんだか乗り心地が良く静かに走るのです。
街乗りでは荒れた舗装や轍、道路継ぎ目に段差・・・スプリングの役目のゴムの塊(ラバーコーンサス)がFRP+べニヤの車体に
ショックを与え、アチコチから悲鳴の様な音が出るわ 肋骨が痛く為るわで、アクセルを踏み込むのをためらう程でしたが、
轍や凸凹の無いサーキットではアクセルべた踏みでも滑らかに走り違うクルマみたい!

ほとんどロールしない低重心の車体と600kg程の車重のお陰で、1000ccですが2000ccクラスの車両と互角な感じで周回出来たんですよ!

こりゃ~もしかして表彰台? この時点で表彰台でのコメントを考えておりました。(笑)


f0200399_20401865.jpg
f0200399_20050121.jpg
やはりダブルエントリーは忙しかった。・・・・何時もなら走行スケジュールの合間で、このイベント全体の雰囲気が抜群のサイドウエイでは 他のマシンを見に行ったり他のチームテントへお喋りしに行けましたけど 今回はオニギリ食べるので精一杯(笑)。

なんとかレーシングスーツからドライビングスーツに着替える時間は有り助かりましたが、マシンの点検や給油、空気圧チェックなど
2&4は仕事が倍増‼ 2輪と4輪でピットエリアが離れていて工具やら装備品の移動が大変だったので途中から2輪ピットへ横付けさせてもらいバタバタと・・・・・・・それを見かねた馴染みの2輪LOCメンバーの皆さんがサポートしてくれたので何とか各タイムテーブルに合わす事ができました!
f0200399_20135613.jpg
今回はいつもLOCのレースでサポートしてくれている中津原くんが愛車W1で初サーキット走行だったのでサポートしたかったのですが、
なんだかんだと忙しく・・・「死ぬ気で走って来い‼」とエールを送っただけでした(笑)。次回は走り方を教えたるから待っとけよ!
 



    
f0200399_20234072.jpg
今回
 初カテゴリー 【Sebring 40m】40分耐久レースは変則ルマン方式スタートが採用され雰囲気抜群! 昔のカーレース映画の主人公に為った気分! 
  申込順でスタート位置が3番グリッド‼ 絵面もバッチリだったのですが、野坂さんの激走虚しくスタート大失敗・・・タッチを受け セルボタンを押しクラッチ踏んで1速入れて走り出すはずが、慌てて何でか判らんけど前に進まず10台位抜かれ1コーナーへ・・・(涙)
f0200399_20512744.jpg



f0200399_22144266.jpg


f0200399_20494333.jpg
レースは終始 ビンテージトライアルでご一緒する小野/國森ペアの1964年式MG-Bとの抜きつ抜かれつのデットヒート‼ 
初レース、初走行の小野さんには【絶対負けられへん】との思いが、アクセルを必要以上に踏み込ませインにアウトに振られまくりでした(笑)。途中の1コーナー・・オーバースピードで進入してアクセル踏めずタックインして2回転スピン‼ 怖い思いをMGB号にさせてしまったのですが、マーコスはエンジン停止することも無くコースに向かって真っすぐの状態で止まったのでそのまま何もなかったように追走し、そして前へ!     小野さんお疲れさまでした&楽しい追いかけっこ有難うございました!

20分でドライバー交代 野坂さんは初乗りにも関わらず次々と順位を上げ宿敵(笑)のMGB号も抑えゴール‼
ラップタイムは野坂さんの方が俺よりも速く 山でなんぼ練習しても この方にはどの種目でも勝てないことが判ったのです!(笑)

f0200399_21264116.jpg
初サーキット走行の感想は・・・とにかく理屈抜きにメチャ楽しい‼  2輪で走り慣れたサーキット・・・・これは多分同じ60年代のマシンだからだと思いますが、走行ライン、ブレーキングポイント、シフトポイントがほぼ同じ。タイムも余り変わらずでヘルメット越しに流れる景色も同じ感じ‼ 違いは箱の圧倒的な安心感‼ クラシックレースですし、レースの雰囲気を楽しみ安全マージン取って走ってますが、そこそこ飛ばすと2輪の時は転倒イメージが沸いてきて それなりに緊張しますが、4輪はペースを少々上げて競争しても箱のお陰でリラックスして運転出来るのです! 怖さ少なしで楽しさ倍増‼ こりゃ病みつきになりますよね(笑)。 


f0200399_21112364.jpg
初の2&4混成チームの結果は 2輪・・・野坂さん Production TTクラス 2位  俺 Grand Prixクラス 1位
4輪・・・・Sebring 40m  総合7位と大満足の結果。 順位なんか関係無い雰囲気を楽しむイベントですが、やっぱ嬉しいもんです!
野坂さん、LOC仲間の皆さん 主催者の皆さま 撮影して頂いた皆さま 有難う御座いました。

2輪も4輪も一緒になって遊べる唯一のクラシックレースイベント 【FESTIVAL OF SIDEWAY TROPHY】なんやから

みんなも 2輪&4輪ダブルエントリーせにゃアカンのチャウ!



by DG

 
























by clubobsolute | 2018-06-10 20:32 | レース | Comments(0)

2017.10.22 台風21号とともにOn Any Sanda、そしてゼッケン#28



f0200399_16464402.jpg
GENさん。。。

f0200399_16470675.jpg
フツーの雨でもなく、ザーザー大雨でもないこの日は台風来襲の日。
オブソリには自分を含む弱気メンバーと、逆境に屈しない強気メンバーが。。。
この黒いトラックは、強気組ですね(笑)
2017年たぶん一番多くのVMXをこなしたと思います、Hrianさん。

f0200399_16514935.jpg
f0200399_16520354.jpg
星になってしまったGENさんは、いつもパツパツのGパンに手を突っ込んで、ぼくたちのレースで旗を振っててくれましたね。彼のゼッケンプレートと写真です。今日も傘さしながら黄旗をヒラヒラ、そんなGENさんに会えるかも!と思いつつ、参加メンバーとともに、静かに黙とういたしました。。。

朝イチ、芳ぼんが「コースはいつもと変わらんらしいすよ」と何だかうれしそう。ご家族には「アホちゃうか」と温かく見送ってもらったそうです。2014年の菅生VMXで一周した達成感以来の、名レースになるのか!? というわけで、いつものオブソリテント風景から。
f0200399_17000235.jpg
f0200399_17000381.jpg
f0200399_17000253.jpg
f0200399_17000146.jpg
f0200399_16582699.jpg
f0200399_17000115.jpg
f0200399_17000133.jpg
f0200399_17000063.jpg


なぜか、TYが。
しかし、これが想定外のいい走り(笑)

写真の一隅にはCCMが写っていますが、無視してください(笑)(笑)


サカイクロンさんが教えてくれた、スプラッシュポイントでカメラを構えておりますと。
f0200399_16583175.jpg
ショボい防水カメラなのでシャッターが微妙なポイントで切れますが!!
なかなかコレはいい。



オブソリ出走者です。
その1 アヤちゃん
f0200399_16583206.jpg

その2 芳ぼん
f0200399_16583397.jpg
その3 JUGO
f0200399_16583245.jpg

その4 園やん
f0200399_17131108.jpg

その5 第1ヒートでホールショットを決めるも(写真赤ヘル+黒合羽)、スプラッシュポイントにHrianさんは現れず。。。
f0200399_16582796.jpg

Hrian B50と、排気量がほぼ同じということで、YZ490の田中さん
f0200399_16583363.jpg
こりゃすごい。




ちなみに、スタートはこんな感じ。。。
f0200399_16582634.jpg
f0200399_16583123.jpg


オミズは得意なのに、キャブの水対策が甘かった!?
MSRのエンデューロジャケットがステキ!
f0200399_17185627.jpg

そして、ちなみにココは谷底。
停まってはいけません。
なのに停まっています。
水と砂でジャリジャリのキャブレター。。。
f0200399_17185783.jpg
次の場面。
f0200399_17232915.jpg

その次の場面。やはりいつもの。
f0200399_17180445.jpg

第2ヒートスタート。
f0200399_17243503.jpg
f0200399_17243555.jpg


そんなこんなで、DNS(Did Not Start) 2台。 リタイヤ2台、完走3台という結果でした。
完走にもかかわらず、車体があんまり汚れていない3台。。。
f0200399_17243413.jpg
f0200399_17243451.jpg
f0200399_17290306.jpg
10日あまり続いた雨天で我々を戦慄させたアネックス三木のコースコンディション。

さぞかし意地悪いヌタヌタのわだちと、ポヨポヨの土布団が待ち構えていると思いきや、降り続いた雨はコースの土壌を落ち着かせ、気の抜けるようなサラッとした乳液状態(笑)

フェンダー裏にも、エンジンフィンにも、ブーツにも土塊がしがみつくことなく、意外にさらっと。。。つまりライダーは結構楽しく、シャバ~、シャバ~、と周回を重ねていたのですね!

中には、「晴れてパサパサのときよりも走りやすい」とな! 新しい発見でございました~~~

By TOKU(レースが終わってからモトパンに着替えました(笑))



by clubobsolute | 2017-10-22 17:36 | レース | Comments(4)

2017.10.01 Legend of Classic Round.4 It is no use crying over spilt milk!

 暑くなったり寒くなったり、体調くずしてませんか? 私はバッチリ寝込むほどの風邪をひきました。
風邪は引いてもレースの日はやってきます。どうも、Jugoです。そんなこんなで本年最後のLOCに参加いたしました。
f0200399_21023263.jpg
前日の朝に積み込みをして大阪を出発、程よい緊張感を胸に筑波サーキットへ出発しました。道中は作戦を考えたりアホな話したり。「ああそういえばなあ、前の転倒でグローブやぶれてもうたんや」とDG親方。ほんなら買っていきましょう。買えるとこありましたっけ?
f0200399_21084139.jpg
 実はあるんですよ。クシタニさん。新東名清水PAにて。お姉さんの巧みな商売トークに引き込まれながら、あーだーこうだと試着して即買い! 「なるほど〜、こういう時の為にPAにショップがあるんやなあ!」と。なかなかレアなケースでございます? 明日はバッチリですね。
 レース前日は恒例の作戦会議です。この日の夜はサーキット近くの宿にて東北チームと行いました。トラブルがあり遅れるとの事。会は大変楽しく(昔のモテ話など?)過ごしてしまったため、翌朝は全員グロッキーです?(見事に二度寝した私。。。)
※飲み会の写真は割愛とします?
f0200399_21135699.jpg
鈍痛なる朝。かがむと戻しそうになる。ここだけみんな辛そうです? 車検は一発クリアー、でもライダーは不調です。
おかげで緊張しやすい僕はちょっと調子がよいです? DG親方はめちゃめちゃ辛そうでしたが。。。(サポートにきてくれた中津原君に「なにしてんの(笑)」といじられる)
f0200399_21385628.jpg
 そんな辛そうな遠方組をよそにコツコツ整備をするSANOさん。どんどん進化するマシン。ライダーもアップデートが進んでるようです?(直前にキャブO/Hしたりもしてたけど)お子さんにかっこいいとこみせましょう!
f0200399_21433023.jpg
 いつも見た事ある人たち? ジェイ奥村氏と井上社長。何やら悪巧み?楽しそうですねえ。写真撮影ありがとうございます! 
f0200399_21500949.jpg
 そんなこんなウロついていたら、ライトウェイトの予選が始まります。すこぶる体調が悪そうなDG親方、クリアラップがとれず走り辛そうだったが。。。?予選は6位で通過!
 私もチームセンジュドーの小根山さんの押しがけに行くのでピットロードへ。調子がいいのか3歩も押せばエンジンがかかる。
f0200399_09064721.jpg
 間にハーレークラス・AVCCのレースを挟んで今度は我々ヘビーウェイトの予選です。今年走行5回目。緊張感は薄れてきたので、夜な夜なゲームとコース図で覚えたライン取りに沿って走ってみます。今回は仮想のライバルに勝利と、回転を落としすぎ無い事が目標。前回乗りたての頃に比べて大幅にタイムアップをして予選を終えた。・・・しかし皆さん名だたる名選手の方が多いので、まだまだ駆け出しの僕はトップに絡めませんね。甘くないですよ(笑)なんかリアブレーキ効かない、戻る頃には完全にスッカスカである。エアを噛んでしまって、熱で膨張している。冷えたら元どおりになったが?? まあなんとかなるか。TRレーシングの中村さんが「どーだった?」と寄ってくださる。話ついでにシートを押したら「リアサス硬すぎじゃねえか? だからタイヤが全部吸収しすぎてこんなボロボロんなってんだよ」という事で緊急セッティング。プリロードは全抜き、ダンパー少し。それでも「硬い」そうなんで、スプリングの交換を検討する。

f0200399_09210769.jpg
タイスケにも余裕があり(余計な修理もなかったので)昼飯つまんでウロつく。普段サーキットでしか会わない人々が集うので楽しい。「調子いいか?」「慣れてきたな、もっとイケよ」「大阪からよく来るよなー」なんて話が進む。この時間が結構好きである。またコースに入ったら殺気立つんだけど。そんなこんなで決勝の時間が迫る。


 
f0200399_09433584.jpg
 ライトウェイト決勝。#4 タッキーさんぶっち切りの速さ! 走りに迷いがない。そう思ったら次の周回はDG親方が1位で帰ってきた。セニアAクラスは#19高橋社長#221立花さん#514久保田さんと順位がコロコロ入れ替わる。これは富士スピードウェイみたいにテレビ中継が欲しいな。バックストレッチがコントロールタワーからだと見えないな。見てる側も忙しい。
f0200399_09495667.jpg
そんなこんな総合3位、クラス優勝でフィニッシュ。さすがですね。体調の悪さを跳ね除けていいもん見せてもらいました。チェッカーをくぐる際、あげた拳を見逃さなかったですぜ。お疲れ様でした。
f0200399_09531070.jpg
 そして始まる我々ヘビーウェイト決勝。手伝ってくれたohno君の奥さん撮影。トライデント跨って「すごいすごい!」と連呼。旦那に毒されてますな(笑)暖気場が怖いのか遠くから見てたのが印象的でした? 「エンジン始動、エンジン始動!」とのオフィシャルの声で火が入る。ティクラーあてて一発だ、調子は良い。筑波のサイティングラップは二週、さっき触ったサスの感触を確かめながらグリッドに戻る。フラッグをもったオフィシャルが出て、シグナル点灯、緊張感が高まりブルー、レースが始まるっ!
f0200399_09535507.jpg
 スタートが難しく、順位を大きく後退させるが、2ヘアで2人、最終バックストレッチで2人、徐々にポジションをあげていった。サスが動くようになって、地面をつかむ感覚がよりわかりやすく、乗りやすい。無理しなくてもバンクセンサーがカラカラと音をたてている。これまだいけるんじゃないか? どんどんブレーキングが奥へ。「楽しい!」と思わず声がでる!抜きつ抜かれつ、もう少しもう少しとライバルに迫ってファイナルラップの最終コーナーで刺す。内心嬉しかったが、まだまだマシンも自分も余力がある。来年はもっといけそうだ!

f0200399_10051237.jpg
そして迎えた表彰式。何か喋らな我慢できないDG親方。「筑波の地ビールがうまくて飲みすぎた。みんなのみすぎたらあかんで!」と注意を呼びかける親方(笑)満足行くレースでよかった。次回は私も登れるよう頑張ろう。ヘビーウェイトが年々激戦区になってるけど。。。

f0200399_10081708.jpg
 2017年 無事に三戦のロードレースを終える事ができました。オブソリに招き入れてくれて、散々な初走行からサポート・整備指導・叱咤激励・激しいイジりをしてくださるDG親方ありがとうございます。大変感謝です。それと、いつもサポートにきてくれる昔からのバイク仲間・中津原君(写真左)ありがとうございます。来年も懲りずによろしくお願いします。

さて、来年はもっと走ったろうや。その為にバリバリ仕事すっぞー。
(あ、年内モトクロスとトライアルがまだ残ってます?)

Photo:J.Okumura Konatto-san and Others
Text:Jugo









by clubobsolute | 2017-10-09 10:16 | レース | Comments(5)

2017.07.23 DEAD or RIDE.37 雨上がりの夜空に?


暑中お見舞い申し上げます。(タグを選択したらH川号てのが出てきたのでスルー(笑)

私「へへ、おっつあんよう、まあみてなって。うッ!(ゲロゲロ)」
丹○段平「15、オメエ、転倒のショックでまさかロードレーサーにのれなくなったのか…!?」
私「へへ、おっつぁんよう、早く試合組んでくれよ…頼むぜ…」

(まあ茶番はおいといて)


という訳でスピードショップイトウ様主催 DEAD or RIDE 37(12年目ですって!)に参加して参りました。
f0200399_22401281.jpg
 前回のLOCから戻って約1ヶ月。なんかしっくりこない、というかポジションが合わないのでシート位置4cm下げ、
それと元々装着されていたという耐久レーサー用・バロセロナシートに変更して挑みました。
課題といたしましては、ブレーキングの感触と回転数のキープ、細やか(笑)なライン取り等。
 鈴鹿方面は朝からちょいと雨が降ったという事で、路面はウェット。うまく乾いてくれればいいですが?
f0200399_22450328.jpg
f0200399_22511460.jpg
f0200399_22521087.jpg
 東海珈琲倶楽部から主要メンバーのK瀬さんとM江さん。M江さんのCBXは元々DG親方の元にあったものでそのサポートも兼ねての参加である。K瀬さん、Drixl Hondaの走行よりグラストラッカーで走る方が忙しそうに見えましたが? 
シングルドカもいいなー「乗る?」て言われても緊張して乗れません(笑)
f0200399_22503782.jpg

f0200399_22514429.jpg
f0200399_22573083.jpg
f0200399_22515454.jpg
 MOTO JOYチーム。いつもお世話になっております。加藤工場長今日もいい笑顔ですね? 前回よりパワーアップしたY倉さんのマシンと、ヤフオクで引き上げてきた時非常に残念だったキヨスケ君のCB。乗り手がいいとすごく速いんですね。いつもできないような"基礎中の基礎”な走りについての質問しても、気さくに答えてくれた。感謝(泣)
f0200399_23035039.jpg
 さて、開会式・ライダースミーティングも始まり、注意一秒怪我一生ということで、完熟走行がはじまりました。主催・オフィシャルの皆様猛暑酷暑の中大変ありがとうございます。
 インナー着込んで革ツナギきて、もう既に暑いです。とはいっても先週の土競技よりは少しマシかな?
f0200399_22525403.jpg
 完熟走行の始まりです。サーキットに慣れてる方もそうじゃない方も一発目で転ばないように体と心の慣らしが必要です。徐々にペースアップ。そろそろ3速に、あれ? シフトペダルがないや、、、
f0200399_22544317.jpg
 ぐは、リンクが折れて下にぶら下がってるでやんの。まさにノーガード戦法? しかしこれじゃクロスカウンターも打てやしない、、、MOTO JOYチームの皆さんにまたお世話になり、慌てて交換部品を調達してもらう。
DG親方が「大阪きたらコイツにエエトコ連れてってもらってください!」と、、、。感謝してもしきれません。
f0200399_22525602.jpg
 そんで交換・微調整。オイル漏れも気になるのでガスケット厚塗りとガムテです。次回のレースまでにはしっかり直そうと思います。
f0200399_22592329.jpg
 そんで気を取り直して3本目。最初は様子見でパーシャル気味に走ります。気温が高く二番がかぶり気味に。エンジン冷えると問題ないのですが、調子よく乗れてきた頃にエンジンがバラバラいうのでヤキモキします。ここでパーンと開けられたら気持ちいいのんに、タイムも上がるのになあ。
 
f0200399_23021905.jpg
 IWA BEAM戦前部長も駆けつけてくださった。マン島走ったSUN BEAM。かっこええですな。そして、夏でもオイルドコットン、、、。帰りは蜂に刺されたとか?
f0200399_23050630.jpg
時代は違えど、二台の旧英国車。絵になりますね。「戦前乗ろうや!」いや、自分はまだいいっす、、、。
f0200399_23065351.jpg

f0200399_23070183.jpg
f0200399_23065746.jpg
 さて、お待ちかね模擬レースの時間です。下のクラスの何故か二番手。現行オートバイに混ざって走ります。どやさどやさ(くるよ師匠)! 後半やはり2番がカブりはじめてきたので禁断の半クラを何回か使用。そうするとフツーのバイクのように?(とまではいかないけど)回転数を下げずに乗る事ができます。このマシン、4000rpm以下まったく走りません。パワーバンドに入るとドッカンターボのごとく怒涛の加速をします。イヨッ!直線番長! スタートはクラッチ焼きたくないので「捨て」で後半から数台パスするような走り方をしなければなりません。ようやっと調子を掴めて、前回初乗りの時より4秒短縮。まあぼちぼちいいんじゃないでしょうか? シート位置のおかげでポジションに自由度が増えて大変乗りやすくなりました。

f0200399_23142871.jpg
そしてメーンエベント? 250ccシングルタイトルマッチ。一番大人気ない大人のクラスであります?
f0200399_23143690.jpg
MOTO JOY キヨスケ君。加藤工場長ぶち抜かして今回はチャンプです。加藤工場長は悔しくて枕を濡らしたかもしれません? それにしてもこのフォーム。どやさ!(くるよ師匠) かっこいいなあ。
f0200399_23144097.jpg
 M江さん。「これめっちゃおもろいわ〜」と終始言ってました。後日の鷲ヶ岳トライアルにて私と残念バトルを繰り広げるなんて思ってもいなかったでしょう(笑) そういえばドカ乗ってるの一回しか見てないな? まだ先ですが忘年会呼んでくださいね〜。
  

f0200399_23225446.jpg
と、まあそんなこんなで無事に走行会を終える事ができました。最後のフリー走行でやっとこいいもの掴めた気がして、DG親方にも「最後だけよかったぞ! 最後だけ!」と及第点? 頂きました。もう少し、ほんのもう少しなんですが、このバイクを乗る事に関して良い部分を掴めそうです。まあ今回の課題も念頭に置き、次のレースではいい結果得られるような気がします。あとこんな怖い顔しなくてもバイクはきちんと走ります?

(鷲が岳トライアルへ続く)

Photo by 鈴鹿ツインサーキットを応援するサイト 極東 club obsolete
Text by 15


 








by clubobsolute | 2017-08-07 23:29 | レース | Comments(2)

2017.07.02 On Any Sanda @香嵐渓 「団子つくろうMX」

たぶん。。。去年の記事をコピペしても、バレませんよねワンパターン(汗)

f0200399_22392342.jpg
オトキチさんが言ってたとおり、超満員のパーキングでした。朝7時に到着したにもかかわらず(本人たちは遅いと思ってませんでしたスミマセン)、メインPはムリ、誘導していただいて高いところに場所をもらうことができました。ありがとうございます!



先客の皆さんは、粒ぞろいのXE軍団。
f0200399_22394816.jpg
f0200399_22394932.jpg

オブソリは、赤いのを中心に、結局バラバラ。
f0200399_22394911.jpg
この場所、少なくも、朝のひとときは日蔭となりまして、寿命が延びた軟弱者たち。。。
前日の予報では、くもり!
なのに、日差しがギラギラ☀


そこで役立ったのが、
アメリカンなパラソル☂
雨でもないのに(笑)
f0200399_22395009.jpg
レースが始まるころには、猛烈な灼熱の世界。
f0200399_22395039.jpg
f0200399_22395143.jpg
コースはかなり変貌していて、ギャラリー席はじめ、各所から眺められるレンジが広がりました。
山砂のやさしいコースはこれまでと同じ。
一同「あ~、走りやすい♡ コケる気がせぇへん。」(毎年言うてる)



♯123。。。
f0200399_22395169.jpg
浅間ミーティングクラブでお世話になっております、群馬のAさん。
あとで奥様にも登場していただきます。

マシーンは、ヤマハYA-6。
数年前から、コツコツとカスタマイズしてこられて、お会いする度に製作過程の詳細を収めた写真アルバムを見せてもらっておりました。

当時の資料を繙いて、ばっちりポート加工、エキスパンションチャンバーも、当時の寸法図をもとに自作されて、想定15馬力はあるんじゃないでしょうか(間違ってたらご指摘を)。

迎えるは、当然ホンダ。JITSUさん。
f0200399_22395188.jpg
レディース+ノービス+ミニクラスの第1ヒートはこの賑わい。
三列スタートですね。
f0200399_22395245.jpg

最年少エントラント・フロム・JOEYファミリ~。
f0200399_22395243.jpg
オブソリの姉さんたち、負けたらアカンで!
f0200399_23024426.jpg
f0200399_23024387.jpg
f0200399_23024463.jpg
「・・・・・」




速っい足長クラス。
f0200399_23081329.jpg


お昼のあとは、浅間クラス。
オトキチさんの説教(笑)がよかった。
f0200399_23100812.jpg
f0200399_23100916.jpg
再びAさん。傍らには、旦那さまがCL72で野を駈けるときも、日産マーチで伴走するミセスA。




なぜか紛れ込んでいた、シャチョーCR125、唯一の走行写真。。。
f0200399_23120208.jpg
姿を見たのは、これが最後でした。






午後からは、ミニクラスが別枠になって、「レディース・ノービス」となります(第1ヒートとあんまり変わんないような気が)。
うちのも走らせたいよ!と思わせる、ミニクロが羨ましいイシダマルコくん。
f0200399_23120274.jpg
なかなかレースが始まらない、と思っておりますと。
f0200399_23120156.jpg
トミー・サルベージや~ん♡


さ、女子たちの走りを。
f0200399_23165190.jpg
やっぱ台数多いですね!!
ほら、明らかに違う生き物が混じってる(笑)
f0200399_23165179.jpg
f0200399_23165231.jpg
激しいバトル。
こんな団子で走りたい!
f0200399_23165262.jpg
写し方次第で、集団をリードしているように見えなくもない(笑)
f0200399_23165389.jpg
f0200399_23165323.jpg
肘は、広げた方がスピード感出ます?
f0200399_23165467.jpg
f0200399_23165456.jpg
f0200399_23232990.jpg

ずるいカメラマンは、日陰に逃げ込みます。


ミニクロも快走中。
f0200399_23165517.jpg
まあ、手放しでも走れるスピードっちゅうことですね。

f0200399_23261715.jpg
前より少なくなったジャンプスポット?
久しぶりのコンペティションにボルテージ上がりっぱなしのアヤちゃん。
...と思ってよく見たらしょーいくん(笑)


アヤちゃんの金髪が、黒髪に戻っていて、がっかりしたオッチャンも多かった。。。



サンダークラスです。花形だけに、いやオーバーヒート防止にパラソルが乱舞満開(笑)
f0200399_23282323.jpg
f0200399_23282340.jpg
f0200399_23282246.jpg
マルコウ工場長は、どっちが嬉しいンやろ。。。



カメラのセッティングが変になった第1ヒート。
f0200399_23282365.jpg
f0200399_23312607.jpg
f0200399_23312536.jpg
一周目からヘマをして、轍に刺さった前輪が抜けないという失態のCCM。
何とかエンストは免れ、また走り出しましたけど、あっという間にシャチョーに周回遅れ、そのまま終了。。。(涙)


ヒライアンさんはというと、自慢の1ガロン・ペトロール・タンクの所為? ガス欠気になって股間気になって。。。モヤモヤ
f0200399_23312598.jpg

いつものように気分がいいのはシャチョーだけとなった第1ヒートでしたが、第2ヒートはがんばろう!

まずは、お祈り(笑)
f0200399_23360417.jpg
「1ガロンタンクが、空っぽになりませんように」

「コンデンサーがプラプラしませんように」

「いるはずのないTETSUさんが、草かげからトラックマスターで飛び出して来ませんように」


昨年と比べて倍近い台数がスタートラインに(!)
f0200399_23360541.jpg
f0200399_23360546.jpg
f0200399_23360661.jpg
f0200399_23360680.jpg
f0200399_23360687.jpg
一人旅しか楽しくない人もいれば、団子作ろうとがんばる二人が、そこには確かにおりました。。。


昨年ほどの淋しさではないけれど、もうちょっと集団を作りたいですね、T中さんも前ブレーキを元に戻して来てほしいし、DGにも二サイクルでかき混ぜてほしいし、犬虎代表もG3も。芳ぼんもSP370も待ってるよ。ちょんさんはまだ海外ですかね。的Bさんも復活して~。あ、ssmさん、A10スクランブラーまだ見てないやん。



皆さま、7月16日は、大阪府河内長野市のプラザ阪下にて、DIRT OBSOLETE #1ビンテージモトクロス&フラットトラック走行会ですよ~


By TOKU

by clubobsolute | 2017-07-05 00:04 | レース | Comments(4)