<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あれから7年、その5

UK - Day 3 PM / SLATER LAVERDA, BROMYARD

f0200399_2001530.jpg


2009年から所有しているLaverda 1000/3C。これを手に入れる前は迷いましたよ。

堀ひろ子さんが颯爽と走らせた憧れのオートバイですが、安心して所有したり乗れるのか。

計器類、スイッチは日本電装製なのに、点火系はBOSCH。これが悪名高くて日本の気候風土に適さないのだそうです。また、セルスターターのクラッチは滑りやすくて未だトラブル解消に至っていません。
f0200399_2054384.jpg

前オーナーが預けていたOモータースの店主Oさんはその前のオーナーだとかで、トライアンフと比較してでしょうか、「あれはオモロウない。半年で手放した」と。重いからでしょうかねえ。それでも、購入後は面倒を見て戴けるとのこと。一歩前進でした。

あとは、部品供給ですが、イギリスの雑誌にきれいなラベルダが出てくるたびに紹介されているのが、SLATER BROTHERS。さらに、77年ごろのオートバイ雑誌を見ると、Laverda JOTAという高性能バージョンの開発に手を貸したのが英国代理店だったSLATERだったのです。

3Cを買う決心がつかず、お店のリチャードさんにメールを送って、心配ごとを相談したら、返事は「Buy it.」でした。部品の心配はないし、改良部品もそろっていると。

部品とメンテナンスの心配がなくなって購入に至りました。
f0200399_2063185.jpg

モーターサイクルミュージアムを出、またもナビ頼りのナイジェルですが、行き止まり、Uターンで多少の苦労はあれど、田舎道をぐんぐん進んで石垣に挟まれた小径をくねくね。牧場は羊だけでなく牛、馬も多くて乗馬の恰好をした地元の人が道を譲ってくれます。イギリスはロンドンとか大都市以外は、人も自転車も、オートバイも、クルマも本当にマナーがいい。
f0200399_2065483.jpg

せまい道から二車線道路に出てすぐのところ、ステファニーが気づかなかったら通り過ぎたでしょう、それほどに目立たない佇まいでスレーターラベルダのショップがありました。やた~。

Buy it. と言ってくれたリチャードさんはほんのり赤ら顔で青い目をした典型的なイギリス人でした。物腰低く、遠くからよく来てくれたね、とねぎらってもらいこちらも感激。本来は土曜日は半ドンのところを私たちを待っていてくれまして、店に着くや奥の部品庫に案内、「どう、これで部品の心配ないやろ」って。
f0200399_2071554.jpg

欲しかった部品もすぐに出してくれ、見慣れた几帳面な手書き文字で伝票を切ってくれます。店頭販売だからVAT付加価値税をもらわないといけないが、空港で還付してもらえるように書類作るからね、と。DMCの電子点火装置は120度クランク用しかなくて悪いね、180度クランク用はすぐに手配するよ、とも。
f0200399_2074028.jpg

f0200399_208587.jpg

店内には10台ほど、すべてLAVERDAが並んでいます。500のFormula Racer初めて見ましたが、想像以上にかっこよかったです。
f0200399_2082728.jpg
f0200399_2084048.jpg
f0200399_209213.jpg


師匠はラベルダよりもワンちゃんのほうが可愛かったようです。
f0200399_209279.jpg
f0200399_2094378.jpg

港町、ブリストルに着き、月明かりの下運河そばのレストランへ。
f0200399_20101930.jpg

Night Capをホテルのバーで飲み、一日運転してくれたナイジェルに感謝。
カメラのピントも合いません…
ふかふかのソファで師匠は沈没寸前。
f0200399_20103298.jpg


つづく

By TOKU

by clubobsolute | 2018-01-28 12:59 | つれづれおぶそり | Comments(2)

あれから7年、その4

UK - Day 3 AM / National Motorcycle Museum, Birmingham

f0200399_186743.jpg

早朝のプロペラ機でマン島からバーミンガムに移動することになっています。乗り遅れたら大変、真っ暗なうちにホテルをチェックアウトして空港へ。空港って島の南のほうにあるのね。来たときも闇夜でサッパリわからんかったので… 

20kgの機内預け荷物。これを超えると超過料金を取られますが、紙モノが増えたにもかかわらず規定内におさまりホッ。実際の飛行時間40分余りの短いフライトでバーミンガム空港に到着、ここで友人のナイジェルと待ち合わせです。丸二日間は彼の運転する車に乗せてもらう楽ちん旅で、奥さんのステファニーもついてきてくれます。ナイジェルは90年代終わりに東京に一年間単身赴任していて、日本通。オートバイの好みはカワサキZ1、ヤマハRD(250、350)、同じくヤマハFS1-Eあたりです。

空港のそばにあるはずのNational Motorcycle Museumに向かおうと、ナイジェルはナビに案内を託しますが、これが大ハズレ。とんでもないところまで運転する羽目になって一時間もロスしてしまいます。ま、イギリスの町の風景を楽しみましたが。

大きなラウンドアバウトから左にそれると(やっぱり空港に近い)、広ーい駐車場と大きな博物館の建物があります。広い玄関に数台展示されていて、やっとたどり着いたと安心します。内扉をくぐって進むとホールです。ざっと50台はあるでしょうか。勿体無いので端っこから順番に見ておりますと、奥の方からナイジェルが呼んでいます。こっちでチケット買うよ!、って奥で切符を買うのかと訝っていますと、そこが本展示の入り口。今居るのは玄関ホールなのか! ここだけでもすごいのによ~。
f0200399_1872178.jpg
f0200399_1873670.jpg

あとはDGさんならいきなり満腹を超えて腹を壊しそうな陳列に次ぐ陳列。百歳を超えるオートバイやフラットタンクの1920年代から現代のものまでが、展示場は十分に広いのにひしめき合っています。一体何百台あるのか、数える気力も出てきません。タバコ一本の火が全てを燃やしつくした災禍から一年後、ほとんど全数が人々の情熱によって再生されたのは2004年のこと。

あと、特記すべきは、Nationalというだけあって、全ての車両は英車だったことです。
え? 白バイのなかにインディアンあるって? 
ええ、しかしヱンヂンはロイヤルエンフィールドなんです。

f0200399_188299.jpg
f0200399_1881672.jpg

写真でさえ見たことのないトライアンフのサイドバルブ・プロトタイプ750を初めとして、世界に一台かもしれないオートバイが見受けられます。オートバイのロールスロイスと謳われるBrough Superiorもポンとあるのではなくて、さまざまなモデルが一堂に会しているのは圧巻です。あっちも、こっちも、そっちも目が眩むような車両で床は埋まり、動態保存なのでしょう、皆さん床にオイルを滲みさせたりぶちまけたり。
f0200399_1884782.jpg
f0200399_188582.jpg
f0200399_1891559.jpg
f0200399_1892774.jpg

f0200399_1810352.jpg

トライアンフTSX。
これのデザイナーはのちにカワサキでZのLTDシリーズをデザインしたといいます。
f0200399_18101523.jpg

ススムさ~ん。A75ですね。
f0200399_18103294.jpg

やっぱワンテン素敵。
f0200399_18104659.jpg

低いプロファイルがしびれさせるロイヤルエンフィールドのレーサー。
f0200399_18111145.jpg

友人のナイジェルは、13歳のころにGreevesで野山を走り回ってたとか。
f0200399_18113446.jpg

アリエル・リーダーのレーサー。
音聞いてみたい、煙嗅ぎたい。
f0200399_18115957.jpg
f0200399_18121622.jpg

GPレーサーの英雄、バリーシーンが引退後楽しんだクラシックバイクレースで、最後に優勝したNorton Manxがありました。当然ゼッケン7。

どうやったらこんな貴重なマシンが集まるんかいな、と思います。

f0200399_1820594.jpg
f0200399_1821168.jpg

マチレスG50 + AJS + 師匠。

博物館の2Fで昼食を取り(アタマはオートバイでオーバーフローしたけど胃袋はスペース有り)、出発します。あとはウスターの先、ブロムヤードにあるラベルダスペシャリストのスレーターさんを訪問、そして西部の港町ブリストルへの移動です。

つづく

By TOKU

by clubobsolute | 2018-01-28 12:57 | つれづれおぶそり | Comments(0)

あれから7年、その3

UK - Day 2 / IOM

今日は一日マン島です。
f0200399_20485376.jpg
f0200399_20491818.gif

今回の英国旅行で、2月のマン島は間違いなく荒天で寒いはずなので気が進まなかったんです。

でも師匠が強硬で、ビートルズのリバプールはあきらめてもマン島は何とか! という感じで、んなら文句言いっこ無しで島へ。

日の出も遅くて昼までも薄暗くて、雨がそぼ降る。高原は風が強いとエミリーブロンテの「嵐が丘」の様相ですね。
f0200399_20503824.jpg

レンタカーをホテルから出して、マン島TTレースのコース周回開始。

グランドスタンドの反対側は大学と墓地で周りは静かな住宅地になっています。少し下り気味で、押しがけにやさしい地形です。
f0200399_20511675.jpg
f0200399_20513266.jpg

時計回りのコース、スタート後すぐのところのトタールのガソリンスタンドのある交差点がブレイヒル(Brayhill)です。
師匠のチーム名はここに因んでいるんですな。
f0200399_2052236.jpg
f0200399_20522022.jpg

その先はさらに下ってまるで谷底を狙うイメージです。全周がそうでしょうが、全開で突っ込むには、度胸と優れたフロントサスペンションがないと、自爆しそうです。

アップダウンのリズムを助手席で感じながら、コースを経巡ります。
f0200399_20531252.jpg

さすが師匠、コースを大まかに頭脳に刻み込んではります。クルマのウィンカーレバーが左にあるので困ります。道も間違えそうでペースを落として後続車に迷惑かけます。

師匠いわく、「わしらツーリストやからシャアナイ。

Ballaugh Bridgeのジャンプスポットは跳ねるだけでなくて直線で入ってS字に切り込みます。これは殺人的な設定だ、怖そうにジャンプしている写真も多いはずですね。
f0200399_20533525.jpg

ラムジーの街区を抜けると上り坂、途中にヘアピンがあってマウンテンコースに近づいていることを知らせます。雲が低いのでその中にぐいぐい入って、どんどん眼前が白い世界に。

景色がまったく見えません。地元のクルマは結構なスピードで走っていて、我が車の前はミルク色の空気だけ、そしてペースは落ちて、背後にはマナーは良いですが結構な車列ができます。

師匠は日本に居る時も十分に紳士(?)ドライバーですが、さらに紳士的に道を譲ろうにも空間感覚がわかりづらくて前進あるのみ。ようやくPマークを見つけて道からそれたところが、偶然にもスネイフェル登山鉄道のバンガロー踏切。

とっぷり無視界ですが、線路がたしかに交差している。マン島では保存鉄道は3月下旬からしか動かないですが、保線工事が進められていました。

近くにあるはずのMurrayのミュージアム(跡?)もまったくわかりゃせず、線路端での記念撮影が精一杯でした。数人のメンテナンススタッフが黄色い回転灯とともにお仕事中で、線路に立ち入ったら怒られてしまいました。

怒られる直前のショット。
f0200399_20541127.jpg

A28道をさらに進んで大きく右に曲がるコーナーがグレッグニーバー(Greg-ny-Baa)です。パブがあって、コーナー入口には観客席もあります。

この旅ブログの一番目の写真がTTレースを長年見守って来ただろう立木です。ぐんぐん下っていきなり現れるというイメージなのが、ガバナーズブリッジで、曲率を下げて広げられた現行道路の脇に、レース写真でおなじみの狭いコースがあります。

内側には真っ白に塗られたあの目印があります。デッドスローで右に曲がりシケイン的に回る道は普段は閉ざされています。レースのときしか使わないのかなぁ。
f0200399_20551768.jpg

ガバナーズブリッジをやり過ごしてあとは真っ直ぐスタート・フィニッシュ地点に進みます。

クルマですがちゃんと一周しましたTTコース。
f0200399_2056426.jpg
f0200399_20562262.jpg

牧歌的な景色もいい、アップダウンも楽しんだ、記念写真も撮りました。レースではこの60キロを20分で回るようですが、ツーリングペースで一時間、一時間半かかって回っても、そりゃあ楽しいでしょうよ。

ホテルに戻り、徒歩でダグラス市内を南下して鉄道駅へ。線路には汽車の姿は無く、レンガ造りの駅舎と線路を見て思いをはせるのみ。
f0200399_205785.jpg

6月には多くのツーリストが上陸するフェリーターミナルから海岸沿いにプロムナードをホテルに向かって戻ります。
f0200399_20573897.jpg

いつの間にか風が強くなって、白くて高い浪頭が冬の海であることを思い出させます。道路までも海藻が吹き飛ばされてきます。

夜になってレストラン探そう、と再び繁華街に出ましたが多くの店は閉まっていて閑散とした通りに少々がっかりしながら、ホテルに戻って食事しました。
f0200399_2059975.jpg


つづく

By TOKU

by clubobsolute | 2018-01-28 12:54 | つれづれおぶそり | Comments(2)

あれから7年、その2

UK - Day 1 / 移動日

朝6時半に伊丹で待ち合わせて成田空港経由、ロンドン直行便です。
自分にとっては1983年以来の大英帝国。
あのときは安いチケット(それでも20万)南回り、シンガポール、ドバイ、ブリュッセル経由でロンドンまで30時間ほどかかりました。
若さゆえ、機内食が嬉しくて嬉しくて。
f0200399_7442382.jpg

f0200399_745223.jpg

同日午後3時過ぎにロンドンヒースロー空港到着、予想に反して晴れています(結局旅行中に見た最初で最後の太陽)。
でもまだ先があります。
ガトウィック空港に移動してマン島とを結ぶLCCのひとつ、FlyBeというプロペラ機で夜9時にマン島空港に到着。
この会社、予約時に日付を間違ったのでキャンセルしようとしたら、契約条項でキャンセル不可(*_*)。
師匠すみませんでした。
f0200399_7453838.jpg

マン島到着後、人気のない空港でレンタカー借りたら欧州標準のディーゼル+マニュアルトランスミッション。フォードのセダン。
馴れないので乗りにくいです。
ホテルはダグラス市内、プロムナードにある4つ星Sefton。今回の旅で一番広い部屋でした。
f0200399_7462157.jpg

ホテルのバーで師匠はギネス、自分はペールエール。乾杯のころには出発からほぼ24時間経過していました。

師匠、ついに上陸でんなぁ。

あしたはマン島一周だす。あのTTコース。

つづく

By TOKU

by clubobsolute | 2018-01-28 12:52 | つれづれおぶそり | Comments(2)

あれから7年。。。

2018年が明けてから、すっかり時間が経ってしまいました。

ネタがない(汗)
足痛い。

ということで、先週来のサブさとともに思い出される冬の旅、就中2011年TJ師匠との愛の逃避行を思い出してみたいと思います。

はい、コピペです(笑)

£££££££££££££££££££££££££££££

f0200399_12313219.jpg

英車憧れ歴30年ですが、初にして唯一の渡航が1983年。パンクは過ぎ去り、時代はニューロマンティック。JAMは解散、Paul Wellerのストライプジャケットがカーナビーストリートのショーウィンドウに吊られていました。Kings Roadではパンク頭のヤングが道路掃除。

あれからイギリスは変わっているのか、変わっていないのか(変わってないわな)。知りたい、あ~知りたい。

密かにイギリス単独渡航をしようとしていましたら、自分で情報をリークしてしまい、それを聞きつけたTJ師匠が「ワシ、イギリス行ってみたかってん、マン島のブレイヒルやろ、リバプールやろ、アビーロードスタヂオやろ」と合流宣言、ではでは、と旅は道連れ。

ゆったり設定するつもりだったオリジナルの行程をかなり変更することになりました。

師匠には沢山お金を使わせました、我がまま言わさず振り回しました(コレ大変よ)。お疲れさまでございました。

つづく

By TOKU

by clubobsolute | 2018-01-28 12:49 | つれづれおぶそり | Comments(0)