<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

続・2018.06.17 B.O.B.L. (Battle of Bottom Links) @京都

みなさんこんばんは。
f0200399_21504689.jpg
前回のブログでは、ヒゲのTJ少年が二年ぶりに、みごとに復活した姿をご一緒に祝福していただけたかと思います。

しかし、その翌日、大阪が震えました。。。 被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

我が家では、預かり中のRG250Eが右に倒れてブレーキレバーがXL125Sに刺さり、
センタースタンドしかないWOLF90が、スタンドを出したまま左に倒れてBSA A10 Golden Flashに刺さり、
A10の上には板やらKrauserやらがのしかかっていたくらいで、
大丈夫です!


B.O.B.L.では久しぶりにロードレースを拝見しました! 写真撮りましたので、投稿しますよ~
(24日のL.O.C.レース報告の前座ということで。。。)
f0200399_21511698.jpg
久しぶりにオトキチさんの背中も見たし、
サカイクロンさんの激走も堪能させてもらいました~
f0200399_21555556.jpg
f0200399_21562888.jpg
アツいね~
M&M号に猛烈なプレッシャー。
f0200399_21593083.jpg
ノーマルクラスでは、やっぱり応援したくなるセルペット
f0200399_22011310.jpg
頑なにノーマルC100でレースする清水ZONEさんも。
f0200399_22015002.jpg
そしてGPクラスはやっぱり走りのレベルがちゃう。
関東組は慣れないコースのはずなのに、まるで岡山国際のようにビュンビュン走ります
f0200399_22044093.jpg
f0200399_22050125.jpg
#4サカイクロンさん。
合計3クラスで走ってませんでした?
東からの賓客をおもてなす、これぞ京都のこころ。どす。


振り返れば。

2015年、2016年とほがらかにB.O.B.L.で活動しておりました、チームBrayhill。
C100ノーマルルックと、CR110もどきの二台体制、TJ師匠、絹ちゃん、Hiroくん、そして現地調達のSugimotoさん、同じく現地調達でスズキ使いのJiroさんで、スプリントに耐久、そりゃまあ、楽しかったです。

当時のようす。
2016年レース記事その1
2016年レース記事その2

が、あれから2年、
病み上がりの監督、
新米ママさんになった絹ちゃん、
アキレス断裂男、
とメンバーがそろわず、Hiroくんだけでは、B.O.B.L.のコンチネンタルサーカスはムリ、と休眠状態になっていたチーム。

f0200399_22152967.jpg
Ted's前島さんから、耐久の助っ人として白羽の矢が立ったのがTJ師匠。
「5周くらいやったら走れるやろか」
と、穏やかにオファを請け、チャックが緑色に錆びたレザースーツ(奥さまに見つからぬよう、そっと持ち出した)の袖に手を通します。見守るのはTETSUさん。


師匠を助太刀するは、セパハン王子のHiroくんです。
f0200399_22184888.jpg
59CLUBのワッペンと同じゼッケン59(笑)

セパハンC100復活の狼煙!

近スポで練習したのを思い返しながら、絹ちゃんのタイムのほうが速かった悔しさか、ペースはブイブイ上がります。




師匠!
f0200399_22221583.jpg
昨年末以来、バードウォッチングのリハビリトレッキングでのスーパーカブや、SL90ショートツーリングで、公道では復活しておりましたが、レース場で、Araiフルフェイスのシールド越しに見たのはどんな景色でしたか?

レース写真、いろいろ。
f0200399_22280247.jpg

f0200399_22283968.jpg

f0200399_22291907.jpg
f0200399_22295336.jpg
f0200399_22301687.jpg
f0200399_22304911.jpg


美しすぎるリーンアウト♥

f0200399_22341353.jpg
復活した師匠を追い越す不届き者は、一名としておりません!
(それではレースが成立しませんやん)


スマホの写真もなかなかヨカですので、どうぞご覧ください。
f0200399_22361056.jpg
セッティングも決まったとかで、快調なヤマグチ・オートペット
C100、C105などホンダ寡占状態で、スキマにスズキ、ヤマハで片手にも満たない顔ぶれに、こうしてチャレンジする姿はステキですね! チーム・サカイクロンのメンバーですので、ヤマグチはん、です。

f0200399_22421109.jpg
第一コーナーの坂を上がると、いいアングルでスタートシーンが見れます。
ここでもサカイクロンさん!
f0200399_22432892.jpg
f0200399_22441773.jpg

耐久レーススタート、電光石火の若者走りをするHiroくん。
クラウチング・ヘッドタッチ・スタート(笑)
f0200399_22444443.jpg
f0200399_22445056.jpg
f0200399_22445685.jpg
走るときもあれば、停まるときもある!
f0200399_22463463.jpg
f0200399_22482812.jpg

走っていても、止まっていても、ゴールはやってきます!
f0200399_22485125.jpg
16時10分、120分耐久終了。



テッズさん、TJ師匠、Hiroくん、激走・激務、お疲れさまでした!!!

見てるほうは、嬉しいやら懐かしいやらで、ウルウルでしたで!

f0200399_22490374.jpg
チームはすでに、8月11日の筑波Round 3に向かって進んでいます?

By TOKU



by clubobsolute | 2018-06-25 23:00 | レース | Comments(2)

2018.06.17 B.O.B.L. (Battle of Bottom Links) @京都

f0200399_20425361.jpg

嬉しい復活。みんな嬉しかった。

By TOKU


by clubobsolute | 2018-06-17 20:44 | レース | Comments(0)

FESTIVAL OF SIDEWAY TROPHY 2018.5

朝 ラジオで「九州が梅雨入りした」と聞きながら前日の土曜日 レンタル積載車にマーコスとMANXを積みこみ、袖ヶ浦サーキットへ向け
サポートで参加してくれた 亀岡トライアルランド工場長http://www.kameokatrialland.co.jp/、Rustlessヒロ君http://rustless-gb.com/と横並び3名乗車で出発です。
f0200399_10343169.jpg
昨年6月のSIDEWAY TROPHYではフォーミュラーで走り、4輪レースは経験済みとは言え、この時は全く乗った事の無いマシンでの
いきなりのレースだったので一人試乗会状態(笑)・・・・・・・。

しかし今回は違います! 昨年末に耐久レースが初開催されると聞き、クルマを仕入れ、整備し、関東/関西2&4チームを結成し、俺は山に走りに行き、セカンドドライバーの野坂さんはミニを借りて東京の街を走り、2人共 You Tube見てレースの研究と完璧な段取り(笑)。
f0200399_16334322.jpg
2&4関東/関西混成チームのタイムテーブルは、、、
f0200399_19494923.jpg
   8:25~ ブリジストンBS90 EA1に乗る野坂さんが完熟走行 
   9:30~ 予選   13:15~ 決勝
f0200399_19500316.jpg
    8:35~ ノートンマンクスに乗って私が完熟走行
    10:00~  予選   13:40~ 決勝
f0200399_19522498.jpg
     9:10~ 2人で時間内半分づつマーコスで完熟走行
     11:55~ 40分レース 決勝
f0200399_22160648.jpg
この日の完熟走行で初サーキット走行をしたマーコスにビックリ! なんだか乗り心地が良く静かに走るのです。
街乗りでは荒れた舗装や轍、道路継ぎ目に段差・・・スプリングの役目のゴムの塊(ラバーコーンサス)がFRP+べニヤの車体に
ショックを与え、アチコチから悲鳴の様な音が出るわ 肋骨が痛く為るわで、アクセルを踏み込むのをためらう程でしたが、
轍や凸凹の無いサーキットではアクセルべた踏みでも滑らかに走り違うクルマみたい!

ほとんどロールしない低重心の車体と600kg程の車重のお陰で、1000ccですが2000ccクラスの車両と互角な感じで周回出来たんですよ!

こりゃ~もしかして表彰台? この時点で表彰台でのコメントを考えておりました。(笑)


f0200399_20401865.jpg
f0200399_20050121.jpg
やはりダブルエントリーは忙しかった。・・・・何時もなら走行スケジュールの合間で、このイベント全体の雰囲気が抜群のサイドウエイでは 他のマシンを見に行ったり他のチームテントへお喋りしに行けましたけど 今回はオニギリ食べるので精一杯(笑)。

なんとかレーシングスーツからドライビングスーツに着替える時間は有り助かりましたが、マシンの点検や給油、空気圧チェックなど
2&4は仕事が倍増‼ 2輪と4輪でピットエリアが離れていて工具やら装備品の移動が大変だったので途中から2輪ピットへ横付けさせてもらいバタバタと・・・・・・・それを見かねた馴染みの2輪LOCメンバーの皆さんがサポートしてくれたので何とか各タイムテーブルに合わす事ができました!
f0200399_20135613.jpg
今回はいつもLOCのレースでサポートしてくれている中津原くんが愛車W1で初サーキット走行だったのでサポートしたかったのですが、
なんだかんだと忙しく・・・「死ぬ気で走って来い‼」とエールを送っただけでした(笑)。次回は走り方を教えたるから待っとけよ!
 



    
f0200399_20234072.jpg
今回
 初カテゴリー 【Sebring 40m】40分耐久レースは変則ルマン方式スタートが採用され雰囲気抜群! 昔のカーレース映画の主人公に為った気分! 
  申込順でスタート位置が3番グリッド‼ 絵面もバッチリだったのですが、野坂さんの激走虚しくスタート大失敗・・・タッチを受け セルボタンを押しクラッチ踏んで1速入れて走り出すはずが、慌てて何でか判らんけど前に進まず10台位抜かれ1コーナーへ・・・(涙)
f0200399_20512744.jpg



f0200399_22144266.jpg


f0200399_20494333.jpg
レースは終始 ビンテージトライアルでご一緒する小野/國森ペアの1964年式MG-Bとの抜きつ抜かれつのデットヒート‼ 
初レース、初走行の小野さんには【絶対負けられへん】との思いが、アクセルを必要以上に踏み込ませインにアウトに振られまくりでした(笑)。途中の1コーナー・・オーバースピードで進入してアクセル踏めずタックインして2回転スピン‼ 怖い思いをMGB号にさせてしまったのですが、マーコスはエンジン停止することも無くコースに向かって真っすぐの状態で止まったのでそのまま何もなかったように追走し、そして前へ!     小野さんお疲れさまでした&楽しい追いかけっこ有難うございました!

20分でドライバー交代 野坂さんは初乗りにも関わらず次々と順位を上げ宿敵(笑)のMGB号も抑えゴール‼
ラップタイムは野坂さんの方が俺よりも速く 山でなんぼ練習しても この方にはどの種目でも勝てないことが判ったのです!(笑)

f0200399_21264116.jpg
初サーキット走行の感想は・・・とにかく理屈抜きにメチャ楽しい‼  2輪で走り慣れたサーキット・・・・これは多分同じ60年代のマシンだからだと思いますが、走行ライン、ブレーキングポイント、シフトポイントがほぼ同じ。タイムも余り変わらずでヘルメット越しに流れる景色も同じ感じ‼ 違いは箱の圧倒的な安心感‼ クラシックレースですし、レースの雰囲気を楽しみ安全マージン取って走ってますが、そこそこ飛ばすと2輪の時は転倒イメージが沸いてきて それなりに緊張しますが、4輪はペースを少々上げて競争しても箱のお陰でリラックスして運転出来るのです! 怖さ少なしで楽しさ倍増‼ こりゃ病みつきになりますよね(笑)。 


f0200399_21112364.jpg
初の2&4混成チームの結果は 2輪・・・野坂さん Production TTクラス 2位  俺 Grand Prixクラス 1位
4輪・・・・Sebring 40m  総合7位と大満足の結果。 順位なんか関係無い雰囲気を楽しむイベントですが、やっぱ嬉しいもんです!
野坂さん、LOC仲間の皆さん 主催者の皆さま 撮影して頂いた皆さま 有難う御座いました。

2輪も4輪も一緒になって遊べる唯一のクラシックレースイベント 【FESTIVAL OF SIDEWAY TROPHY】なんやから

みんなも 2輪&4輪ダブルエントリーせにゃアカンのチャウ!



by DG

 
























by clubobsolute | 2018-06-10 20:32 | レース | Comments(0)